2013年9月11日水曜日

聖書的矯正というより、単なる人格否定。教会での「訓練」について思うこと。

 かつて教会で、牧師によく怒られたものだ。

 奉仕でのミスとか事業でのミスとかで叱られるのは、自分のせいだから仕方ないと思う。それによって奉仕や事業に向かう姿勢が引き締まるのは、クリスチャンとして必要かもしれない。
 けれど、私がどこか理不尽に感じていたのは、いわゆる「人格」に関する叱責だった。

 例えば牧師から、期限2週間が妥当な仕事を1週間でやれとか、通常なら不可能なことを実現しろとか言われ、「できません」と答える。すると「できないと言うな。初めからできないと言うから何もできなんだ」みたいな理屈で怒鳴られる。
要は否定的な発言はせず、常に肯定的な態度でいろ、という訳だ。

 もちろん否定的より肯定的がいいかもしれないが、この場合の「肯定的」とは、「何が何でもやり遂げる」「邪魔するものは蹴散らす」「実現するためならすべてが許される」という類のものだ。「強権」とか「無理矢理」とかと言うべきかもしれない。

 私はこれに従って、不眠不休の仕事をしたことが少なくない。また、いろいろな業者と掛け合って料金を下げさせたり、納期を半分にさせたり、ずいぶん強引なこともしてきた。

 これはほんの一例だけれど、牧師はそういうふうにして、信徒の態度とか人格とかを矯正しようとしていたように思う。個性を伸ばすというより、全員を同種の猪突猛進型というか、突破型というか、そういうタイプにしようとしていたように思える。

 前述の奉仕のミスなんかで叱られるのは、まだわかる(それでも本人がミスと認めていることを執拗に叱る必要はないと思う)。けれどこういう人格の矯正は、聖書的なのだろうか。

 聖書には確かにこう書いてある。
「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。 (テモテヘの第二の手紙 3:16 JA1955)

 牧師はこれに従って信徒を訓練しているのだ、と私は思っていた。しかしその教えや戒めや正しさが、結果的に「何が何でもやってやる」みたいな根性論人間を生み出すとしたら、やはりどこか聖書的でないのではないだろうか。

 かくいう私も、こういう「訓練」の結果、ゴリ押しすることを何とも思わない人間へと「成長」していた。何かをゴリ押しすることで、無理だとされていることを実現し、通常受けられない恩恵を受けられるようにすることは、クリスチャンの特権であり神の奇跡だろうと思っていた。

 それこそクリスチャンの陥りやすい傲慢だと、今は思う。

 もし今、かつての私と同じような境遇にある人がいるとしたら、是非考えてみてほしい。牧師やリーダーが今あなたにしている矯正が、聖書的なものなのかどうか、理不尽なものでないかどうかを。
 そして、牧師やリーダーに叱られることをイヤだと思いながら、でも訓練だからと忍耐しているとしたら、それが本当に価値ある忍耐なのかどうかを。

 あなたの人格を否定する権利は、誰にもない。あなたは別の誰かになる必要はないし、誰かが提示する理想像になる必要もない。もちろん、人間誰しも改善すべき点を持っている。けれどそれは、誰かに強いられて改善させられる種類のものではない。私はそう思う。

3 件のコメント:

  1. 初めまして。クリスチャンです。
    最近教会の奉仕、また、訓練とか成長という言葉に苦しさを感じます。
    自分は真の自由を求めていますが、何か教会では不自由さを味わいます。
    自分ではどうにもならない問題を抱え教会に通うこととなったのですが、教会でも悩みを抱えるとは。
    強いられて奉仕するのではないのですが、現実、奉仕者が少ない、自分だけしないわけにもいかず、暗黙の上で奉仕せざるおえません。
    何の為に教会へ行くのか?
    訓練と言われると心底から違和感を覚えます。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      訓練と成長の強調は、プロテスタントの新興教派の教会に多く見られるようです。
      訓練も成長も決して悪いものではありませんが、そこを強調する教会は問題が多いと私は思っています。成長のための訓練、訓練のための強制的な奉仕、というのが日常化してしまうからです。
      そのあたりを少し(お返事という意味も込めて)書かせていただきましたので、よろしければ下記を参考にして下さい。

      http://fuminaru.blogspot.com/2014/12/blog-post_35.html

      削除
  2. 心の疲れをとりたいと思っていったキリスト教会で、かえって疲れ果ててしまう・・・
    新興宗教系のプロテスタントでよくある話ですよ。奉仕・訓練・成長の三点セットで信者さんたちを疲弊させてしまうことが、こういった新興宗教系のプロテスタントの教会で目立つのは事実といえるでしょうね。
    こういった悩みを持つ人がよく訴えることは、「教会に行く前に抱えていた問題は、全然解決していません。それどころか前よりもっと悪化したり、教会生活を送ることによって、教会に行く前には持たなかった新たな問題を抱え込むことになってしまいました。」
    新興宗教系のプロテスタントはしばしば信者さんたちを追いつめてしまうのです。なにかにつけてノルマノルマで、まるで営業の成績をお互いに競い合う営業マンのようになってしまっていることがよくありますよ。
    心身ともに疲れ果てているように感じられます。ひょっとすると金銭的にもかなりきつい状況になっているのではありませんか?
    ご自分の体と心の内なる声に耳を傾けてください。かなり悲鳴をあげているのではないかと思いますよ。こういった新興宗教系のプロテスタントは早く離れれば離れるほど傷も浅くてすみます。一日また一日と先延ばしにしていくほど傷が深くなっていきます。どうかご自分を大切にしてください。もう限界がきているのではないでしょうか。

    返信削除