2018年3月4日日曜日

逃げ場としての映画館 / 現実逃避とグノーシス主義

 蒼井優さんの日本アカデミー賞授賞式でのコメントが、胸に響いています。
 蒼井さんは今回、『彼女がその名を知らない鳥たち』という作品で最優秀主演女優賞をとりました。
 そのコメントというのはこれです。

これから新学期始まりますけど、もし学校が辛いとか、新生活どうしようって思っている方がいたら、ぜひ映画館(界)に来ていただきたいなと思います

 涙ながらの笑顔。たぶん正直な気持ちだったんだろうなと思います。
 ネットでは感動の声が上がっているようです。ご多分に漏れず、私もしみじみと映画館でのあれこれを思い出しました。

 私はあまり元気な子供でありませんでした。もしかしたら皆そうだったのかもしれませんけれど、生きづらさを感じていました。それでよく、映画の世界に逃げ込んでいました。

 映画館は特別な場所でした。映画が始まると真っ暗になって、大きなスクリーンに大きな音で、もうそれだけに集中できます。始まるまでのドキドキ感も、なんとも言えません。
 エンドロールもいつも最後まで見ました。正直、細かいところまで見られないんですけれど。でも大勢がこの映画に関わって、それでこの2時間の世界が作られているんだ、といつも圧倒されましたね。

 私にとって映画で「駄作」というのはありません。
 本当につまらない、退屈な、本当に作る気があったんだろうかと疑いたくなるような映画は、ごく稀にあります。でもほとんどの作品には、もう誰が何と言おうと「よく作ってくれました」という「敬意」しかありません。2時間の映画と、夢をありがとうございました、と。

 誰もがそういう「逃げ場」を必要としているんじゃないかな、と私は思います。
 べつに映画館だけの話ではありません。ギリギリの気持ちを抱えて、逃げるように駆け込んで行く場所です。誰かにとってそれは図書館かもしれないし、近所の駄菓子屋かもしれないし、友達の家かもしれない。誰もこない川原とか、海岸とか、山とかかもしれない。
 そこに逃げ込むと安全で、守られて、一時的だけど、辛いことを忘れられる。そんな場所です。

 そんな逃げ場などない、と言えるのは強い人なのかもしれませんね。それが良いのか悪いのかわかりませんけれど。

 私は今でも「あーどうしようかな」と途方に暮れる時があります。そんな深刻なことじゃないんですけど(笑)。でもそういう時は自然と映画館に足が向きます。そしてその時やっている、ちょうどいい時間の映画を見ます。
 お気に入りの席について(定位置があります)、ボンヤリしながら上映を待ちます。もちろんトイレは済ましてあります。やがて暗くなって、スクリーンのサイズがちょっと変わって、映画が始まります。主人公と一緒になってあれこれしているうちに、自分の「どうしよう」と思っていたことが、どこか別の世界の何かに思えてきます。

 やがてエンドロールが終わり、場内が明るくなると、夢から覚めた気分で会場を出ます。皆が出るのを待ってからですが。
 映画の中で誰かが言ったこと、したこと、そのときの風景、何気なく目に入った小物、わずかな音、そんなささやかな何かが、心に残ります。そしてちょっとだけ元気になった気がして、映画館を出ます。

 基本、子供の頃と同じなのですね。やっていることは(笑)。
 それが「ただの現実逃避だ」と言われれば、その通りですね。でも時々現実逃避することで何とかやっていけるのだとしたら、それはそれで悪くないと私は思います。

 というわけで蒼井優さん、ありがとうございました。

 最後に1つ、キリスト教ブログらしいことを書きましょうか。
 現実逃避が過ぎて、自分の精神世界に唯一の平和を見出すようになると、それはクリスチャン的には「グノーシス主義」の危険信号です。
 私の場合で言えば、映画館に閉じこもってもう外に出たくない、いや、自分の精神はいつだって映画館の中にあるんだ、いや、私にとって真の現実とは心の中の映画館の中なんだ、みたいに言い出したら、それはグノーシス主義に陥ったということです。

 その時はどなかた助けて下さいね(誰も助けないって笑)。

6 件のコメント:

  1. 確かに映画を見て「駄作」と思う事はないですね。自分に合わない様な映画でもどこかしらに「良い」所があったりして、心が持っていかれます。
    映画と言えば思い出があります。私が子供の頃、近所の映画館(今はもう無いです。)に、良くクリスチャンになる前の身内が連れていってくれました。私は本当に子供だったので、映画の内容はほとんど理解が出来なかったのですが、とにかく一緒に出掛けれるのが嬉しくてついて行きました。私の今好きな映画や本は、全てその頃見た物の影響です。理解は出来なくても、断片的に覚えていて今でも昔の映画を良く見ます。それが唯一自分と身内残された思い出の様な気がしています。

    返信削除
    返信
    1. 身内の方との映画、メビウスさんにとって良い思い出なのですね。映画の内容がわからなくても、一緒に行ったその楽しさやワクワク感が今でも心に残っているのだと思います。
      そういうささやかな、でも忘れられない思い出が、今の私たちを作っているのかもしれませんね。

      削除
  2. フミナルさんは映画館が逃げ場だったんですね。私は図書館でした。高校のとき不登校で図書館に逃げ込んでからですかね。本に囲まれてると落ち着きます。
    今気づきましたけど、私には図書館があったから、逃げ場所としての教会は必要なかったのかもしれません。
    だから、教会なんか行かなくてもいい、教会なんかいらんとエラソーに言えてたのかなあ。

    教会に通っている人にとっては、教会が逃げ場になっているところもあるんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 図書館もいいですよね。わかります。静かで、本だけあって。私も時々行きます。
      教会が逃げ場になっているという人もいますね。家や学校(職場)に居場所を見出せなくて、教会に入り浸っている人がいました。その人にとって大切なのは(たぶん)信仰とか聖書の話とかでなく、そこにいる人々だったんだと思います。

      削除
  3. こんにちは。蒼井優さんの言葉は心の底からの言葉なのでしょう。
    なので多くの方が感動したのでしたのでしょう。
    心の底からの真実の言葉か否か。
    クリスチャンが偽善者と言われがちなのは
    それが根本にあるかも。
    教会員の減少で少しでも会員数増やさなければ
    教会存続の危機にありますから 
    本当にその人の事を思って親切にしてるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      クリスチャンには親切な人も多いと思いますが、一方で「クリスチャンならこういう時にこう言わなきゃ」みたいなプレッシャーみたいなものがかかっていて、結果的に、心にもないことを言ってしまうことがあると思います。そういうのが偽善的に見えるのかもしれませんね。

      削除