2018年1月25日木曜日

クリスチャンの結婚って、「神の導き」なんですか?

導きを求めるべき? 求めないべき?

 当ブログでたびたび書いているトピックですが、「神の導き」についてまた書きます。また書きたくなってきました(笑)。

 さっそくですが、

「神の導きを求めます」
「神の導きに従います」
「神が導かれるなら◯◯します」

 みたいなことを言う人がいますね。敬虔そうな態度に見えます。いや、たぶんその人自身は敬虔なのだと思います。実際のところはよくわかりませんが。

 ある時、あるクリスチャンの方に、「◯◯するのはいかがですか」と勧めたことがあります。答えはこうでした。
主の導きならば、そうしますね
 私は「わかりました」と言って会話を終わりにしましたが、もう二度と言うまいと決めました。
 導かれないならしないんですか?
 あなたには意志とか願望とかないんですか?
 と思ったからです。

 べつに「導き」を口に出すのが悪いのではありません。その人がやりたいのか、やりたくないのか、聞きたかっただけなのです。だから適当にはぐらかされた感じがして、それが正直不快だったのですね。もしかしたら「やりたくない」というのを「導きならば」に置き換えただけかもしれませんが。

 でも別の日にその人と食事に行く機会がありましたが、行くか行かないかで祈った様子もなく、メニューを選ぶ時に祈った様子もなく、私が奢ったことで葛藤した様子もありませんでした。
 また別の日、礼拝中に代表の祈りを指名されると、即座に祈っていました。何を祈るべきかと、「導き」を求めた様子がなかったです。

 どうやらその人には、「導きを求めるべきレベル」のものと、「導きを求めなくていいレベル」のものとがあるようでした。このラインを越えたら「神の導き」を求める。ラインを越えないものは自分の好きにする。みたいな。
 であるなら、そのレベル、あるいはラインは、いったい誰が決めたのでしょう。神様? あるいはその人?

 そのあたりが大いに疑問なのですが、誰か教えていただけないでしょうか(笑)。

 結婚も神の導き・・・?

 この手の「神の導き」を、自分の結婚にまで持ち込む人たちがいます。

「結婚を願っていますが、神の導きに委ねています」
「神様が備えた相手がいるならば、結婚したいと思います」
「結婚は神様からの贈り物ですから、私の願いではありません」

 なにやら理想の結婚観があるみたいですね。
 旧約聖書の、イサクにリベカという結婚相手が(神によって)備えられていた、というエピソードが影響しているのかもしれません。
 気持ちはわかりますけれど、なんかモヤモヤします。

 結婚の習慣は時代や文化によっていろいろでしょうが、おそらく創世記の時代から近現代まで、日本で言えば昭和初期あたりまで、結婚は親や親戚が決めるのが主流だったはずです。「お見合い」は親や上司がセッティングするものでした。本人たちの意思はほとんど関係ありません。言われた相手と結婚し、いろいろあっても忍耐して、生涯を一緒に過ごす。それが長い間の「結婚観」だったのですね(念のため書いておきますが、例外もあったと思います)。

 過去のクリスチャンたちもそれは同じで、基本的に、親に当てがわれた相手と結婚していました。自分の意思ではありません。だからこそですが、「この人は神様が備えて下さった人なんだ」と信じるようになったのだと思います。頑張ってもどうにもならない、ほとんど運命とも言うべき事柄だったので、「神様の言う通り」と考えたのではないでしょうか。

 ですが、今はそういう時代ではありません。
 いまだ親の都合で結婚する人もいるでしょうが、ほとんどの人は違います。いわゆる自由恋愛で結婚します。
 昔と違い、結婚はほとんど自分の意思でコントロールするものとなったのです。

 だからでしょうが、何を基準に結婚したらいいのか、どういうタイミングで結婚したらいいのか、よくわからなくなっている面もあると思います。昨今の生涯未婚率の上昇は、それを物語っているのではないでしょうか。男性の4人に1人、女性の7人に1人は生涯未婚というデータもあります(2015年)。もちろん低賃金とか非正規雇用の増加とか、そういった社会情勢も関係あると思いますが。

 私の知っている限りでは、教会にも独身の方が多くいらっしゃいます(独身が悪いという話ではありません)。
 教会を一種の「社交サークル」と見るならば、出会いの場として機能する気もします。ですが聖書的(?)倫理観や貞節、純潔といった縛りが強いからか、なかなかそういう場にならないみたいです。その昔は周辺教会の男女をマッチングしてくれる「お局様」もいましたが、今はほとんど聞きません。未信者との結婚を良しとしない雰囲気も、結婚が進まない一因でしょう。教会内の男女比の差も大きいですし。

 という背景が、結婚を願う人たちの混迷を深めていると思います。どうしたらいいかわからない、みたいな。
 そしてわからないから、「神様が導かれる」「神様が備えておられる」「結婚は(神様からの)贈り物だ」みたいに、考えたくなるのかもしれません。

 ですが今の時代の結婚は、自分で考えなければ進みません。親も誰もセッティングしてくれず、ある意味誰からも強制されないものとなったからです。するもしないも(様々な事情があるでしょうが)自分と相手次第です。

 先輩であるクリスチャン夫妻たちの中に、「神様の不思議な導きで結婚しました」というケースがあるでしょうか。もしあるとして、それは本当に「不思議な導き」だったのでしょうか。「後付け」で何とでも言えるものではないでしょうか。

 もちろんですが、これは「結婚しなければならない」という話ではありません。独身は全然悪いことではありません。ただ結婚を願うならば、意識するならば、「神の導き」でなく自分で考えましょう、という話です。

結局、「神の導き」って何なの

「人生で起こったことは全て神の導きだ」という考え方もあると思います。人生は全て「偶然」でなく、神による「必然」だと。
 ですがその場合、悲惨な事故や事件に巻き込まれたり、酷い目に遭ったりしたことも全て「神の計画」だったことになります。あなたの神は、災いをもたらす神なのですね。

 あるいは良いことだけを「神の導きだった」と言う人がいますが、良い悪いを自分が決めている時点で恣意的です。自分にとって良いことが、皆にとって良いこととは限りません。

 あるいは、ある事柄で「神の導き」を求めるのは、良いことなのでしょうか。選択肢がいくつかあって、どれが良いのか神様に尋ねるのは、良いことなのでしょうか。

 私はそれは、神を都合よく利用することだと思います。
 選択に失敗したくないから、最善の選択をしたいから、つまり自分が得をしたいから、「全知全能」なる神のアンサーを聞きたいのです。「あみだくじ」のゴールを知っているであろう神に、「事前に」聞いておきたいのです。

 でもそれらは全部、自分で悩んで考えるべき事柄です。自分自身のことなのですから。正しいかどうかわからないけれど精一杯考えて選択し、ドキドキしながら成り行きを見守って、その結果をも受け入れるべきです。神のせいにも、誰かのせいにもしてはいけません。

 じゃあ結局「神の導き」って何なの、という話になるでしょう。
 でもそれが簡単にわかるなら誰も苦労しません。私もよくわかりません。でも少なくとも私は、「この選択肢のどっちを選ぶべきでしょうか」みたいな祈り方をして、神を利用しようとは思いません。また、よくわからないのに「導きとはね・・・」と語ろうとも思いません。

 まあ正直なところ、「神の導き」なんて難しいことは言わない方がいいと思いますね(笑)。
 皆さんはどうお考えでしょうか。ご意見あればお聞かせ下さい。

11 件のコメント:

  1. >もしかしたら「やりたくない」というのを「導きならば」に置き換えただけかもしれませんが。

    もしかしなくても95%以上の高確率で、やりたくなかった、に決まりです。
    婉曲なお断り、というより、

    私には神様がいるの
    全部神様の導きで生きているの
    だからあなたごときが私に、気安くものを頼まないでちょうだい

    くらいのニュアンスです。

    結婚も然り。

    その敬虔なひとが張った結界を破って間を詰めることができる、
    線審にオフサイドの旗を出されても無かったことにできる程の兄弟(姉妹)でなくては、

    今時の結婚はおぼつかないのです。

    でも、結婚が信徒の義務ではないことは、コリント第一7章7-8節が示すとおり。
    それを早く与えられますようにとか抜かして結婚を煽る信徒や牧師のいる教会なんぞ、

    くそくらえです。

    返信削除
    返信
    1. 95%の確率で決まり、と断言できるのがすごいですね。
      そんなに私の個人的なことに詳しいのでしょうか?

      削除
    2. あなたの個人的なことなんか知らないわけですが、残りの5%でお願いは聞いてもらえたのですか?
      あなたが、その立場になったときに、そう言わないと言いきれますか?
      「主の導き」って言葉、都合のいい盾ですよね。

      もっとも、自分の言葉ではなく、聖書の言葉に準じてものを言わなければならない、福音派を名乗る新興宗教系プロテスタント信徒の性と言われれば、残念と言うしかないのですが。

      削除
    3. 知らないことなのに95%の確率で決まり、と言うのは無責任ですね。そういうのはやめた方がいいと思いますね。

      削除
    4. …ものの例えです。
      しかも貴兄は、その「神の導き」と言われて憤られたのだから、てっきり苦笑いしてくれるものとばかり。

      不快にさせたことはお詫びします。

      削除
  2. カトリックの場合、教会法があって、婚姻は秘蹟とされていることもありなかなかたいへんですね。もっとも信者がどれだけ教会法を守っているかどうか、教会法なんかあることも知らない信者もおりますね。カトリック教徒同士だと、一方がカトリックの場合も、長い場合は1年程度、結婚に向けてあれこれ教育を受けることになっていますが、現実はほとんどそんな教育は受けていないでしょう。
    神父さんもそんな教育を長々と施している暇がないというのが実態でしょうね。
    なお、教会法によれば、離婚という考えはなく、婚姻無効訴訟を司教に(教区のエライサンですね)申し出て、教会が裁判をして認めるということになりますが、実際にはそんな裁判を教会がやっているのを聞いたことはありませんね。
    教会法はあるけれど、そんな堅いことは言わんとということで、ええ加減に済ましているというのが実態ではないでしょうか。
    今の教皇様も、離婚した人には優しくしてあげなさいと言っているくらいですから。

    返信削除
    返信
    1. いつもカトリックの事情を教えてくださり、ありがとうございます。

      プロテスタントの教会でも、結婚カウンセリングなるものを何ヶ月か受けさせるところがあります。受けないと式を挙げてもらえないので、事実上の強制なのですが。
      でも(少なくとも日本では)結婚について教えられる機会がなかなかありませんので、それはそれで良いことかもしれません。

      削除
  3. 決断できないクリスチャン。いやなことは導きなら。。と濁し、良いことも神様に聞いてみます。という。いったい何が神の導きなの?聖書に書いてあるじゃん。聖書的であるなら、それが神の導きなんじゃないの?結婚も自分で決めきれないクリスチャンに伝導なんかできるのかしら。自分の欲でやったことも神様の導きで。。。と言い張れる図々しさは、へりくだりに見える高慢よ、高慢にみえてへりくだりな人もいると思うけど。。。皆さん、見極めましょう。。。

    返信削除
    返信
    1. 「導きならばします」というのは都合のいい言葉だと思います。敬虔そうに見えますから。
      それでいて自分のやりたいことをする時は堂々と「導かれました」と言います。そして逆に嫌なこと、気が進まないことは「導きを感じません」とか言って逃げます。
      全部導きのせい、神のせい、というわけですね。正直気持ち悪いです。

      削除
  4. 私の結婚のお話ですが、私は家内を「いい女」だと思って狙いましたが(笑)(あくまでも私の主観ですよ)、家内は「神の導きがどうの、御言葉がどうの」と言っていましたね。

    福音派系の教会では、神の御心が第一であると教える所が多いので、そう言う思考になるのでしょうね。

    結婚当初は色々言われましたが、でもまあまあ入信から年月も経ているので知恵も回って(笑)、よく解らなくても分かった振りをして合わせていれば満足しているので、それでよしとして来ました。

    今ではお互いに「自分と家族が一番」なので、楽になりましたよ。
    あらゆる重要な選択の機会に、自分の考えや意思を優先しなくてどうするの?と思いますね。

    取って付けた「導き」は要らないです。

    返信削除
    返信
    1. ご夫婦で互いに「自分と家族が一番」と言い合えるようになって、よかったですね。それが一番幸いなことだと思います。

      削除