2013年4月5日金曜日

行ってはいけないチャーチスクール

 チャーチスクールに通うというのは、日本では非常にマイノリティな道である。
 だからそこへ子どもを入れようかどうしようかと迷っている保護者の皆さんも、マイノリティだと思う。
 ゆえに、私がここに書く内容を必要とする人も、ごく少数であろう。が、私は書かずにいられない。元チャーチスクール教師としての反省も込めて、これからチャーチスクールを利用しようとする人々へ警告を発することは、私の義務だと思うからだ。

※ここで言う「チャーチスクール」とは、各種クリスチャンスクールも含め、「教会あるいはキリスト教団体が運営する」「聖書教育+一般学習を施す」「文科省の認可を受けていない」スクール全般を指す。

 あなたがお子さんをチャーチスクールに入れようと考えているなら、そのスクールの代表なり入学担当者なりに、以下の点を尋ねることを勧める。

・授業料の詳細を聞き、値引きできるか聞いてみる
 まず、授業料がいくらなのか明示していないとしたら問題である。その理由を聞いて「お金は二の次、大事なのは信仰です」とか答えたらトンデモ率倍増である。真面目な顔して、信仰と言えば煙に巻けるとあなたをバカにしている恐れがある。
 また、おそらく授業料以外にも払うものがいろいろあるはずだから、結局月額いくらなのか、確認しなければならない。
 そのうえで、「そんなに払えないから値引きしてくれ」と言ってみる。まともな学校なら、値引きなんてしない。が、「あなたのお子様の信仰のためですから」とか言って真剣に値引きを考え始めたら、やはりトンデモである。親身に見えるかもしれないが、騙されてはいけない。単に生徒数を揃えたいだけだ。それに家庭によって支払額を変える、差別的運営であることを露見してしまっている。

・会計報告を見せてくれと言ってみる
 会計報告は、各種法人であれば開示義務がある。が、いわゆる牧師などによる個人経営の場合、確定申告の義務はあっても開示義務はない。
 とはいえ、複数の児童を預かって多額のお金をもらう「学校」形態である以上、法人格に準じた会計報告をすべきだ。
 つまり、法人であろうとなかろうと、会計報告がないスクールはアウトだ。あるいはあっても、数日のうちに出せないとか、入学前だから見せられないとか、いろいろ理由をつけて開示しないスクールも同様にアウトである。お金の扱いに不透明な、いい加減なところがあるから見せられない可能性が高い。(お金の扱いが明確でないというのは、もちろんキリスト教界においてもご法度である。)
 また、会計報告があっても、それで満足してはならない。内容に注目してみる。結果的にトントンな収支であっても、収入欄に寄付金とか、献金とか、支援金とか、いわゆるイレギュラーな入金が多い場合は、要注意である。ちゃんと計算してみて、そのイレギュラー入金がなければ赤字になっているとしたら、そのスクールの経営は明らかに不健全である。寄付金頼みの難破船スクールである。

・スクールの理念は何ですかと聞いてみる
 これは、事前にホームページ等で理念を確認し、書き留めておいたらいい。
 代表者が、理念を聞かれて口ごもるようならアウトだ。あるいはすらすら答えても、全然関係ないことを言えば同様にアウトである。つまり目指すものが曖昧で、とりえあず運営したい、卒業後の生徒の進路なんて関係ない、というのが本音なのである。

・在校生の学力、社会性を確認する
 学力の判断は難しいが、一般的に、チャーチスクールで平均的学力を維持するのは非常に難しいということは前提として考えるべきだ。運営者らがその事実を正しく認識しているなら、何らかの対策をしているはずである。例えば中学生ならV模試やW模試を受けさせているとか、高校生なら全国実力テストを受けさせているとか。
 自分たちの不足を認識するというのは、教育者として必要な資質である。が、「信仰が伸びれば学力も上がります」とか「神様が助けてくれます」とか真顔で言ったら信用してはいけない。自分たちの責任を平気で放り投げているだけだ。
 生徒たちの社会性は、簡単に見極めることができる。学校見学の際、休み時間を狙って教室を見に行けばいい。あなたが無言で入っていき、それでも生徒たちが元気よく挨拶してきたとしたら、彼らは非常によく教えられている。が、あなたのことをまったく無視するようなら、あるいは気づいても声をかけてこないようなら、あなたのお子さんがそのスクールでコミュ障に育つ可能性は高い

・卒業生の進路を聞いてみる
 この場合、有名大学や企業に進んだごく一部の例に騙されてはいけない。フタを開けたら神学校進学とか海外留学とかが大半だったりする。非常に狭い進路であることが多い。
 また、高校生に関して高卒認定試験に合格すれば大丈夫ですと豪語したら要注意だ。高卒認定試験は「高校卒業程度の学力」を証明するだけであって、高卒資格ではない。そのスクールの高校を卒業しても、進学するのでなければ、あなたのお子さんは中卒程度ということになってしまう。逆にそのへんをちゃんと説明してくれるスクールであれば、ある程度誠実ではある。

・最後に
 キリスト教団体は誠実でしっかりしている、というのは残念ながら幻想でしかない
 一部にはそういうところがあるかもしれない。が、私が安心してお勧めできる団体は、数えるくらいしかない。
 人は、口では良いことをいくらでも言えるものだ。誠実な、真摯な、真面目な風に装うことは、誰にでもできる。クリスチャンとしてどうかと思うかもしれないが、「騙されているかも」と疑ってかかるくらいがちょうどいいと私は思っている。
 お子さんの入学を考えるなら、よくよく覚悟してからにすべきだ。何故ならあなたの決断の結果、子どもがどうなるか、その責任はあなた自身にあるからだ。
 あなたが信頼したスクールも、牧師も、教師も、誰も責任をとってくれなどしない

追記)
 上記のチェックリストを実際に聞くことが、失礼に当たるのではないかと心配する人がいるかもしれない。が、そんな心配は無用だ。
 なぜならクリスチャンは「愛・平安・喜び・寛容・親切・善意・誠実・柔和・自制」といった心の資質を備えることを目標の一つとしているし、彼らリーダー的立場にある人々は、もうすでにそれらを兼ね備えているはずだからだ。あなたが多少無礼な態度で接しようとも、彼らはきっとあたたかく、優しく受け入れてくれるだろう。

10 件のコメント:

  1. まさに!「チャーチスクール」とは、何処であっても記事の通りです!
    多少の違いはあっても、ほぼ同じ事です。
    その昔、北のある街で、3人の子供たちを入学させました。
    今、女子スキージャンプで優勝し有名なある方の出身校と言えば、お分かりかも。
    ところがある時、校長である牧師夫人と私の妻が、考え方の違いから折り合わず、
    家族の考え方がバラバラになってしまいました。
    子供たちについて、「一般の学校に通わせたらどうか」とまで言われ、結局は全員辞めさせる事に。一介のしがないサラリーマンなど、高額な学費は払えるはずも無く、本当に記事の通りの対応でした。その後、妻が中心で「ホームスクール」となりました。
    その後家内の体調の関係でやめて、今は長男が大学受験に備え、次男はある県のキリスト教高等学校に、長女は公立中学校にそれぞれ進んでいます。
    これらの経験から言えるのは、親として子供をどうすべきかを真剣に考える事。
    「教会」は、と言うよりも、様々なキリスト教ムーブメントは兎角「夢」を見させます。
    現実逃避・世間離れ・選民意識等。かなり病的な「お花畑思考」の結末です。女性は特に注意が必要。家内もやられました。身体に無理が利かなくなったのは、ある意味主の哀れみです。子供がかわいそうで仕方ありません。でも遅まきながらようやく、社会に出るための教育を受けて、本当に親子とも大変な思いをして、スタートダッシュ!
    確かに公教育は、現状大変な問題を抱えています。しかし、親が経済的に余裕があったり、何処かの社長などであったりでない場合、子供を特別の教育機関に任せるなどの芸当は出来るはずがありません。頭を冷やさないと「主が全てを備えられます」などは、本当にお花畑!
    責任は誰もとってはくれません。親にありです。
    間違っても夢を見ませんように。

    返信削除
  2. マリックさん」本当にその通りです~!
    私もその親の一人でした~~

    返信削除
  3. 塾みたいな、いや塾以下の人数でやってるチャーチスクール(それってスクールって言えるのか)に通っている子って、放課後友達と遊ぶとかって無いんですよね。
    ひたすら兄弟でひっついてる。社会性とかってどうなんだろ。
    そうか、信仰第一だから、社会性なんて要らないのか。
    親がノンクリの子どもとの交わりを避けて囲い込んでるの見ると、
    将来は一体どうなるんだろう、って思ってしまう。
    自営業でもやってれば家業を継ぐとか?女の子なら♂クリスチャン見つけてさっさと嫁にやる?

    クリスチャンファミリーで子供をチャーチスクールやってる家族とかみると、
    自分がノンクリだった時代に抱いていたクリスチャンのイメージとかけ離れていてなんだかがっかり。

    返信削除
    返信
    1. チャーチスクールは小規模のところがほとんどではないでしょうか。
      チャーチスクールをやるようになるとカルト化はひどく進んでしまっていますので、もうとりかえしのつかないところまできてしまっています。
      学力も社会性も必要を認めていないのです。なぜなら新興宗教系のプロテスタントでは終末が近いと教えるところが多いからです。もうすぐ世界が滅びるのですから、社会性や学力など無駄だという考えでいるのだと思います。
      男も女もチャーチスクールを出た人同士でしか結婚はできません。もっとも結婚相手を自由に決められるかどうかも疑問ではありますが。
      私の知っている小規模のチャーチスクール出身の人は、十五歳を過ぎるとアルバイトをしていました。ただ親は毎日決まった時間にきっちり送迎し、バイト仲間との接触時間を最低限にしていました。たぶんバイト仲間と親しくなって、よけいな情報を吹き込まれたら困るからではないでしょうか。

      削除
  4. 新聞の報道を読んでいますと、フリースクールを容認する方向に動いているようです。いじめや学校になじめない→登校拒否→フリースクールにやるのと、進化論がだめだ→チャーチスクールにやるのとでは、外見はどちらも登校拒否ですので、一見すると同じように見えますが、内情は全然違うと思います。
    フリースクールは子供自身が普通の学校教育は自分には合わない(たとえば厳しい管理教育にどうしても適応できないとか)と判断しているのに対し、チャーチスクールは子供ではなく保護者自身が「私は宗教的な理由で進化論を子供に教えられたくないので」という、個人的な趣味の部分で判断しているということです。両者は「誰が主体となって判断しているか」について決定的に違うといえるのではないでしょうか。
    フリースクール容認という方向で、チャーチスクールをやっている新興宗教系プロテスタントが、「これは自分たちにとって追い風である」と考えて、宗教とは何の関係もない、学校になじめないだけの子供とその保護者を勧誘してチャーチスクールにいれ、親も子も信者にしてしまうケースがこれからは今以上に多発していくと思います。

    返信削除
  5. http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52463104.html
    ここの教会の牧師(藤本光悦)は、今どこにいるのですか。
    同じ系列同士の教会では加害者である牧師を守ろうとするのはどうして?
    牧師を教育するべきではないですか?全てを明るみにすべきでは?
    全国を逃げ回って全国の地方の牧師が手助けですか?
    何か変だよね。。。

    返信削除
  6. この人に関して聞いた噂は、一つは北海道にいるというもので、もう一つは沖縄にいるというものでした(笑)。ただ家族は仙台市内にいるという噂ですので、ほとぼりの冷めたころにまた仙台市に戻ってきて、新たな新興宗教を開業して、いけしゃあしゃあと金儲けに精を出すのかもしれません。
    新興宗教系プロテスタントの業界には、悪いやつ同士のネットワークでもあるのかもしれません。あの業界では悪事はお互い様ですので人の仕事にケチなんかつけたりはしません。まじでケチをつけている人は業界では異端児扱いされてしまいます。
    全てを明るみにするとしたら、それは被害者が裁判を起こして法廷で全貌を明らかにしたときだけでしょう。カルト化した新興宗教系プロテスタントの事件が起こったときに、業界が主体となってすべてを明るみにしてくれるなどという夢物語はあきらめてください。なぜなら業界全体で自浄作用がはたらくことはまずもってないからです。
    牧師を教育するべきといいますが、それも完全に不可能です。よく基地外が「自分は絶対に狂っていないから医療を受ける必要はない」と精神病院への入院を頑として拒むでしょう?あれと同じことです。プロテスタントは自己申告の世界ですので、本人が「自分はもう一度教育される必要がある」と認めない限り、「あの人には大いに問題がある。もう一度教育する必要がある」と19:00さんが考えていても、当の本人にその自覚がないので無理なのです。
    本山がないので教会法というものが存在せず、もちろん相談する場所もなく、「この人はもう一度教育されるべきですよね?」とお伺いを立てて裁定してもらう宗教裁判所のような機関も存在しません。よってカルト化した新興宗教系プロテスタントの問題に対して泣いてもわめいても、業界全体で改善に取り組むことができないのが、プロテスタントというものなのです。

    返信削除
  7. ノアチャーチスクール(無認可)

    返信削除
  8. 生徒はチャーチスクールの中でも牧師ファミリー優遇優勢のカースト制度。

    返信削除
    返信
    1. チャーチスクールにも「スクールカースト」らしきものがありますね。
      ただこの場合、カースト上位に立つのは必ずしも家柄や財産や優れた知性や外見ではなく、牧師に気に入られる生徒、牧師にとってメリットのある生徒(あるいは保護者)、ということになります。
      いずれにせよ公平・公正さは期待できません。それもチャーチスクールの問題点の一つだと思います。

      削除