2018年2月18日日曜日

クリスチャンは他宗教の人を「論破」すべきですか?

脳内BGMが尾崎豊だった頃に受けた宗教勧誘

 その昔、学生時代のことです。
 柏駅南口の広場でボンヤリしていたら、見知らぬ人に声を掛けられました。
「あなたの幸せのために、祈ってもいいですか?」
 変な宗教の勧誘だと思ったので無視しましたが、割としつこく尋ねてきます。腹が立ったので、「自分のために祈れば?」と返してその場を去りました。

 ちなみになぜ駅前でボンヤリしていたかと言うと、一口に言って「青春」だったからです。
 学校の帰り道の夕方、急に黄昏たくなって、駅前のベンチに座ってみました。脳内BGMが尾崎豊になっていた、と言えば察しのいい人はわかってくれるかもしれません。15の夜とか I Love You とか聴きながら、ひとり勝手にしんみりしていたわけです。あー恥ずかしい(笑)。

 それはいいとして、思えば当時、その手の宗教勧誘にやたら遭遇しました。
 自宅に「エ◯バの証人」がやって来て、興味本位で話を聞いたら、その後頻繁に来るようになりました。また友人が「幸◯の科学」に傾倒していて、何度も教団施設に連れて行かれそうになりました。バイト先のおばさんは天◯教でした。休憩時間によくわからない話をいろいろされましたね。

 宗教やってる人って意外と多いんだな、と思いました。実際には(日本では)それほど多くはないと思いますが。
 ちなみにそういう自分も、程なくしてキリスト教に入信したんですけどね。

 宗教勧誘について、皆さんはどんな印象を持っておられるでしょうか。
 たぶん、あまり良い印象はお持ちでないと思います。胡散臭さが先に立つのではないでしょうか。
 私も前述の「エ◯バの証人」の話を聞いた時、ほとんど瞬間的に「嘘っぽいな」と思いました。だからその後訪問に来られても、居留守を使うようになりました(まだ高校生でしたので、面と向かって断ることができなかったのです)。そのうち、来なくなりましたが。

クリスチャンは、他宗教を論破すべき?

 教会生活にどっぷり浸かっていた頃、牧師がこんな話をしていました。
「エ◯バの証人の信者がやって来たから、コテンパンに論破してやった。相手はぐうの音も出なかったよ」
 嬉しそうに勝ち誇っていました。クリスチャンなら敵を倒して当然だ、みたいな言いっぷりです。当時の私も、「危険な異端宗教なら論破して当然だ」と同意しました。

 しかしそれから年月が過ぎて、今はちょっと考え方が変わっています。

 実際に「エ◯バの証人」の方や、他の宗教の方とも会ってみてわかったのですが、礼儀正しい人もいますし、ちゃんと話が通じる人もいます。中には変な人もいるのでしょうが、私は会ったことがありません。だからさほど嫌な印象はありません(その教えに同意できるという意味ではありませんよ)。
 むしろ彼らに比べたら、キリスト教の「熱心な」人たちの方が、よっぽど話が通じない気がしますが(笑)。

 彼ら、たとえば「エ◯バの証人」の方々は、本当に、私たちが論破すべき相手なのでしょうか? 彼らは論敵である前に、私たちの隣人なのではないでしょうか? なぜ初めから「攻撃対象」になっているのでしょうか?

 そのあたりが、あまり考えられていない気がします。皆さんはどう考えられますか。

上から説教、一緒にお茶、さてどっち

 上記の牧師のような「武勇伝」は、今もけっこう聞きます。

「エ◯バの証人が教会に来たから、説教してやった」
「あの人たちには◯◯という論法で攻めればいい」
「下っ端じゃ話にならないから、偉い奴を連れてこいと言ってやった」

 何の自慢だろう、と私は思います。論破したり、貶めたり、やっつけたりしたことが、そんなに嬉しいのでしょうか。子供のケンカみたいに聞こえますが。

 確かにその手の宗教の教えには、(特にキリスト教から見て)おかしなところが多々あると思います。教義的に容認できないのもわかります。「間違いを正してあげよう」というのが悪意でないのもわかります。

 でも相手が同じ人間であることも、忘れてはなりません。
 クリスチャンだから偉いとか、立場が上だとか、そんなことは一切ありません。キリスト教が世界宗教だからと言って、あなたが世界レベルなわけではないでしょう。

 また、キリスト教が他の宗教に勝っているわけでもありません。歴史があろうがなかろうが同じ宗教です。そして信じる者にとって、それぞれの宗教は大切なものなのです。信じる自由、教義を主張する自由が皆にあります。

 そのへんを勘違いするから、上記のような子供のケンカになるんだと思います。
 いつからキリスト教が「上」になったのでしょうか。いつから他宗教を制圧していいことになったのでしょうか。そのへんを牧師が率先して勘違いしているとなると、これは問題ではないかと私は思います。

 さて、冒頭の話に戻りましょう。
 今、私があの柏駅前でボンヤリしていて、「あなたの幸せのために、祈ってもいいですか?」と聞かれたら、どう答えましょう。「その前に、あなたはどんな宗教を信じているんですか?」と聞き返すかもしれません。無下に断ったり論破したりするのでなく、対話を試みるかもしれません。
 それでも相手が(対話でなく)しつこく勧誘してきたら、それは私の問題ではなく、相手の問題ですね。対話にならないなら、それ以上はお断りするしかありません。

 と、そんなふうに私は考えています。
 最後に質問です。

「エ◯バの証人が教会に来たから説教してやった」という牧師の教会と、「エ◯バの証人が教会に来たから一緒にお茶しました」という牧師の教会があったら、あなたはどちらに行きたいですか?
 私は断然、後者に行きたいですね。

6 件のコメント:

  1. 私は、エホバでもキリスト教でも天理でも創価でも
    信念のもとに生きている人はかっこいいと思いますよ
    その信念がふらふらしている人が、他勢力を論破しようとしてるんです

    つまり宗教構成員の大半は雑魚
    だからこそ、極めて低確率ながら出会う「ホンモノ」には
    心底濡れます

    「ホンモノ」の人は、生半可なレベルじゃないんです
    「敵を愛しなさい」という教えを常に実行できる・・・
    私が見た中ですごく戦慄したのは、
    都心部のとある場所でヘイトスピーチを繰り広げていた集団に
    出くわしたときのこと・・・
    明らかにヘイトされる側の立場と思われるある女性が
    目に涙をためながら彼らに走り寄り、花束と手紙を渡そうとするのです
    私は思いました
    「殴られるぞ・・・」
    恐怖のあまり私はその場から逃げてしまいましたが・・・
    わたしはあの女性のようなことはできない

    むしろ知らんうちにあの恐ろしい群衆と同じことをしていたのではないか、と
    戦慄を覚えました
    東京に遊びに行って、こんな自分の知らない現実を見るなんて・・・
    キリストにせよエホバにせよ、集団で狂いやすい人間の性質を
    集団自体が理解しているでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. エ○バ等の宗教団体がカルト的であり、そこで実際に被害に遭っておられる方々がいるのを承知で、当記事を書きました。当然ながら、反社会性の強い宗教団体は糾弾されるべきです。また被害者は保護され、救済されるべきです。
      それは大前提としてあります。

      そのうえで記事にしたのですが、やはりどの宗教団体の人であれ、立派で誠実な方々はいます。他宗教を尊重し、対等に人間として付き合える人たちがいます。匿名様のおっしゃる「ホンモノ」とは、そういう人々のことだと思いますね。

      それに比べて、キリスト教だからと言って他宗教を何でもかんでも論破しようとする人たちは、人間性において劣っているのではないかと私は考えています。

      削除
  2. 理路整然と学問的真理を語る人は、正しいことを言っていても信頼されません。
    言っている事は、無茶苦茶でも情熱的な人に惹かれるのです。
    営業の基本です。
    政治も宗教も同じです。
    冷静に長時間かけて内容を吟味する人なんて少数派です。
    だから、伝統的な宗教は魅力が無いんです。
    傍目には目いっぱいインチキ臭くても「治ります」「解決します」と断言する教祖が人を集めるのです。
    対人関係の距離感が疎遠になった日本人に、昭和的日本人の感性で教祖がグッと寄ってきて「あなたの為です。本気で祈れば治ります」と言って目の前で祈祷でもされた日にはメロメロです。

    返信削除
    返信
    1. カリスマ性の高い人、スピーチが上手い人、巧みに大衆を扇動できる人は、そのへん有利でしょうね。話の論理性や現実性より、いかに情に訴えられるかが勝負みたいですから。

      ただし、本当に大衆のことを思っているかどうかは別問題です。本当はそこが一番大切だと思うのですが。

      削除
  3. 論争は大好きです。
    論争の基本は質問にあります。
    質問の基本は、この3つ。
    1,自分と同じ趣旨なら、相手がもう少し言い足りないところ、申し少し言いたいだろなということを質問する。
    2,自分と全く違う趣旨のことを話した場合、無視すべき内容ならば、取るに足らない内容ならば、質問はしない。時間の無駄だからである。
    3,自分と異なる内容で論破すべき内容を話した場合は、ノーコメントと回答するだろう質問、または誤魔化して回答するだろう質問、または真っ向勝負で回答するだろうが、明らかに珍回答をするだろうと予想できる質問を行う。回答した後で、または回答を留意した後で、後悔するような内容の質問を行います。
    もっとも、自分は・・・考えておりますが、どうですか、というように自分の意見を先に言いますが。
    先日も、あるバプテスト教会の牧師さんと話した際に、バフテスト教会では、またはあなたは死んだらどうなると言っておられますかと質問しました。キリスト教徒以外のイスラム教徒や仏教徒、また無神論者などはどうなりますか、と尋ねました。
    一般的には、プロテスタント教会では、死んだら眠りについてさいごの審判を待つことになっているのではと尋ねました。
    彼は、「ルカ福音書23章43節に書いてある。一緒に天国に行くと」と答えましたね。
    「ということは、2審制で、次の審判はさいごの審判の時ですね。」と尋ねると、
    最後の審判は、再確認で、天国に行った人は追い出されることはない、と答えました。
    「つまりは、死んだ人は。みんな天国に行くことになっており、最後の審判で追認されるわけですね。」と確認すると
    「・・・・・」「それなら、最後の審判などはいらないわけですね、」と尋ねると「最後の審判はあります」という回答。
    僕より一回り年上の牧師さんなので、「僕も万人救済説論者なので、賛成です。」と言って、これ以上質問をするのをやめました。
    こういう質問は、上の3つの質問のどれにあたるのでしょうかねえ。

    返信削除
    返信
    1. kametaniさんには是非、「エ○バを論破してやった」と豪語する人たちを逆論破してきてほしいです笑

      削除