2014年8月5日火曜日

ハロウィンを悪魔崇拝と決めつけるクリスチャンの浅はかさ。

 ハロウィンを取り上げて「悪魔の祝日だ」と主張するクリスチャンがいる。例によって聖霊派・福音派の方々だ。

 子どもが通う保育園(キリスト教系)でハロウィンパーティーが計画されていると知った母親(クリスチャン)が、保育園に乗り込み、「子どもに悪魔崇拝させるんですか」と詰め寄った。結果、保育園側は「ハロウィン」を取って、ただの「パーティー」にして事なきを得た、という。母親は「ハレルヤ。主の勝利」と満足した様子。
 保育園側が単にトラブルを回避しようとして、「大人の対応」をしたのではないかと私は想像している。まあ、真相はわからない。

 ハロウィンの起源は、ヨーロッパ地方の収穫祭にある。それがアメリカに渡って民間行事となり、ジャック・ランタンとか、魔女の仮装とか、trick or treatとかが後付けされていった、というのが通説である。ヨーロッパでは宗教(キリスト教)との結び付きがあったらしいが、アメリカでは宗教色のないお祭りになっていて、それが日本に輸入され、近年ではハロウィンパーティーを開く日本人も多くなってきている。まだまだメジャーとは言い難いような気がするけれど。

 ジャック・ランタンの禍々しいイメージとか、魔女の衣裳とか、そういうのに悪魔っぽい雰囲気があると言うのだろうか。あるいは「ハロウィン」というホラー映画とか、同名のヘビメタバンドとか、同名のホラー漫画誌とかが、悪いイメージを与えていると言うのだろうか。よくわからない。
 しかしもっとわからないのは、ただの子ども向け仮装パーティーが、なぜ悪魔の祝日とか、悪魔崇拝とかになるのかということだ。

 千歩か一万歩ゆずって、それが実は悪魔崇拝パーティーだったと仮定しよう。当然参加する子どもたちは何も知らない。そこで飲んだり食べたり、ゲームで遊んだり、大人からお菓子を貰ったりして過ごす。時間がくると、ああ楽しかったね、ということでお開きになる。それぞれ親に連れられて帰宅する。
 さて、いったいどこに悪魔崇拝があったのだろうか。知らないうちに悪魔崇拝をさせられていたと言うのだろうか。

 しかし、礼拝とか崇拝とかいう行為には、本人の明確な意図と意志が必要だ。礼拝しようと思って礼拝するのが礼拝なのであって、その意志のない人がたとえ教会の礼拝の中にいたとしても、それはただ「居ただけ」である。だから逆接的に、たとえ悪魔崇拝の場所にいたとしても、その意志がないのなら、崇拝したことにはならないのではないか。
 このことは、イエス・キリストが「霊とまことによる礼拝者」について語る文脈にも支持されている。つまり心からの礼拝が真の礼拝なのであって、そうでない礼拝は礼拝でない、ということだ。

 それに、子どもたちを楽しいパーティーでうまく騙して悪魔崇拝させてやろう、と企む悪魔がいるとしたら、なんともチンケでバカ丸出しな、アホ悪魔ではないか。露骨過ぎて何の工夫もない。まるで映画「ホームアローン」の泥棒コンビみたいだ。人類はそんなアホにしてやられたのだろうか。悪魔を擁護する気はまったくないけれど、もうちょっとマシなイメージを与えてやってもいいような気がする。

 ところで、保育園側の善意と好意によるパーティーの企画に水を差し、趣旨を変えさせて喜ぶ親を、何と言うかご存知だろうか。それは一般的には「モンスターペアレント」と呼ばれる。そして今回のケースは、その更に上をいく「新興宗教型モンスターペアレント」である。
 保育園の皆さんのご苦労が、何らかの形で報われることを蔭ながら願っている。

15 件のコメント:

  1. イースタン・ブルー2014年8月6日 1:02

    ハロウィーンは、「全聖人の日前夜」という性格がありますから、魔女の仮装などが有っても、それ自体はもっとキリストの恵と聖人や先達の労を偲ぶという意図が背景に有るはずで、そんな親の抗議は勉強不足であると思います。

    返信削除
  2. いや~!(^^)今回は笑わせていただきました!( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

    ありがとうございますd(^-^)

    ハロウィーンが悪魔崇拝だと言うなら、クリスマスやイースターがどういう背景から来ているか、
    とくと教えて差し上げたいですね(^人^)

    そう言う新興宗教型モンスターペアレントは、七夕祭りや雛祭りや端午の節句にもケチをつけるでしょうね(^-^)v

    また日本の場合、大体通夜や葬儀ではお焼香があり、拝礼がありますね。
    そう言う「亡くなられた方とご遺族一同」に対し、最低限の礼儀である行為さえ、「偶像礼拝です」と宣う牧師や役員の考えは、一体どうなってるんだろう?( ・∇・)と思うと同時に、いい恥さらし者です!

    キリスト教で言われていることでも、まずはよくよく考えて、自分で一番良い方法を、人間関係を大切にする方法を、選択して行く勇気が必要ですね(^-^)v

    返信削除
    返信
    1. |大体通夜や葬儀ではお焼香があり、拝礼がありますね。
      そう言う「亡くなられた方とご遺族一同」に対し、最低限の礼儀である行為さえ、「偶像礼拝です」と宣う牧師や役員の考えは、一体どうなってるんだろう?( ・∇・)と思うと同時に、いい恥さらし者です!

      それがいるンだ、っつーか、いたンだ、KGKに。
      学生のころ、30年以上前に、高校生のとき祖母の葬儀で焼香した話をしたら、上級生が、

      「それは、サタンの誘いに負けたのだ」

      と言われたのですよ。

      いまからすれば、言いすぎを通り越して、社会人になったらそれできないぞと言ってもやれるのですがね。

      だからこそ、いまもしここを読んでいる学生や青年がいたら、

      ちゃんと腹くくって相手を立ててやれというコトを教えてやれるのですがね。

      削除
  3. ちなみに、オイラは明後日の伯母の葬儀には、

    焼香合掌します。


    御意見無用。

    返信削除
  4. この母親の話にある映画を思い出しました。パーフェクトワールドというタイトルだったと記憶しています(もし記憶違いだったらすみません)。
    この映画で子供たちがハロウィンで騒いでいて、同じ年頃の子のいる家を「Trick or Treat!」と訪ねていくと、仮装した子供が出てくるかと思いきや、ぶすっとした表情の母親(エホバの証人)が出てきて「We do not take part in HALOWEEN」と返答して子供たちを帰してしまう場面が出てきます。
    これは日本でいうなら地域の子供みこし(あくまでイベントで宗教性は薄く、お寺の子供でもかつぐ)に子供を参加させない学会員と同じです。
    しかし学会も最近はやわらかくなって、神田や浅草の一部の地域に限ってですが、みこしをかつぐのもOKになったそうです。
    創価学会と新興宗教系プロテスタントはそっくりですが、新興宗教をやりたいなら、神田や浅草ならみこしをかついでもまあよしとする学会のほうがまだ多少は地域に歩み寄ろうとする姿勢がみられる分ましなのかもしれませんね。

    返信削除
  5. KGKやHi-baは普通の人がかかわってはいけない団体だと思います。なぜへタレCさんはKGKとかかわることになったのでしょうか?祖母の葬儀で焼香をしたという話からみて、家の宗教が新興宗教で両親が熱心な信者という環境ではありませんよね?
    KGKやHi-baは家の宗教が新興宗教であるという特別な環境で生まれ育った人ならかかわってもいいのでしょうが、新興宗教とは一切関係のない家で生まれ育った人がかかわっていいものでしょうか?いいえ、いいものではありません。(←このあたりものみの塔のトラクトみたいな調子ですね)
    KGKにかかわると就職に差しさわりがあるのは事実ではあります。大学生に日曜日は教会にいって礼拝を厳守しなくてはならないと教えますので、日曜日に休めない会社に勤めてはいけないということになり、就職がうまくいかなくなってしまって、やむなく派遣社員やフリーアルバイターのような非正規雇用に甘んじざるをえなくなってしまった学生さんがいくらでもいます。
    学校はいったい何をしているのでしょうか?親にしてみたら高い授業料を払って大学をやっとの思いで出してはみたものの、新興宗教にひっかかって就職しそこなって非正規雇用になってしまったら踏んだり蹴ったりになるのではないでしょうか。学校にとって顧客は学生ではなくあくまで親です。新興宗教にわが子がひっかかったら親はたまりません。学校も顧客である親の身になってみるべきだと思います。

    返信削除
    返信
    1. |なぜへタレCさんはKGKとかかわることになったのでしょうか?家の宗教が新興宗教で両親が熱心な信者という環境ではありませんよね?

      確かにいまでも、キリスト教会に関わっていたのは親族のなかでも自分だけです。
      中学2年のときにやってた短波放送から、まさに中二病のノリでキリスト教を信じる気になりました。KGKは、大学合格の報告に御茶ノ水の改革派の伝道放送事務所に行ったとき、紹介されたわけで、大学の先輩の電話番号を教えてもらって、あとはなし崩しでした。

      確かに、KGKは早慶上智ICUあたりの生徒がミッションスクールの教職員になろうというのならコネと実績作りになるかもしれませんが、それ以外なら福音派の下僕にするだけの組織だというのもむべなるかなです。
      でも幸いなことに、卒業すれば大半のひとはKGKどころか教会からも足を洗うので(苦笑)、いンじゃね?と。

      削除
  6. 匿名様

    私は若い頃に自分からキリスト教に入り、まじめに熱心に求めた結果、神の御心は「新興宗教系」の方だと思うようになってしまったのです。
    いわゆるざっと区分するなら福音派・聖霊派の人々は、そう言うマインドコントロールを説教等でされており、自然に何の疑問も持たずに、そちらの方に行ってしまうのではないかと思います。
    「これぞ!神の御心!もっともっと深く信仰の世界に入って行きたい」
    そうやって、どんどん世の中から遠くなり、言う事成す事がおかしな人間になっていくのです。
    ですから、そのような考え方を余り持たない「伝統宗教系」の教会を侮蔑して、いかにも自分たちが霊的に優れているかのように思ってしまうのでしょう。
    問題は「思考停止」と「自主性がない」と言う2つに、聖書の断片的な言葉、「自分を捨て自分の十字架を負って・・・」とか「世をも世にあるものも愛してはいけません」などが複雑に絡み合って、「ああイエス様がそう仰られるなら・・・」と言う風になって、基本的な常識は何処かへすっ飛んでしまうのではないかと思います。
    本当にアヘンだと思います。

    返信削除
  7. 2年前の記事にコメントをするのも申し訳ないですが...。
    昨日まさに、ハロウィンは悪魔崇拝だ~!と言われてきました(笑) 実はそんな事を思っていたのか、知らなかったとびっくりしました。私自身は元からそんなにハロウィンに興味はないんですが、そんなに怒らなくてもと言う感じです。

    それよりもこの時期になるとやはりお盆なので、お墓参りは駄目とか、身内が亡くなっても葬式、焼香は駄目で、ここ何十年とそういう身内の集まりには結婚式のみ参加になってます。

    これも疑問に思うんですが、クリスチャンの方の遺産相続とはどうなるのでしょう?
    たまに家族と話すのですが、こちらが大変な時は偶像崇拝だと拒否をして、いざとなったら遺産相続の話に乗ってくるのか?なんて話をしたりしてます。
    その家、その家で違うのかもしれませんが。

    もしこのコメントを読んで頂けた上でお返事を下さったら有り難いです。

    返信削除
    返信
    1. そういうときは「もらえるものはもらっておけ」という指導になるんじゃないでしょうかね(笑)。そして親の遺産も収入とみなして、その一割をしっかり献金させると思いますよ。なにしろ強欲ですからね。新興宗教系プロテスタントは。

      削除
    2. 反対をすればエホバの仇にされ 金に困らば自分の親にされ


      アンチものみの塔のどこかのサイトで目にしたことがある一首ですが、新興宗教系プロテスタントでも状況は同じでしょうね。

      遺族の中の力関係や被相続者への対応から判断されるでしょうが、いざとなれば裁判を使ってでも相続にあずかろうとするでしょう。
      たぶん世俗と変わりません。
      笑うしかありません。

      削除
    3. 匿名さん あまりこちらの情報が出せない中、返信ありがとうございます。
      遺族の中の力関係と言う言葉にとても納得致しました。
      普段、他の宗派の事を「あそこはお金に汚い。」等と批判をしています。(その通りなのかもしれませんが。)
      そして、自分達の生活の事になると「うちはお金があまりないから。」と言うのですが
      私から見れば十分過ぎる様に思えます。
      お金がない発言をする様になってから、こちらも少し警戒しています。本当はこんなの嫌なのですが、今の内に家族と話をしておかないとやはりいけませんね...。
      クリスチャンである事は否定したくないのに、自分達が一生懸命している事を偶像崇拝だと片付けられてしまうと、とても悲しいです。

      ありがとうございます。

      削除
    4. メビウスさん
      コメントありがとうございます。お返事として、以下の記事を書かせていただきました。もしコメントの意図を汲めていなかったら申し訳ありません。

      http://fuminaru.blogspot.com/2016/08/blog-post_11.html

      削除
  8. 感情論ばっかで論理的でない、馬鹿丸出しの記事ですね( ˙-˙ ; )

    返信削除
    返信
    1. 感情論ばっかで論理的でない、馬鹿丸出しのコメントですね(・.・;)

      削除