2014年7月10日木曜日

それは神の罰なのか

「神の罰」という表現がある。
 2011年の東日本大震災の時、これは日本に対する神の罰だ、とある有名な「大牧師先生」がコメントして物議を醸した。日本の不信仰と犯してきた罪の累積の結果、大地震と大津波という形で神の怒りが下ったのだ、という。
 私は当時被災地を行ったり来たりしていて、東京に戻った時にそのコメントについて知った。被災者の方々を前にしても同じことが言えるのか、と疑問に思ったものだ。
 聖書をみると、神に罰せられた、という人が少なからず出てくる(新約より旧約が圧倒的に多い)。出エジプト記などはその典型例集みたいなものだろう。実に多くの人々が罰せられ、命を落としている。罪を犯した為、神の怒りを受けた、というのがその基本パターンだと思われる。
 聖書は私たちにとって教訓でもある。だから神の罰を受けた人々は、反面教師としても提示されているのだと思う。だから私たちは神を恐れて、彼らに倣わないよう、生きるべきだろう。
 それはそれとして、東日本大震災は神の罰だったのだろうか。
 同じような話は他にもある。たとえばBSE(狂牛病)の発生は、飼育の効率化を図って餌に「肉骨粉」を混ぜたことに原因している。本来草しか食べない牛に、羊など数種の動物の骨や肉を食べさせ、手っ取り早く成長させようとした。その結果、牛が狂牛病に感染し、その牛を食べた人間がクロイツフェルト・ヤコブ病(難病)に感染してしまった。自然の摂理に反した報いだ、神の罰だ、という意見が出た。
 確かに、してはならないことをした、というのは事実だろう。食べたくもない羊や馬の肉や骨を食べさせられた訳だから、牛にしてみれば可哀想な話である。これは人間に例えるなら、死んだ人間の肉骨粉を密かに混ぜた食事を食べさせられた、みたいなものだ。そりゃあバチも当たる気がする。
 けれど、人間が⭕⭕したから罰を加える、というのは、新約聖書の神のイメージに反している気がする。それは人間社会では当たり前のことで、因果応報という言葉もある通り、悪さをしたら相応の報いを受けなければならない。けれど、それとまったく同じルールを、神と人間との関係に適用していいものだろうか。
 もし適用するとしたら、神は人間を許さない、ということになってしまう。罰とは、罪を許す代わりに与えるものだからだ。罰なしに、信じただけで罪を許すのが新約聖書の教えだったはずだ。
 このあたりは微妙な問題で、じゃあ何をしても許されるのか、カルト化牧師も一言謝れば全部帳消しにされるのか、みたいな話も出てくる。しかし、それは例としては極端すぎる。
 私は神が愛であると信じている。だから神が自ら進んで人間を罰してやろうと、罪を犯すのを絶えず監視している、みたいな風には思えない。逆に人間が不利益を被らないように、事前に(聖書を通して)警告を発しておられるのではないかと思う。
 たとえば前述のBSE問題について、私は「子やぎをその母の乳で煮てはならない」という箇所を思い出す。家畜も大切に、愛をもって扱うべきだ、という意味だろう。それをしないと大変なことが起こると、神はあらかじめ警告していたのではないだろうか。
 東日本大震災がなぜ起こったのか、なぜあんな悲劇があり得るのか、わからない。世界中で、今も沢山の悲劇が起きている。その理由はおそらく誰にもわからない。けれど少なくとも、「神の罰だ」とか軽々しく言ってはならないと思う。それは神を貶め、神のイメージを覆す行為だ。
 あの震災の被災地を前にした時、私はまったく言葉が出なかった。被災された方々にかける言葉がなかった。けれど胸のうちで、それでも神は愛なのだ、と信じたかった。今もそう信じたい。

6 件のコメント:

  1. 私は、韓国の方々を「一律に」否定したり、或いは嫌悪感を抱いて入るわけではありません。国内にも在日の方、帰化された方等、知人が居りますので。そして勿論、韓国・中国を中心に「なぜ、反日と言う言葉や態度があるのか?」。一方で「親日」の方がいる事実。
    また東南アジアに目を向けると、「親日」国家が多い事実。
    しかしながら以前に比べると、キリスト教会の言っている事-「日本は過去にアジアの近隣諸国に対して軍隊を持って侵略をし、多大な苦痛をもたらし、大量殺戮やありとあらゆる悪事をしたので」、他国が言われる事に疑問を差し挟むことなく、受け入れ反省し、「とにかく謝る」事が当たり前だ」-
    と言う空気・常識が、かなり行き過ぎた「嘘」から出ている事が分かってきまして、韓国という国そのものに、大いに疑問を抱き、現在に至ります。
    それは、我が日本国のキリスト者を誘導し、特に韓国の方々について言わせていただければ、「韓国贔屓」にし、もって日本を内側から転覆させようとするような「国策」であり、日本国は「金を出してもらうための」金づるなのです。とにかく、自分たちが騒げば良いと思っている人達。嘘も大声で叫べば「真実になる」と思っている人達。
    その態度たるや「神の罰だ」「天皇陛下が土下座をすれば赦してやる」等と言う、ものすごい高慢・傲慢であり、とても同じ人間とは考えられないのです。それに対して日本のキリスト教指導者は、全く無知・無策・であるばかりか、言いなりであり、しかもディボーションテキストを推奨・使用して、その運動に傾倒するなど、滑稽も甚だしく、なぜ頭を使って考えられないのだろうか、と不思議に思います。
    もっともこれには、「一億総懺悔」とも言うべき、敗戦国家の悲しい現実と、私たち日本国民性、そしてGHQのプログラムがあったと言われていますが。
    しかも暴言を吐いた件の人間が「大牧師先生様」であるなどと、冗談もいい加減にして欲しい。
    なぜこのような物言い、そして考えに結びつくのか。それは韓国のキリスト教は、土着のシャーマニズム・儒教等が混濁した物だからでしょう。
    そして、自国の利益や運営のためには、他国を、しかも過去に傷つけたのではなく、大きな神の愛の様に無償で国家を建て上げてくれ、過去・現在も多額の援助を持って供与し続けている我が日本国に対し、感謝ではなく、逆恨みの如くつばを吐き続けているような国です。
    ですから、被災者に対してさえ、あのような事を言えるのだと思います。
    私たちはもっと、歴史をしっかりと勉強すべきです。そして「YES」「NO]をはっきりと他国に対して言うべきです。少し長く、一部の方たちには受け入れ難い表現もあるかと思いますが、述べさせて頂きました。

    返信削除
  2. アジアにおけるキリスト教の最大の失敗は、新興宗教系のプロテスタントを朝鮮半島に人間に布教してしまったことだといわれています。
    新興宗教系のプロテスタントは、全然だめな人間でも簡単に聖職者になれてしまうので、こういったひどい人種が聖職者になってしまうことがよくあり、大いに問題があります。

    返信削除
  3. 本当にその通りですよね。
    朝鮮半島人に特化して言えますが、完全にキリスト教を自国の色に染めて、全く違う物に作り替え、今も新たな新興宗教を産み出し、日本を金づるターゲットに次々と進出し、日本人クリスチャンを取り込む為に活動中だそうです。ある知人の牧師が警告を発信しています。
    かつてこの国を「日本教」等と揶揄していた日本のキリスト教が、あろうことか、今や教職を含めて「朝鮮教」となり、それが当たり前であるかのように、韓国を有り難がったり、尊敬して見たり、本当に言葉は悪いですが「馬鹿」としか言い様のない状況下であるのが、手に取るようにわかります。
    ある人が、そんな私の意見に「排外主義」だと仰られましたが、違うのです。
    誰しも自分の国を愛し、守ろうとするはずですが、私達日本人は知らず知らずの内に、何処の国の人?( ・∇・)と言われる様な状態になってしまった。
    ただ、その事だけなんです。
    このままでは、変な宗教がイエスの顔に泥を塗って、真実などなくなってしまいそうですね。

    返信削除
  4. 朝鮮半島に新興宗教系プロテスタントを持ちこんだのはアメリカで、ホーリネス系が持ちこまれてあっという間に広がったといわれています。ホーリネスは反知性主義なので、識字率の高い日本では眉を顰められることがよくありましたが、識字率が低い朝鮮には非常によく適合したのです。
    宗教土壌も国民性も違う日本に、アメリカや韓国のやり方をそのまま導入してもうまくいくはずがありません。日本のキリスト教が韓流にならえとばかり弟子訓練などを行った結果、とんでもなくカルト化してしまい、信者の人生を破滅させて取り返しのつかなくなった事例があるくらいです。
    日本人はまじめなので、韓国のやり方をそのまま入れると、本家の韓国よりひどい状況になってしまいます。

    返信削除
  5. 韓国教会史を少しだけ学んだ者です。韓国にアメリカから宣教に入ったのは、長老教会とメソジスト教会の宣教師たちです。最初のリバイバルはこの二つの教派の宣教と訓練によるものです。

    確かにホーリネス教会で訓練を受けたリ・ソンボンが、韓国の宗教の習慣であった早朝の行を模して早天祈祷会を始めました。しかし、全体的な影響としては、ホーリネス系の影響が主たるものであるという認識は私には有りません。

    返信削除
  6. うろ覚えですので、もし間違っていたらごめんなさい。
    日本に入った長老派やメソジストは、伝統宗教の教えを採用する宗派で、韓国に入ったのは新興宗教の教えを採用する宗派だったと聞いた覚えがあります。
    現代の日本でいうなら、長老派やメソジストといっても、日本基督教団に今も残っている教会と、日本キリスト改革派教会や日本長老教会やフリーメソジスト教団は、完全に別の宗教といってもいいと思います。
    教団に残っている教会はたとえば飲酒喫煙は個人が適量を守っていればOKですが、後者は禁酒禁煙をうるさくいうと思いますし、新興宗教の団体として有名なJEAやKGKに加わっています。
    韓国では戒律が厳しいほうが入ったので、長老派やメソジストといっても、日本の感覚では伝統宗教に組み入れられる教会ではなかったと思います。

    返信削除