2014年7月24日木曜日

ガザ地区侵攻についてイスラエルを批判するのは、反イスラエルなのか。

 イスラエル軍によるガザ地区侵攻が続いており、21日の発表によると、パレスチナ人の死者は500人を越えていて、その大部分が一般市民だと報じられている。
 これに対するデモがあちこちの都市で起こっていて、イスラエル国内でも起こっている。けれどイスラエルのネタニヤフ首相は、ハマスの施設に重大な損害を与えるまでは作戦をやめない、と明言している。

 上記は日本でNHKのネットニュースやSNSなどで一般的に得られる情報である。そこにはハマスによる情報操作がある、という説もあって、事実が捻じ曲げられて伝えられている、という。けれどそれが本当なら、イスラエル国内を含む世界中が騙されているということになって、もはや何が真実かわからない。

 だから前述の報道が事実だと考えて書く以外にないけれど、やはり私は、多くの一般市民が犠牲になる「侵攻」には反対だ。イスラエル側にも正義はあるのだろうけれど、旧約時代じゃないのだから、「女子どもに至るまで聖絶する」のは許されないはずだ(もちろんイスラエル軍がパレスチナを聖絶しようとしているという意味ではない)。

イスラエル人の自衛の為ならパレスチナ人が死んでもいいのか」という問いは裏返すと「パレスチナ人が犠牲にならない為にイスラエル人が死んでもいいのか」という問いになる、と言う人がいる。何が言いたいのかよくわからないけれど、これはそもそも、イスラエルかパレスチナか、という話ではない。天秤にかけてどうという話ではない。一般市民がある日突然殺されてもいいのですか、という話だ。

 また他にもこんな意見がある。「他の地域でも紛争や虐殺がたくさん起きているのに、なぜガザの為だけに声を上げるのか。それは人権擁護でなく反イスラエルなだけだ
 もちろん世界情勢に詳しく、そういう情報が日々入ってくる立場にあるのなら(そしてそういうことに時間をかけられるのなら)、たくさん声を上げる必要があるだろう。けれど大多数の人はそこまで地域情勢に詳しくないし、情報もないし、日々の生活もある訳だから、どこで何が起こってるか完璧に網羅することなどできない。不幸な現実が起こっているのは悲しいけれど、情報入手には皆それぞれ限界がある。
 そういう中、最近で言うと、今ガザ地区でこんな惨事が起こっている、という声が多いから、私たちも知ることができたのだ。そうでなければ、おそらく知らずに終わってしまう。そして知ったからこそ、声を上げるのだ。そしてそれは、反イスラエルとは全然関係ない。人権が踏みにじられている現実に対して声を上げているのだ。
 それにこの意見には、「自分はこれだけ世界情勢に詳しい」という自負というか、自慢みたいなものを感じる。個人的にはいやらしく聞こえてならない。

 私にとってこの「侵攻」は人権問題であって、一般市民、特に子どもが殺されていくのは本当に忍びない。と言っても遠い国でぐちぐち書いているだけなのだけれど、それでも何もしないよりは良いと思っている。
 そして私はガザ地区に対するイスラエルの「行為」に対してノーと言いたいのであって、イスラエル国家とか、民族とかに対してどうこう言いたいのではない。
 ディベートで相手の意見には反対するけれど、相手の人格を否定するのでない、というのと同じだ。
 だからここ最近のイスラエルへの批判をつかまえて、いちいち「反イスラエルだ」と決めつけるのは、違うと思う。

 それと、イスラエルへの批判を何でもかんでも「反イスラエル」と決めつけて悪しきものとするのは、牧師への批判は許されない、という牧師の神格化に似ている気がする。牧師だから神の器、神の代弁者であって、何の間違いも犯さない、神聖不可侵な存在だ、というのがその意味だ。これをそのままイスラエル国家に適用するなら、イスラエルは何をしても許される、それを批判してはいけない、ということになってしまう。それがどれだけ危険なことか、普通に考えればわかるだろう。

8 件のコメント:

  1. こうやってイスラエルイスラエルと連呼する人たちの思想の危険性を
    ある牧師がブログに書いてあったのを見て、なんでもかんでもイスラエル、ユダヤ人派の人たちは、だが聖書がイスラエルをのろうものはのろわれると書いてあるのを忘れるな。とtwitterで書いていたのを思い出しました。
    誰もイスラエルをのろうといっていないし、思ってもいません。
    ただ、こうやってなんでもかんでもイスラエル、説教もイエスよりイスラエルという言葉のほうが多く出るようであれば、おかしいと思わなければならないのです。
    ですが、こういうイスラエル一辺倒の人たちは、彼らを批判するとイスラエルをのろうものは、、といいだすので、打つ手がないきがします。。どうしてああいう思考になるのか理解できません。

    返信削除
  2. 身の危険があっては困りますので、一部分かりにくい表現を取らせていただきます。
    イスラエル親派に、N川K一という牧師がいます。
    今も、ハーベストタイム・ミニストリーズと言う団体を運営されていると思いますが、先日ある方が、このサイトの聖書メッセージをダウンロード出来ないとか、何かそう言うことでやり取りをしました。「またかよ。こんな人間のサイトにアクセスして。馬鹿でないの」と思いながら。
    中G健I氏は、かつて日本MACDNDに努めておられて、25年ほど前には米国PTLと言うTVサルべーションの日本向け放送を担っておられました。
    結局この米国PTLの主催者は、金と女で失脚したのですが。
    N川氏の書籍やクリスチャン向けメディアを持ち上げ、推奨する人々も結構おられたのですが、私は以前から個人的にそのメッセージ等を聴いて見て、上から目線の物の言い方、その経歴(MACの製品を、健康上何ら問題が無く優れた物だと言っていた)等で、「大嘘つきが牧師だ」と一切この団体の物を受け入れて来ませんでした。今も同じです。
    本当によくもあのようにぺらぺらと、大嘘ばかりを吐くものだと感心します。
    それがクリスチャンと称する人々に崇拝されている事実・・・・・・・!
    MACの製品は、添加物の塊。この度あのように、中国製の腐った肉を提供していただけでなく、以前から害毒を垂れ流している企業。
    それを擁護し、しかも自分の宗教ビジネスをまっすぐにイスラエル参拝。
    こんな男がクリスチャンと称される人々に持ち上げられ、
    キリスト教の中でも特に福音派・聖霊派といわれる人々、その牧師と称する人々に崇拝されている。
    大量殺戮イスラエルであり、それを讃える人間。しかも、それがクリスチャン?牧師?
    なんと言うことでしょう!

    返信削除
  3. マリックさん
    とてもよくご存知ですね。個人的には、中Gさんのメッセージは聞いた事がないのですが、ある中年の女性がとても彼のことを勧めていました。論理的に聖書を説くんだとかいって。
    どの場所にも、怪しい人物の影にはいつもたくさんの中年の女性の取り巻きがいるような気がします。東北の田N牧師もそうでしたし。

    返信削除
  4. 匿名様
    そうなんです。T中牧師も女。Byun牧師も女。その他枚挙に暇が無いほどに、取り巻きは女。
    そして金カネかね。ああ宗教は怖い!
    真実のキリスト教と言う触れ込みで。
    そんな中で、
    どうやら信者の男は、資金提供者と言う金づるにしか考えていないのでしょう。「教会には兄弟が必要です」等と持ち上げておいて、散々利用する。
    普通の伝統的教会でさえ仕事の山なのに、ああいう所は大変ですね。
    ですからそんなやつに貢いでどうするの?貴方男でしょ!と言いたいですね。
    何せ「男」ですから、自分の王国を築き上げると言う野望が、その根底にあるのです。
    だって、所詮「男」ですから!

    返信削除
  5. ビュン教祖や田中教祖に限らず、昔から新興宗教の教祖には金と女はつきものといいますよ。幸福の科学の大川隆法もオウム真理教の麻原彰晃も正妻以外の女との間に子供がいますし、文鮮明にいたってはいわずもがなではありませんか。
    女にセックスアピールを旺盛にできる魅力があるからこそ、新興宗教をやって成功することができるのです。昔から政治と宗教はサル山のボスを決めるのと同じですので、メスにモテないオスがボスになれたなんて話は聞いたことがありません。

    N川氏の話が出ていますが、あの人は業界でも終末屋として昔から有名な方です。日本各地でしょっちゅう再臨待望聖会をやって、「再臨が近い。」とやっているみたいですよ。この人は来る来る詐欺みたいなもので、毎年のように同じことをいってお金を集めることで生計をたてているのではないかと思います。

    返信削除
  6. イエスさまが「盗人のように来る」といいましたので、再臨があるという認識を持っているということ自体は間違いではないのですが、新興宗教の人は、それをたてに、明日イエスが来るかもわからないので
    いまもっているものをすべて私達のミニストリーにささげなさいというのではないでしょうか?
    真理に嘘をまぜてねじ曲げているように思います。

    それからその「セックスアピールを旺盛にできる魅力」がある中年男性(気持悪いです)にひかれる心理が理解できません。

    昔ビュンの教会にいたという人に話をきいたことがありますが、その当時からビュンは自分の好きな人にはよくし、そうでないひとには良くしなかったのだそうです。そんなことを目にしたら、普通そんな教会にはすぐに行かなくなるものですが、それを目にしてもまだいっていた彼女の心理が理解できませんでした。

    行く人たちはいったいなにを求めて彼ら(中年おじさん)のところに救いをもとめていくのでしょう?

    返信削除
  7. 蓼食う虫も好き好きと昔から申しますのでね(大爆笑)。
    オウム真理教を思い出してくださいよ。麻原の周囲にいた女たちの中には、確かにちょっとこのご面相は残念だなと思える人も数人かはいましたが、石井久子を筆頭に多くの美女たちが麻原尊師に夢中になりました。事件当時はワイドショーの時間帯はショッピングセンターが空っぽになりましたが、日本中が「あのおねえちゃんたち、よくあんな薄汚いおじさんにやらせるよー」と笑っていたではありませんか。彼女たちにとっては麻原尊師は絶世の美男子なのです。恋は盲目なのです。宗教とは恋愛なのです。新興宗教に行くのは結婚詐欺にひっかかるのと同じことなのです。

    返信削除
  8. まだまだその昔、「イエスの方舟」と言う団体があり、教祖のおじさん「千石イエス」と、キャバレーに勤めたお姉さんたちが寝食を共にして、問題になりました。
    何時の時代も、男と女。
    花を咲かせるのなら、個人的にどうぞ。

    返信削除