2018年3月20日火曜日

「牧師先生」ってそんなに偉いんですか?

 もう何年も前の話ですが、ある国に旅行をしました。
 アジア圏ですがプロテスタントが盛んな国です。メガチャーチがいくつもありましたから、順番に回って、見学させてもらいました。
 あ、旅行でなく、教会の「研修」でしたね。

 ある教会はさながらオフィスビルみたいでした。施設内に一般のコーヒーショップが出店しているくらい大きかったです。
「副牧師室」なる部屋もあるんですが、もう部屋と言うよりオフィスでした。一般的な大企業の、ガラス張りのオフィスを想像してもらった方が正確です。
 そして牧師室。まさに昭和の社長室の雰囲気でした。高級そうな絨毯、革張りのソファ、壁一面の書棚、奥にはこれまた高級そうな執務机。
 牧師がソファに座ると、きっちりスーツで決めた女性が、お茶をお盆に載せて現れます(秘書のようでした)。私たちは緊張しつつ向かいに座っています。牧師は客人である私たちに柔和な笑顔を見せてくれました。しかし秘書に向き直ると突然、眉間にシワを寄せて、厳しい口調で何か言いました。言われた秘書は慌てた様子で、駆けて行きます。どうやら粗相があったようです。私は全然気づきませんでしたが。

 後から聞いたところによると、どうやらお茶がぬるかったようです。それで淹れなおして来いと怒られたんだ、と。
 日本では考えられない光景じゃないでしょうか。

 その系列の日本人教会にも行きました。
 さすがにオフィスビルではありませんでしたが、立派な建物です。日本だったら間違いなく「大きな教会」に分類されるでしょう。
 ちょうど礼拝の日で、二百人くらい集まっていました。せっかく日本から来たということで、私たちは一曲披露させてもらうことになりました。でも全員舞台に上がるので、写真を撮る人がいません。ちょうど近くに(現地の)日本人牧師がいましたから、私は「写真撮ってもらえませんか」とデジタルカメラを差し出しました。
 その牧師は一瞬、表情が固まりました。が、すぐ「いいですよ」と笑顔で受け取ってくれました。その一瞬の変化が気になりましたね。でも考える間もなく、舞台に上がりました。

 歌っている最中、私はその牧師を目で追いましたが、写真を撮る様子がありません。何やってんだと思いましたが、別の女性が私のカメラをこちらに向けています。どうやらその牧師が渡したようでした。
 でも牧師はただ座って、腕を組んでいるだけです。忙しい様子はありません。
 それで、あの表情の意味がわかりました。牧師は写真など撮らない。そんな雑用は牧師の仕事じゃない。そういう認識だったのでしょう。

 その国では牧師が異様なほど畏れられていました。
 牧師が移動する時は、まわりに何人ものスタッフが付きます。牧師のためにドアを開け、傘を差し、ペットボトルの水を渡し、耳元でスケジュールをささやきます。では牧師は何をするかと言うと、だいたいふんぞり返って座っているだけです。
 もちろん、私が見た限りのことですけどね。

 こういう風景は最近日本でも見られるようになりました。
 ある牧師は言います。
「会堂の空調は、牧師の体感に合わせろ。牧師は照明を浴びてメッセージするから暑いんだ」
「相談があってもいきなり来るんじゃない。まずメールでアポを取れ」
「牧師は神の声を聞くのに忙しいんだ。余計な雑用をさせるんじゃない」
「牧師からの電話には3コール以内に出ろ。牧師を待たすんじゃない」

 もちろん、そんなのは一部の牧師だけだと思うんですけどね。
 それにしても、牧師ってそんなに偉いんでしたっけ?
 信徒を召使のように使い、気に入らなければ罵倒して、そのくせ外部の人間にはいい顔を見せる。そういうのが「羊を養う」ってことなんでしたっけ?
 私は違和感しかないですね、そういうの。

 それがキリスト教なんだったら、みんな牧師になった方が得じゃないでしょうか。
 一般の信徒が1人もいなくて、みんなが牧師という教会。
牧師A「おい、冷房の温度をもっと下げろ。こっちは暑いんだ」
牧師B「うるさい。神の声に集中できないだろ」
牧師C「こっちは寒いんだ。誰か冷房を止めろ」
牧師D「求めなさい。さすれば与えられん。神が今そう語っておられる」
牧師A「そんなことより誰か冷房を下げろ!」

 そういう教会だったら、べつに牧師が偉そうにしてても文句はありません。
 絶対に行きませんけどね、そんな教会(笑)。

8 件のコメント:

  1. ルターの著作に、ルターが「ドイツ国民のキリスト貴族にあたう」というのがあります。この著作は世界の名著シリーズの「ルター」、古本で手に入ります、に載っているので読むことができますが。
     ルターはこの著作で万人祭司説を主張しています。一言で言うと、キリスト教徒はみんな、神に仕えて儀式を行う祭司ですよ、神の言葉を語る預言者ですよ、人民に尽くす王様ですよ(ルターの時代は人民主権ではなかったので)、と言うわけです。これがルターの言う宗教改革の本質だと思います。
     ルターの刺激的な言葉をいくつか引用します。
    「洗礼によってあらたに生まれたところの人は、すでに司祭、司教または教皇として聖別されているのだと自負してもさしつかえありません。」
    「靴屋、鍛冶屋、百姓はおのおのが自分の職務とわざをもち、しかも同様に司祭または司教として聖別されている。」
    牧師が、宗教改革当時の、教皇や大司教になっているのですね。
    もう一度、新宗教改革が必要ですね。

    返信削除
    返信
    1. 新宗教改革、私も必要だと思いますね。
      とにかく暴君みたくなってる「牧師先生様」は、看過できない教会問題になっていると思います。時流に合わせて、人権擁護の基礎についてクリスチャンもちゃんと学んでおくべきかと。

      削除
  2. うちの教会で信徒の姉妹が結果、世で言うできちゃった結婚になった。その沖縄の沖縄市にある女性牧師の教会でその姉妹は公開処刑のようにみんなにあやまされた。このおめでたい事態を牧師は悔い改めなければならないと言い張って。。。けど、そこの男性副牧師は教会内でその昔信徒に手をだしたというのに。みんなの前で懺悔はとわれなかった。やったことは同じで信徒の女性は身ごもったけど、ちゃんと結婚したし、その副牧師は手を出した人以外の信徒と結婚したけど、やってることと、言ってることがハチャメチャ。牧師って牧師に甘いのよね。自分の評判ばかりを気にして。

    返信削除
    返信
    1. その教会のことは知っている気がしますね。やはり身内である副牧師には甘く、一般信徒には厳しいということでしょうか(違っていたらすみません)。
      いずれにせよ差別も甚だしいと思いますね。

      削除
  3. 牧師先生、って呼ぶのに疑問です。
    牧師、または、先生、でいいのでは?と思う韓国人教会に通う日本人です。

    返信削除
    返信
    1. 「牧師先生様」とか呼ぶところもありますね。言うのが面倒臭い感じですが。
      一方で若い牧師のことを「○○くん」と呼ぶところもありますから、いろいろなんですね。

      削除
    2. 彼らは先生ではありません。〇〇牧師でよくない?だから勘違いするんだよな、なんであんなに偉そうなんだろう?

      削除
    3. 韓国系はもれなく「先生様」ですね。それに感化された日本人牧師も同様に偉そうになっていきます。とんだ勘違いだと思いますが。

      削除