2014年7月31日木曜日

イスラエルのガザ地区侵攻を見て「終末だ」と言うクリスチャンの浅はかさ。

 イスラエル軍のガザ地区侵攻によるパレスチナ人の犠牲者が、1000人を越えた。その大部分が一般市民だという。
 26日、イスラエル軍とハマスとで12時間の停戦合意がなされた。けれど、停戦延長はされなかった。その理由を、イスラエル側はハマスが停戦案に合意しなかったからだと主張し、ハマス側は不利な停戦案を一方的に突き付けられたからだと主張している。真相はよくわからないけれど、結果的にイスラエルによる空爆は続行され、ガザ地区の被害は拡大している。

"I might die tonight"(今夜死ぬかもしれない)とツィートしたガザ地区の少女がメディアで取り上げられている(記事はこちらから)。イスラエル贔屓の人に言わせれば「ヤラセじゃないか」となるのかもしれない。けれどこれまでの文脈から考えると、現実味がある。仮にこのツィート自体がヤラセだとしても、「いつ死ぬかわからない」という状況のパレスチナ人は、決して少なくないように思う。

 ひるがえって日本のクリスチャンを見てみると、こんなことを言う輩がいる。

「(イスラエルを取り巻く状況を見て)ついに引き金は引かれた。誰かがイスラエルに手をかける

 終末の到来だ、ということだ。正直、あきれる。本人は「神の秘密」を代弁しているつもりだろうけれど、結局のところ、終末予想を楽しんでいるに過ぎない。その背後でどれだけの人が苦しんでいるか、犠牲になっているか、全然見えていない。今夜死ぬかもしれないパレスチナ市民のことを少しは考えられないのだろうか。彼らこそ人生の「終末」をリアルに感じているだろうに。私に言わせれば、完全に独りよがりな「信仰ゴッコ」である。「引き金は引かれた」とか、「中二病」じゃないだろうか

 基本的なことだけれど、黙示録や聖書の終末関連の記事を、現在の世界情勢に当てはめるのは全然意味がない。パウロをはじめ、おそらく各時代のクリスチャンらが、自分たちの時代こそ世の終わりだと本気で考えてきたのだ(終末の時期を予想していたという意味ではない)。だから今この時代が終末に近いと考える心情はわかるけれど、リアルタイムの情勢を見て「これこそ終末だ」と言うのは、はっきり言って愚かである。
 これで終末が来なかったら、彼らは何と言うつもりだろうか。「自分がとりなしたから回避された」とでも言うつもりだろうか。だとしたら、もはや付ける薬がない

 もちろん、終末はまだ来ないと考えるのも違う。それはいつ来てもおかしくない。パウロのように「今は終わりの時」と考えるのは正しい。
 けれど、その時期は「誰にもわからない」と聖書は明言していて、「終末予想」を完全に否定している。だから「この世界情勢は終末を意味している」というのは明らかに聖書に反している。そんな簡単なこともわからないのは、聖書をちゃんと読んでいないからだ。そしてそういう人間に、神だ何だと語る資格はない

11 件のコメント:

  1. いまちまたでは、震災以来宣教師を中心にカウンセリングが流行しておりますが、鬱の人に、「感謝なことを数えましょう!」だと。
    なんかしんどいのに、宿題だされた感じがあるね。
    論理的な解決法は、白人文化からくるけど、日本人はそれじゃあ長期的にはうまくいかないよ。情の文化を理解したほうがいいよ。

    返信削除
  2. 東北の震災のあとからぞろぞろと「終末が来る」とわめいている終末詐欺師が増えたような気がしませんか?イスラエルの情勢も、こういう終末詐欺師を増やします。地震といいイスラエルのきな臭さといい、新興宗教の人間にとっては金儲けの大チャンスなのでありますよ(笑)。
    これに乗じてバカをしこたまだまして全財産をかすめ取ってやろうと考えている手合いの多いこと多いこと。
    新興宗教の人間にとって今は二十世紀後半に続いてやってきた、終末詐欺やり放題の金儲けの大チャンスの時期なのです。二十世紀の終わりには終末詐欺でしこたま金儲けをして、終末詐欺御殿を建てた詐欺師が大勢いました。本当に懲りない面々です。もっともこんな終末詐欺にだまされてしまうほうにも「新興宗教狂いもいいかげんにしとけよ」といいたくなりますが。
    結局のところ新興宗教に行く人がいるから、「だまされるバカはいつの時代にもいる」とばかり、終末詐欺をはたらく極悪非道の連中がのさばるのです。

    返信削除
  3. 所謂、ディスペンセーション主義を中心とした教理の終末論に立った見方をしているのです。
    その主張は多種多様。どれが正しい?かなんて、わかるはずもない。正に神のみぞ知る。
    彼らの馬鹿げた、嘘っぱち教理に騙されて、自分の将来を棒に振ったらそれこそ、ピエロですよ。
    いつの時代にも、そう言う輩が蔓延って、多くの人が馬鹿げた人生を送るはめになりました。
    それだけではない。苦しみと絶望の淵に立たされたパレスチナ民族の現状を、聖書の預言の成就等と腕を組んで裁いているクリスチャンなど、本当にバカ丸出しです!
    はっきりと言えるのは、たった一度の人生。くだらない宗教に騙されるな!
    さっさと棄教して、まともな日本人にたちかえれ!

    返信削除
  4. マリックさんの意見はまさしく私の意見です。664年の常世の虫事件以来日本人はずっとくだらない宗教にだまされてきました。
    そしてなんでも「からわたりのもの」を尊重するのも考えものではないでしょうか。「からわたり=外国のもの=偉い!」は戦後すぐなら敗戦のショックとコンプレックスでアメリカ流の新興宗教にかぶれ、21世紀に入ってからは、「韓国はリバイバルがおこり、キリスト教の信者が多いから、日本人の憧れだ、韓国は日本のお手本だ!」となって、韓流の新興宗教をやたらとありがたがって、韓国でやんちゃをやっている新興宗教の教祖をよんでは講演会をやっているのです。
    幕末にやってきた宣教師が鎌倉仏教の高僧とすれば、戦後になってアメリカからやってきた宣教師は創価学会の幹部講師です。韓国はリバイバルに成功したと思われていますが、日本で創価学会が折伏大行進であれだけの信者を獲得したのと同じです。
    外国というだけでありがたがって、彼らの本性や実態を全然見ていないのが日本のキリスト教です。

    返信削除
  5. 匿名さん、私が出来ないような詳細を掘り下げて説明くださり、ありがとうございます。
    このような流れはその通りですね。
    特に、今の日本のキリスト教界全体ですが、片や、アメリカからの影響の、聖霊派を中心とした怪しげな「使徒」と称する人物を崇め奉る流れ。
    片や、韓国からの影響の「韓国はリバイバルがおこり、キリスト教の信者が多いから、日本人の憧れだ、韓国は日本のお手本だ!」と言う馬鹿の見本のような(本当のことです!)流れを(韓流と言うあの国の国家戦略なのです)、害毒を垂れ流すやつら!このやつらについてはもう一言!言及させて頂きます。
    わが国がしてもいない事(植民地・従軍慰安婦)を、事実であると言う前提の下にそれを、神の名によって「赦し」??、日本を愛し??キリストがあなたを愛しています(ラブソナタ)などと、お門違いも甚だしい!!と拡声器を使って「教会」で宣言したいのです!
    これが事実であるにも拘らず、日本のキリスト教会は、馬鹿の集まり??かと思えるような集団に成り果てているのが現状です。
    本当に情けない!このような事を前提に、自分が生まれて生かされ、今を生きているこの国を愛する事さえ「間違っている事」とされているような集団とは何ですか?
    アメリカの教会は講壇に国旗を飾っていますね。朝鮮は知りませんが。
    何故、日本の教会は日の丸・君が代を、「偶像礼拝」などと言って毛嫌いするのですか?その教会のすべての牧師達、また神学者と言われる人達!
    きちっと、しっかりと、歴史を勉強しなおしなさい!

    返信削除
  6. 怪しげな「使徒」と称する人物を崇め奉るのは、新興宗教系プロテスタントの流れであって、日本のキリスト教全体ではありませんよ。ベニー・ヒンとかグラハム親子とかの名前は、伝統宗教ではほとんど知られていません。
    日本のキリスト教は悪貨が良貨を駆逐する状況に陥りつつあると思います。信者数の多い少ないが重要な要素になっています。しかし信者数を重視するのは偶像崇拝ではないのでしょうか。宗教は数の問題ではなく質の問題なのです。
    韓国の新興宗教が日帝時代を持ち出すのは、日本人に罪悪感を抱かせてお金を引き出しやすくするためです。統一教会が日帝時代で日本の若者を騙してお金を巻き上げてただ働きさせて大成功したではありませんか。あのやり方を踏襲しているのです。
    そして一番滑稽なのが、韓国偉い!とやっている新興宗教が、しばしば統一教会を批判し、脱会説得をやって、元ムーニーを自分の信者にして金と労働力をゲットしてウハウハという・・・・

    返信削除
  7. そうですね。書き方が悪かったので誤解をされてしまいました。
    新興宗教系のプロテスタントです。
    私が「全体」と書いてしまったのは、NCC系の教団教派にも、一部の牧師が傾倒している、またはしていた事。それと、その教団教派の教職に、在日韓国人が多くなってきた事、この2点が挙げられるためでした。
    住む世界が違うので、大方はそれぞれにやっている事が分からないと思います。
    今私が住んでいる街ですが、カトリック・NCC系・ECA系と大まかに言って3つの流れになります。カトリック・NCCはどちらかといえば社会活動系。しかしこと、伝道とか宣教とかリバイバルなどと、宗教活動系となると、ECA系。
    これは何処でも同じ事ではないかと思うのですが、今年アメリカからフランクリン・グラハムチームが来て、大々的に伝道活動をやっていきました。
    私は当初から反対していましたが、ECA系が神輿を担ぎ出し、私が所属する教会が何故か音頭をとっていたようです。
    「信仰が信仰が」と言う事は一見、とても正しいように見えます。聖書的だと。しかし、その主張をもたらす「教理・教説」は何処から来たのか?
    全体を俯瞰していない事が多い。一部分を抜き出して来て「ほら聖書に書いてある」と。これでものみの塔の人達を馬鹿にしているのは、本当に滑稽千万です。
    自分達も同じだという事が分からない。ベニーヒンやアナコンディアなどその系統の偽使徒達についてって、手を挙げて統帥している様子は、本当にかつてのオウム真理教の人達とどこが違うの?と思います。
    「違う。それは聖霊だ聖霊だ」と言うでしょう。
    「私たちは正統の教理を信じ守っているから違う」と言うでしょう。
    「キリスト教」のなぜ?どうして?成立過程から調べて行くと、本当に面白い
    事が分かって来ます。
    調べもしないで、人の意見に左右されて安易に「信じて」しまい、酷くなれば気がついたら身も心もボロボロで、身包みはがされてしまっている。こう言う愚かさに「いつ」気が付くかで、その人の人生が決まります。

    お題が終末論なので、元に戻します。
    所謂、ディスペンセーション主義の教理の流れから来ているおかしな教説は、映画「レフトビハインド」でも焼き増しされましたが、その昔はハル・リンゼイ氏。もっと言いますと200年くらい前に一人の少女が幻視体験をした内容がその教理になった、との事です。それは「本当の信仰者」を選り分けるために、神が地上に艱難をもたらすが、その前にその本当の信仰者を地上から取り去り、艱難に遭わせない「ラプチュアー・空中携挙」・・・・・と言うことだったと思います。
    都合の良いこの教説に、30数年前にかつて私自身が踊らされていました。
    これこそが本当のことなんだと。しかしそれが何処から来た物なのかを知り、またその他の教説、「いや、神は艱難の只中でこそ本当の信仰者を練り清められる。だから取り去られるなんてうそだ。その信仰のゆえに殉教するのも御心」と聞くと、「そうかもしれない」と思ってしまう。
    それらの主張にはそれぞれ聖書の箇所が出されており、見比べたらどちらも本当だと思ってしまいます。あとは個人の信仰で判断する。
    突き詰めると宗教とはそんな物です。凝り固まるとどうしようも無くなる。
    人の忠告。「宗教はアヘンである」「どうでも良いけど、そんな事に凝り固まっていたら、誰にも相手にされなくなるよ」「常識のない人間と言われるよ」
    よく聞く事です。しかし人を通して(も)神は語られるのでは。
    「間違ってるよ!」って。

    返信削除
  8. キリスト教に行く前に求道者が持つべきものが二つあると思うのです。

    一つは「もったいない」・・・収入の一割が毎月出ていくなんてもったいない
    もう一つは「みっともない」・・・狂信的になり終末だの進化論否定だのいうのはみっともない

    キリスト教を信じようが仏教を信じようが、一番大事なことは世間の常識を守ることだと思いませんか?収入の一割を毎月徴収するのは、明らかに世間の常識からみて高額すぎるので、非常識なカルト新興宗教なのです。そして焼香を拒否したり、終末が来るといって会社や学校をやめたり、進化論否定で子供を学校にやらないというのは、どうみても狂信的なカルト新興宗教だといわれても反論できないのです。
    宗教を信じる人は世間の常識を重んじなくてはならないのではないでしょうか。

    返信削除
  9. そうなんです。
    冷静に考えれば「非常識なこと」なのに、「これが神の御心です。聖書はそう言ってるんです。」と言われて、「そうなんだ。神に喜ばれる生き方はこれだ!」となれば、既にマインドコントロールされたのです。
    あらゆる「世(世間一般)の事」が、「肉の思い」や「サタンの誘惑」とされ、この世から分かたれた「光の子」なのだからと、世にあるものは愛してはなりません等の聖書箇所を、都合よく抜き出しては正当化。
    そして、あれはダメこれもダメ。クリスチャンであるなら当たり前。お焼香等は偶像礼拝だ。進化論等は間違っている。
    また、お酒は飲まない方が良い(健康の為ではなく)。猥談などもってのほか。結婚するまで綺麗な身体で。男女交際もダメとか。
    お酒だとか何だとかは、こんなのは、別にクリスチャンでなくとも、硬い信念で守っている人もいますし、飲めない人もいます。結婚だって考え方は様々であり、何もクリスチャンが素晴らしい訳ではない。
    何でもそうですが、私はこれをしません、出来ませんと言う時に、宗教の方針でと言う事が、情けないと思うのです。貴方の人生は貴方のものでしょ。
    誰のものでもないのです。
    常識とは自分で考え、わからなかったら親兄弟に聞くか、ネットで調べればはっきりとわかることです!
    もう、思考停止はやめましょう。

    返信削除
  10. つかぬことをお伺いしますが、ひょっとしてマリックさんが過去にかかわったその教会は、ものみの塔聖書冊子協会を批判していませんでしたか?もしかするとエホバの証人の脱会説得を行ったりしていませんでしたか?
    いや、なぜこのようなことをたずねたかといいますと、実は教えがものみの塔とそっくりだと思ったからです。ものみの塔でも世間に普通に存在するあらゆる事物が「サタン」とされ、そういったものとは分離しているのが正しいクリスチャンのあり方なのであると教えているからです。偶像礼拝はだめだから徹底的に避けなさい、進化論は間違っています、という話も同じです。
    教典の一部分だけを抜き出して、自分たちにとって都合よく解釈して教えていませんでしたか?これは創価学会がやっている手法ですが、ものみの塔にも同様にみられます。マリックさんの教会でも創価学会で使われている手法で教えていたのではありませんか?

    返信削除
  11. 残念ながらそうではありません。
    経歴をざーっと述べますと、
    連盟バプテスト→OMF開拓宣教師教会(現JECA加盟)→主の十字架CC→ナザレン教団教会→途中地方へ転出のため「ゴスペルハウス」という、開拓の「教会」ではないが事業を行いながら伝道している家族の所に→ナザレン教団→単立福音派系(旧ブレザレン系)
    と言う流れです。
    仰る教会とは、おそらくエホバの証人脱会説得の事から推察しますと、神戸西舞子バプテスト(これは、山岸登のディスペンセーション主義を引きずる教会で、バイブルバプテスト系?近くに同じような教会があり、そこの信者さんとも家族で交流がありましたが、その信仰には????ついていけませんでした)とかではないでしょうか?あそこは有名ですね。
    その手の人達って、服装までものみの塔の人達にそっくりではないですか?
    それは別として、今まで関わった教会では、批判話は余り無いですが、その教えは様々でした。
    連盟バプテストはNCC系ですから。OMF系はある意味聖書重視ですが、その宣教師の出身教団や個人の考え方があるので、中庸かも。
    主の十字架はカルトになり、もっとも問題かも。しかしあそこは体育会系ですね。行け行けどんどん。教祖の「主からの示し」が一番ですから。モラルも「?」と言う感じです。女性問題や横領問題で揺れに揺れましたからね。
    丁度脱会間際でした。
    ナザレン教団は、教団としては厳格なウエスレーからのきよめ派の立場で、元は福音同盟所属でしたが、ファンダメンタリズムに関する書籍出版で福音同盟を怒らせたため脱退。NCC教育部所属となったようです。
    私が所属していた教会は、教団の異端児で、牧師がわがまま末っ子の何でもほいほいの立場なので、教団から指導が入ったくらいです。もう60過ぎなのに・・・。
    しかし私の妻が福音派系出身のため、「御言葉御言葉」と言うので難しく、単立の今の教会が良いと言うのでやむなく転会、今に至る。
    今の教会ですが、ブレザレンを若干引きずっているようですが、聖書にない事は受け入れないのと、偶像礼拝・十一献金・ディボーションなどは厳格ですが、あとはそんなに強制ではないようです。
    今までの教会で、指導者が日常生活まで事細かく言って来る教会はありませんでしたね。
    周りを見て、そのような人達との交流から受けた印象を元に、持論を展開したまでです。
    と言う流れです。
    ですから、

    返信削除