2017年3月9日木曜日

「教会を出た人」って何

 驚くべきツィートを見てしまったので貼っておきましょう。

https://twitter.com/Santou/status/838769129167343616

「教会を出た人の話を聞いても意味がない」ということでしょうか。「(それに)どれだけ振り回されてきたことか」というのがその理由のようです。「教会を出た人」にたくさん振り回されたから、「もうそんな連中の話は聞かなくていい」ということらしいです。
 皆さんはこれを読まれてどう感じたでしょうか。

 私はかつてものすごい原理主義者で、教会運営にも関わっていました。だから、この人の言わんとすることはわかります。「教会を出た人」の中には「変な人」もいて、あることないこと、教会の文句を言いふらす場合があるわけです。それが的を射た指摘であるなら別ですが、なんの根拠もない、あるいは真実でないことが語られることがあり、教会としては正直言って「迷惑」なのです。だからそういう話「だけ」を聞いて教会についてあれこれ推測されても、まあ困るわけですね。

 それはわかります。

 でも、「教会を出た人」(なんかこの表現自体が差別的な気もしますが)について語るとき、絶対に外してはいけないのが次の点です。

①「教会を出た人」を一括りにしてはいけない

  もちろん、教会について全く真実を語らない「変な人」たちの話をマトモに聞いても、仕方がないでしょう。彼らは悪意をもって教会を貶めようとするので、 どちらかと言うと、教会が戦わなければならない相手です。
 ただし、一個人があれこれ言いふらすのは限度があるし、そういう人は見るからに「変な人」だとわかるので、そもそもの話、さほど相手にする必要がないのもまた事実です。要は「ほっとけばいい」わけです。そういう人の話「だけ」を聞いて「じゃあその教会は悪い教会なのかも」と早急に判断する人がいるとしたら、それはその人自身の問題でしょう。一方の意見だけ聞いて何かを判断するのは、あまり良いことではないからです。

 しかし「教会を出た人」は、そういう人たちばかりではありません。いたって「常識的な人」たちも含まれています。だから「教会を出た人の話を聞いても意味がない」というのは、明らかに言い過ぎだと私は思いますね。ちなみに「教会を出た人」という、どこか差別的な、落伍者的な表現を使うのもどうかと思います。あくまで「内側からの視点」しか持ち合わせていない証拠ではないでしょうか。

 で、「教会を出た人」の中には、常識人もいます。
 いくつかパターンが考えられますが、たとえば就職は転勤や入学(卒業)等で、「その地域を離れることになった人」たちがいます。彼らは当然ながら、べつに教会を出ようと思って出たわけではありません。彼らは通常、教会について良いことを言うので、問題になることはありません。
 もう一つは、その教会の方針や考え方、運営などが「合わない」と感じた人たちです。ある程度リテラシーの高い人たちです。なんでも鵜呑みにしない、考える力がある方々というか。彼らは「教会を出る」にしても、ちゃんと挨拶するなど、筋を通したうえで「出た」はずです。あるいは筋を通そうとしたはずです。でもそういう人たちは、仮にその教会に問題があると思っていても、言いふらすことはしません。下手に批判もしません。
 教会が「合わない」と思った人のもう一つのパターンに、精神的に何かの障害を抱えている人たちがいます。重度の精神障害というより、パニック障害や不安障害、各種の神経症、各種の依存症、軽度うつ病などを持つ人たちです。障害の程度にもよりますが、教会として彼らを受け入れるには、ある程度専門的な知識が必要です。対応も慎重にしなければなりません。でもそういうのを知らない教会(牧師)だと、まあいろいろトラブルが起こり得るわけです。教会としては「できるだけの対応はした」かもしれません。しかし個々の精神障害に対する配慮が十分だったかと言えば、「受けた側」からすれば、十分ではなかったと言わざるを得ないことがあります。大いに不満が残った、という場合もあるでしょう。
 教会が「合わない」と思った人の3つ目のパターンに、本当に教会で酷い目に遭った、という場合が考えられます。被害の種類や程度は様々でしょうが、たとえば理不尽な献金を要求されたとか、差別的な扱いを受けたとか、酷くなると暴力を振るわれたとか(刑事告訴が必要なレベル)、いずれにせよ「ここはとんでもない教会だ」と言わざるを得ない人たちです。
 また4つ目の可能性として、これはきっと潜在的に多いのではないかと思いますが、「その教会で何かしらイヤな思いをした」という人もいると思います。これは明らかな被害と言うほどでなく、感情的にちょっとこじれたとか、牧師とどうも相性が悪くて疲れてしまったとか、信徒どうしで揉めて行きづらくなったとか、そういう感じ。教会批判をしたいわけではないけれど、何かスッキリしないものがある、という人たち。

 というわけで「教会を出た人」について整理すると、次にようになります。
・変な人(悪意がある人)
・その地域を離れることになった人
・リテラシーの高い人
・精神障害のある人
・本当に教会で被害に遭った人
・被害じゃないけどイヤな思いをした人

「教会を出た人」と一口に言っても、これだけ種類があるのです。他にもあるかもしれません。なのに全部一括りにして、「教会を出た人の話を聞いても意味がない」なんて、よく言えたもんだと思います。そういう意味で、冒頭で「驚くべきツィート」と表現したわけです。このツィート主のことは全然知りませんし、興味もありませんが、もし教会で指導的立場にあるなら、嘆かわしいことだなあと私は思います。

 それはともかく、これらの種類の中で、いわゆる「教会批判」をする可能性が高いのは、「変な人」と「精神障害のある人」と「本当に教会で被害に遭った人」でしょう。あと「リテラシーの高い人」と「被害じゃないけどイヤな思いをした人」も、おおっぴらに批判することはなさそうですが、やはり思うところがあるので、機会があれば口を開くと考えられます。
 それらの批判の中から「変な人」のは除外していいと思いますが、あとの批判は、無視してはいけません。なぜなら、

②「教会を出た人」の話は、教会の糧となるはず

 だからです。
 当然ながら教会は「完璧」ではないです。何かしら問題というか、課題があるでしょう。そこで「うちは完璧じゃないから」と開き直るなら別ですが、何かしら改善する余地が、どの教会にもあると思います。でも改善する余地は、中にいるとわからないものです。むしろ何が問題なのかすらわからなくなっていることが多いです。
 でも新しく来た人とか、何らかの助けを必要とする人(精神障害がある人や、深刻な悩みがある人など)とかには、その教会の「良さ」とともに、「欠け」がよく見えるものです。また長年信徒をやってきた人の中にも、ずっと何かを我慢してきた人がいると思います。
 そういう人たちの批判というか意見には、的を射たものが少なくありません。むしろかなり鋭い、本質を突いた指摘もあると思います。

 そういう指摘は、教会にとって非常に良い糧になると私は思います。改善するチャンスを得るわけですから。それを無視するのは、かなりモッタイナイのではないでしょうか。

 でも現実には、いっさいの指摘を「教会批判だ」と断罪する教会指導者が多いです。冒頭のツィートも本質的にはそうだと思います。 彼らは「教会批判は罪だ」と声高に言います。ですが、聖書のどこにそんなことが書いてありますか? あるいは聖書を都合よく解釈してませんか? いっさいの批判を受け付けないとは、教会ってそんなにエライんですか?

 そういう指導者らは、自教会でのバイブルスタディ―とか祈祷会とかの場では、「教会にも問題はあります。どうぞ祈って下さい」みたいなことを謙遜ぶって言います。でもいざ実際に問題点を指摘されると、「それは教会批判だ!」「さがれ、サタン!」などとまくし立てます。なんか、ダブルスタンダードな気がするんですが。

③「教会を出た人」という表現の背後にあるもの

 私は「教会を出た人」という表現に違和感を覚えます。
 もちろん字面の意味するところはわかります。様々な事情があって、多くの場合何らかの不満を抱えて、その教会に「行かなくなった人たち」のことでしょう。それを「出た人」と表現するのは、どこか排外的な、落伍者的な意味合いがあるように思えてなりません。

 私の知っている牧師にも、これと同じような言い方をする人がいました。彼は「教会を出た人」を、徹底的に排除しようとしました。たとえば信徒のAさんが何かのトラブルで教会に来なくなると、教会中からAさんの痕跡を消しました。Aさんが映っている写真を外し、Aさんが書いたものを破棄し、信徒どうしでAさんの話をするのを禁じました。まるで初めからAさんなんて「いなかった」みたいに。教会にいた頃は、Aさんと牧師はあれほど親しくしていたのに。

 親しい信徒、いろいろ世話した信徒、ともに苦労した信徒・・・であっても、一度揉めて教会に来なくなると、牧師にとって一気に「教会を出た人」になってしまう。
 そういう態度が何を意味するか、わかるでしょうか。
 その教会には、その牧師の「目にかなった人」しか居られないのです。あるいは誰もが、その牧師の「目にかなった人」になろうとするのです。 そうできない人は居づらくなって、教会に行かなくなり(行けなくなり)、存在を削除されるのです。それが「教会を出た人」という表現の背後にひそむ、いわば教会(牧師)の闇だと私は考えています。

④私が体験した「安心感」

 悪い話ばかりだったので、最後にちょっと良い話。
 私が一時期お世話になった某教会があります。そこの牧師を仮にB先生としましょう。B先生はまったく気取らない、いつも自然体な方でした。私はある期間、B先生の教会に通わせてもらいました。その間、個人的な話はほとんどしませんでした。何度かメールのやり取りをしたくらいです。そしてほとんど何の相談もせず、その教会には行かなくなりました。要するに私自身、「教会を出た人」になったわけです。

 それから数年後、ふとB先生の教会にお邪魔してみました。何を言われるかな、無視されるのかな、などと内心ドキドキしていたのが正直なところです。でも再会するとB先生は何事もなかったように「あーお久しぶりですー」と明るく言ってくれました。まるで昨日まで会っていたような距離感で。
 私がすごく安心したのは、言うまでもありません。B先生にとって私は「教会を出た人」ではなかったのでした。

3 件のコメント:

  1. このツイートをした人は、アメリカ生まれの新興宗教系プロテスタントの関係者のようですね。「教会を出た人の話を聞いても意味がない」は、自分に言い聞かせている部分もあるのではないのかと思いますよ。
    教会を出た人全員が心や頭が異常な人だというなら、確かに「そんな人たちの話なんか聞くことはないね」となるのはわかります。でも新興宗教系プロテスタントの関係者が一番聞きたくないし、またほかの人たちにも聞いてもらいたくないのが、客観的に見てひどい目にあった(人権侵害)という話でしょうね。
    こんな話が広まってしまうと、風評被害もいいところで、自分たちの金儲けに支障が出てくるからなのです。
    信者の人権を侵害することによって、自分たちが収益を得ているという事実が広まってしまったら・・・「そんなこと想像もしたくないわいっ!」というのが、彼らの心の叫びじゃないかと(笑)

    返信削除
    返信
    1. 元のツイートを見てきたんですが、話題になってる人は教会でていないんですよね。しかも教会批判もしてないし、なんか変ないちゃもんつけて説教してるようにしか思えないですね。

      削除
  2. 私は教会を出た人ですが、自分の知らない間に勝手に精神障害者のような人とされていました。睡眠障害はあったので通院はしていましたが、教会で積極的に活動されている医者の妻(仮にS医師夫人としましょう)が話を広めているようです。精神科の医者にS医師夫人の話をしたら「関わるのはやめましょうね」と呆れてました。なんとも変な人たちだ!!

    返信削除