2016年9月9日金曜日

祈りが「足りない」のか、他の何かが「足りない」のか・その2

 前回に続いて、「祈りが足りない」という表現について考えてみたい。

 祈りが「足りた」か、「足りない」か。それは主観の問題。
 同じような状況でも、人によって見方が変わる。神様から「これだけ祈れ」とノルマを与えられて、その達成度を表すものでもない。そもそも神様はノルマを課す方ではない。だから足りないのは「祈り」でなく、そのへんのことを「よく考えること」だと思う。
 と、いうのが前回のまとめ。

 今回はもうちょっと掘り下げてみようと思う。


■律法主義を「避けよう」と言いながら、そこに陥っているという風景

 前回も書いたけれど、「たくさん祈れば〇〇に到達できる」という考え方は、たとえば仏僧が修行して「悟り」の境地を求めるのに似ている。仏僧の場合、(よく知らないけど)滝に打たれるとか、長時間座禅を組んで瞑想(?)するとか、ひたすら読経するとか、いろいろ頑張らないといけないと聞く。私が問題にしているクリスチャン群も似たようなもので、長時間祈るとか、聖書をたくさん読んで暗唱するとか、何時間も賛美するとか、30日断食するとか、「霊の戦い」に出向くとか、そういう努力をいろいろしないと、何かを得られない。という話になっている。

 つまり、頑張って何かを得ようという考え方。

 そういうのは教会用語で「律法主義」と言う。聖書では、律法主義者たちがこれでもかってくらい批判のマトとなっている。だから指導者たちは口を揃えて「律法主義を避けなさい」と教える。しかしそのわりに、上記のように自分たちがそこにハマりこんでしまっている。という珍妙な事態になっている。

■「祈り」というより「投資」

 ここは「祈り」の原理原則に立ち戻ってみよう。
「祈り」とは、聖徒が神に「捧げる」ものであろう。そして「捧げる」とは、文字通り「捧げる」ことであろう。そこに「見返りを求める」という思惑はない。「祈る」ことで一定の「見返り」を求めるとしたら、それはギブアンドテイクの関係である。すると、神はいわゆる商売相手になってしまう。

「これだけ祈ったんだから、〇〇してくれるよね?」
「Aさんはこういう祈りをしたらこう答えられたんだって。じゃあ私がそれ以上に祈ったら、もっとすごい答えが返ってくるはずだよね?」
「これだけ祈って仕えて献金してるんだから、報いがあって当然だよね?」

 そういうのを何と言うか、知っているだろうか。「投資」と言う。投資家は誰かにお金を寄付するのでなく、有望そうな企業や個人に「投資」して、それが増えて返ってくることを期待している。「祈りの投資家」たちもそれと同じで、祈ることで神様からの特別なバックを期待している。言い方はしおらしくて、謙遜っぽいんだけど。
「もし導きなら・・・」
「もし御心なら・・・」
「もしできますなら・・・」
 そのくせ、何も起こらない、答えが返ってこない、何も与えられない、という気がすると(それもあくまで主観)、「主よ何故ですか」「なんという試練でしょう」「主は我を見捨てたもう・・・(なぜか文語体)」みたいなことを言いだす。

 そこにはそもそも、祈りを「捧げる」という概念がない。わかやすく言うと、「一方的に捧げるだけで、それでおしまい」という概念がない。祈ったからには何かあるよね? という投資的感覚から離れられない。つまり神様を「取引相手」と見ている。神様は無償の愛で一方的に私たちに救いを用意してくれたけれど、私たちは神に何かするたびに「見返り」を求めている。としたら、それは失礼なことではないだろうか。

■「祈り」にみられる「クリスチャンとしての成長」

 もう少しマイルドな言い方をすると、彼らは「お願い」系の祈りがメインになっている。ああして下さい、こうして下さい、というお願いばかり。もちろん祈りにはそういう側面もある。「主の祈り」も基本「お願い」だ。しかし「主の祈り」で言えば、あれは「私たち(我ら)」が主語になっていて、より広範なキリストの共同体、あるいは地域、あるいは国、あるいは世界の平和を祈念するという意味合いがある。個人的な「あれしてこれして」三昧とはちがう。

 とは言っても人間だれしも、何かを期待して祈るという動機はある。それが悪いのではない。お願いしたいことがあるなら、思う存分お願いしたらいい。けれどそれ「だけ」になってしまうと、自分中心な子供っぽい祈りに終始することになる。時には自分のことを離れて、他者のために祈ったり、神に栄光を帰すだめだけに祈ったりすることも、クリスチャンの成長の1つだと思う。そういう視点がなく、自分のことに終始して何時間も祈ったり賛美したりする態度が、私の言う「祈りの投資家」なのだ。

 ただし、たとえ他者のために祈っても、結果的に自分のためにしかなっていない、という事態もある。たとえば、

「昨日あなたのために集中して祈りました。すると〇〇と語られました。だから××することを勧めますね」

 みたいなことを言う人がいるけれど、結局それは、相手を自分に依存させようというのが動機になっている。つまり人々からの尊敬を集めるために、他者のために祈る、ということ。それは他者のためなんかでなく、自分のためでしかない。大人ぶった子供みたいな行動だ。

「クリスチャンの成長」を霊的なものと捉え、何時間祈れるか、上手に祈れるか、どれだけ小難しい祈りができるか、みたいな視点で評価する傾向が、一部の教会にあると思う。でもそんなのは成長とは言わないと思う。それは「成長」と言うより「上達」だろう。一般的にみても、人を騙すテクニックを身につけた子供を「成長したね」とは言わない。
 クリスチャンの成長とは、よくわからない「霊的」なものの以前に、自分のことを離れて純粋に他者のことを考えられるか、純粋に他者のために祈れるか、という人格的視点で評価すべきだと思う。

 だからその人の「祈り」をみることで、その人の「クリスチャンとしての成長」を、ある程度推し量ることができると思う。ただし繰り返すけれど、それは上手に祈れるとか、長時間祈れるとかいう視点ではない。

1 件のコメント:

  1. 成長したクリスチャンの祈りとして最高のものといわれるのは、「日本人が今以上によき仏教徒であれかし」と祈ることです。
    これでリバイバルが起こります。確実に。

    しかし日本では残念なことに、まだまだこの境地に達していないクリスチャンが大半です。「日本人が偶像崇拝の罪を悔い改めて、キリストに立ち返り、たくさんの人が教会に押しかけますように」(ちなみに「教会」とはあくまで「自分の教会」のことであって、「他者が通っている教会」ではない)と祈る人ばかりではありませんか。日本のキリスト教の現状は。
    だからこの国にはいつまでたってもリバイバルが起こらないのです。起こるはずがないでしょうが!こんな成長のないクリスチャンばかりで。自分の教会に人が大量に来る=金儲けしか考えていないようでは・・・

    返信削除