2014年7月30日水曜日

初めて教会に行く前にすべきと思うこと・その4。過去の自分に忠告するとしたらの続き。

 教会に通い始めた頃の自分自身に忠告したいことの続き。今の自分だったら、彼に何と言うか。
 
・「いろいろな教会を見て回るのはいいけれど、放浪癖がつかないように」
 教会巡りが過ぎて、結局どこにも定着できない、ということがある。実際そういう人は少なくない。根無し草みたいに教会を転々とする結果、何年たっても何も積み上がらず、信仰が育まれない、ということにもなる(べつにそれでいいじゃん、という意見もあるし、同じ教会に通っていれば信仰が育つのか、という議論もあるけれど)。
 教会を転々としてしまう原因は2つあると思う。

 1つは信徒側の問題である。教会でちょっと嫌なことがあると、簡単に「もう行かない」となる。それを方々で繰り返すから、あちこち転々とすることになる。
 もちろん程度の問題はあって、物凄い理不尽な目に遭っても我慢して通えということではない。そういう教会は早々にお暇した方がいい。
 ただ教会も人間の集まりである以上、多少の軋轢は避けられない。一般常識的に、人間関係において忍耐すべきラインはある。そういうのを少しも忍耐できず、誰が悪い彼が悪いと言うのは、クリスチャンだとか教会だとかいう以前の問題である。そういうことでいちいち逃げ出していたら、キリがない。
 前回も書いたけれど、ある程度の期間いないと見えてこないこと、わからないことがある。そういうこと(良いも悪いも含めて)に気づかないまま去ってしまうのは、本当にもったいない。

 もう1つは教会側の問題である。ぶっちゃけて言うと、その教会(あるいは牧師)を信頼できるかどうかだ。信頼できない教会に通い続けることは(おそらく誰だって)できない。行く先々の教会がどれも信頼に足らないなら、やはり転々とすることになる。
 ただこれは、教会側が信頼感を与えられないという側面の他に、信徒の側の警戒心が強すぎたり、基準が高すぎたりという側面もあると思う。特にカルト化教会で酷い目に遭ったという人は、なかなか次の教会を決められないだろう(その場合、むしろ教会に行こうと思うだけでもすごいことだ)。
 
・「奉仕を軽々しく引き受けてはいけない」
 日本の教会は奉仕の宝庫である。歴史の浅い教会は特にそうだ。伝統的な教会ほど組織的、体系的にまとまっていて、奉仕量は少ないようであるが。
 
 特に注意が必要なのが、活動的な教会、牧師の野心が見え隠れするような教会である。奉仕がどんどん増えていくからだ。成長志向、というより拡大志向が強くて、伝道集会やらイベントやら事業やら、とにかく何でもやって人を増やそう、教会を大きくしようという話になる。そういう教会は「信徒が奉仕するのは当たり前」という風潮があるから、一度奉仕をしだすと、次々と委ねられて身動きができなくなってしまう。いわば「奉仕地獄」である。
 
 そうなってしまうと、クリスチャンの本来あるべき姿からどんどん離れていってしまう。奉仕が忙しくて礼拝どころでなく、聖書を読む暇もなく、祈る時間もなく、家族や友人に心を向ける余裕もない、という具合だ。一体何の為の教会だという話になる。
 
 だから通いはじめてすぐ奉仕の話が出る教会は、要注意である。
 
 しかしこれには、男性的な性質も絡んでいると思う。つまり責任を持ちたい、役に立ちたい、アテにされたい、という性質だ。承認欲求に通じるものもある。教会の中での自分の居場所・地位を、何か「すること」で確立しようとしてしまうのだ。もちろん個人差があるだろうし、女性でもそういう人がいるだろうけれど、要注意である。こういう人が上記のような教会で奉仕しだすと、いいように利用されてしまう
 
・「神は一人にしか語らない方ではない。牧師に何と言われても、最後は自分でちゃんと考えて決めなさい」
 神はあなたにとって重要な事柄を、あなたの牧師にだけ語り、あなたを含む他の誰にも語らない、ということはしない。そうだとしたら不公平である。それに一人にしか語られないとしたら、その真偽を確かめる方法がないから、本当に神からのものかどうかわからない。
 もちろん期日指定で「こうなる」と語られれば、その真偽はいずれ明らかになる。けれど昨今の「語られた」は、そのへんが曖昧なものばかりだ。
 
 たとえば「今が献身の時だ」と牧師経由で「語られた」とする。それに従って献身した結果、ひどい貧乏になってしまったとする。ではそれは間違いだったのか。しかし牧師は言う。「献身には困難と戦いが付きものだ。イエス様だって税金が払えないくらい困窮したのだから、私たちも同じところを通るのは当然ではないか」
 
 そういう訳で苦労していくのだけれど、それが本当に「主の導き」だったのかどうか、実はいつまでたってもわからない。良いことが起これば「やっぱり」となるし、悪いことが起これば「試練だ、戦え」となるからだ
 
 そしてまた、自分自身はいつまでたっても神様に直接語られない。いつも牧師経由で語られる。神様ってそんなに人見知りなのだろうか
 
・「以上、今はわからなくても、いずれわかる。だからちゃんと覚えておきなさい」
 熱心は人を盲目にする。何かに夢中になっている時、人は忠告に耳を貸さないものだ。特に必要な忠告には
 カルト化教会で酷い搾取を受けていても、その人からすれば正真正銘の「信仰の行い」なのである。だからそれにどんなに反対しても忠告しても、聞く耳を持ってくれない。
 だからそういう人には、可哀想だけれど、とことん苦しんでもらうしかない。そしていつか破綻した時のために、今のうちに忠告しておくのだ。そうすれば破綻した時に、「ああ、あの忠告は本当だった」とわかってもらえる(かもしれない)。
 
 以上、教会で失敗する前の自分自身に言いたいことを書いてみた。もちろんこれは不可能なのだけれど、最近教会に通い始めたばかりの方には、何かしらのアドバイスになるかもしれない(そうなればいいと思っている)。
 他にもこんなことが言いたい、あんなことが言いたい、ということがあれば、是非教えていただきたいと思う。

4 件のコメント:

  1. 都会だと、教会の選択肢が多いと思う。
    一番人生経験が豊富になる40代や50代の若くもなく、
    年寄りでもない牧師は
    なぜか関東などの大都市に多めに派遣されているのではないかな?
    田舎だといい人ではあるが、老人牧師、が多くなると思う。
    説教も悪くない。けれど現代の若者との会話となると。。。
    「スマートフォンVS固定電話」くらいの差があると思う。
    いくらメッセージが聖書にそっていても、ちょっとした相談事ができないのであれば、交わりの深さにも比例して、なかなかつらいこともある。教会選びは難しい。それで、よくしていただいたご老人牧師を捨てる訳にいかず、だが年が近い友人がほしい場合、妙な教会二股劇場みたいにしないといけないので、心が苦しい。

    返信削除
  2. ジャンルは思い切り違う、つか正反対のものなのですが、昔読んだ長尾豊氏の本か雑誌の記事かに、

    「魔術を捨てなければならないという決断の時がもし訪れたら、かまわず捨てろ。また、いつそうなってもいいように普段から心がけておけ」

    というのがありました<近代魔術ごときの主の喜ばれないことなンて、当たり前じゃない!ではなくて、それまで自分のためにやってたこと(この場合は魔術)をどうするかについて、ですから>

    信仰の場合は、教会に行ってなくても聖書を毎日読んでなくても祈りの時間を毎朝持ってなくても、そのひとがキリスト者としての意識と自覚をまだ捨てていない場合があります。ぶっちゃけ、私がそうです。
    福音派聖霊派は、新生されたかキリスト者としてふさわしく生きているか聖霊に満たされているか、まわりの教会員や牧師が判断するところがあって、一割献金してたり突然賛美歌を歌いだしたりいつもニコニコ笑っていたりすると、ハレルヤ、アーメンです!となる一方で、そのひとが周りと同調共鳴していないと裁きだすところがあるのを経験しているひともいらっしゃるでしょう。

    教会の辞め時なンて、こだわらなくていいンです。

    自分が意志が弱いからだ根性がないからだと考える必要も、まったくないし。

    教会は人間の集団。

    合わなきゃ早く見切ったほうが、くされ縁も生まれないし。

    で、上の長尾氏の言葉をキリスト者に言い換えると、こうなるでしょう。

    「信仰(または教会)を捨てなければならないという決断の時がもし訪れたら、かまわず捨てろ。また、いつそうなってもいいように普段から心がけておけ」

    要は毎日生きていくのには覚悟が大切ということ。

    身構えなくても、そのことに対峙すればわかる話で、それまで普段どおりでいいのだと思います。

    返信削除
  3. チャーチスクールを始めたある教会では、妻が「祈っていたらこれこれが示されたので、これが御心だと思います」と言ったら、「あなたどれだけ祈ったの?軽く示された等と言わないで。神は信徒よりも先に、牧師に語られます。霊的指導者に従いなさい」と言うような事を言われました。
    こう言う「組織化」している教会は、本当に商売としての「宗教団体(法人!)」であり、本来の聖書に示されている物とはかけ離れているのが分かります。
    いわんや「あの奉仕、この奉仕、あの仕事、この仕事、あの献金、この献金・・・・・」
    それでおまんまが食べて行ければ良いのですが、おまんまが食べられるのは牧師家族だけ。
    教会総会で牧師がはっきりと「教会スタッフは必要ですが、給料は出ません」と言っていましたね。
    ですから、このような教会からは早々にお暇すべきです。
    ところで教会って一体何でしょうね?

    返信削除
  4. 新興宗教系プロテスタントは教祖が多いせいか、教祖様は生き神様になってしまいます。宗教改革には万人祭司という理念があったのですが、教祖様という生き神様の出現で、これも意味を失ってしまっています。
    結局教皇というトップを排除しても、もっとたちの悪い生き神様な教祖様が出てくるのです。教皇はコンクラーベという選挙で選ばれるわけですが、教祖様は選挙で選ばれたわけではありません。そして教皇に世襲はありませんが、教祖は世襲します。教皇でもほかの聖職者の前で懺悔をするのですが、教祖様は懺悔もしませんし叱る人もいませんので、勝手になんでも決めてしまい、それをおかしいと意義を唱える人もいません。
    それでスタッフ(社員)に奉仕と称して給与も払わずただ働きさせ、宗教法人の免税特権で納税もまともにしません。坊主丸儲けでウハウハです。

    返信削除