2016年4月17日日曜日

クリスチャンの「祈り」と「行動」について(熊本地震に際して)

※熊本県および周辺地域で発生した地震について、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 熊本県にはクリスチャン関係の知り合いが複数いる。地震発生翌日の4月15日の朝、私は電話連絡した(発生当時は現地の回線確保を考えてしなかった)。水俣の知り合いは無事だった。揺れはあったけれど、被害はなかったとのこと。それより熊本市内のライフラインが停止しており、飲食に事欠く状況になっていて(15日時点)、さっそく熊本市内の教会に物資を届ける手配をしている、とのことだった。

 状況が許されれば被災地に行きたいけれど、今は行ける人たちを支援することが肝要かと思う。また仮に自分が現地に行けるとしても、本当に行くべきかどうかは検討が必要だと思う。東日本大震災(2011年)の時に実感したことだけれど、現地に行くことよりも、そこで必要とされることが自分にできるか、の方が肝心だ。1人で何も持たず何の繋がりもない状態で行っても、結局邪魔しに行くことになりかねない。行くならちゃんとした情報を得て、どこに何をしに行くのか、計画してから行くべきだと思う。

 引き続き、自分にできることをしたいと思う。

 ところで早速だけれど、「祈りましょう」というクリスチャンの発言をあちこちで目にする。「何もできないけれど、祈ることはできる」という訳で、「被災地に平安があるように」みたいな「祈りのリスト」をいくつか挙げている。まあ善意によるものだと思うけれど、私にはどうも違和感がある。なんで祈るだけなの? という違和感だ。

 これが遠い海外で起きた出来事で、現地の言葉がわからず、連絡方法も送金方法も確立されておらず、文字通り「何もできない」状態なら、「祈るしかない」となるのもわかる。けれど熊本県は日本国内であって、現地にも周辺にも教会は沢山あるし、日本語も通じるし、電話も送金も荷物の配送も可能なのだ(被災地が無理だとしてもその周辺には)。
 できること、沢山あるけど? なんで祈るだけなの?
 というのが私の率直な感想だ。

 もちろん何かをしろって話ではない。同胞なんだから助けなさいって話ではない。そうでなく、「祈りましょう」と言うほどに「心が動いている」なら、当然祈る以外にも何かするはずでしょ? と思うだけだ。それが見ていると、祈ることだけで満足している。

 何のための祈りなの? それ?
 ここはとりあえずクリスチャンらしく祈っておこう、みたいな?

 あえて厳しいことを書くと、そんな祈りなら意味はない。だったら祈らない方がいい。祈る時間を使ってネットで周辺の教会を探し、電話一本でも入れる方がまだ何かの役に立つと思う。

 たぶんこれは、自分自身が被災してみればよくわかる。突然の被災で、突然の避難生活が始まり、突然プライバシーを失い、飲食に事欠き、寒く、不安で、眠れない夜を過ごす。情報はほとんど入ってこない。いろいろな人がいろいろなことを言う。配給された水や食料をもらいに行く。トイレは仮設に列を作る。洗濯も入浴もできない。仕事やお金や今後の生活がどうなるのかわからない。そんな状態が数日から数週間続く。でも徐々に生活が立て直されていき、ようやく一息つく。だいぶ経ってから、遠方の知り合い(クリスチャン)とたまたま話す機会があり、こう言われる。「あのときは祈ってましたよ~」
 その時になって気付くだろう。こいつは自分の「隣人」ではないと。

 「良きサマリヤ人」の話はクリスチャンなら誰でも知っているだろう。強盗に襲われた旅人が行き倒れていて、祭司とレビ人は見過ごして行ってしまった。けれど当時蔑まれていたサマリヤ人だけが彼を助けて介抱した。旅人の隣人は誰? サマリヤ人でしょう、って話。
 祭司とレビ人が何を考えていたかは書かれていないけれど、「きっと誰かが助けるだろう」とか、「とりあえず祈っておこう」とか、考えたんだと思う。 サマリヤ人だけが旅人をかわいそうに思い、「何かしないと」と思った。それで行動した。

 この話を読むクリスチャンはだいたいこの祭司やレビ人を「ダメな奴」と思うし、それは間違っていないけれど、一方で自分自身がどうなのかってことに目を向けない。そして今回のような震災を見て「とりあえず祈っておこう」と言う。でもそれ、祭司やレビ人と同じなんだけど?

  もちろんその「祈りましょう」は基本的に善意なんだろうし、良かれと思ってのことだとは思う。そこは否定しない。でも私たちは自分の信仰に従って行動すべきだし、信仰は行いに現れる。心に信じることが信仰であって必ずしも行動に繋がらないのも事実だけれど、この場合は行動するに値すると私は思う。

 だからと言って現地に行けとか、多額の献金をしろとか、飲料水500リットル以上送れとか、そういう極端な話をしているのではない。自分にできること、どんな些細なことでもいいからできることを考えてみるのが、クリスチャンの良心だと私は信じている。という話。

 今日は方々の教会が日曜礼拝を行うだろうし、きっと震災について祈ると思うけれど、ぜひ、自分たちに何ができるか考えてほしいし、どんなことでもいいから実行してほしいと思う。電話一本だけでも、もらった方の気持ちは全然変わる。これは実体験だからはっきり言えるけれど、電話一本でも何かできるのである(だからと言って電話しろって話ではない。たとえば電話一本だけでも有効だよって話)。

10 件のコメント:

  1. ユレユレ詐欺に注意!
    今頃日本中の新興宗教系プロテスタントでは・・・
    「金儲けのチャンスだあ!」
    「このユレユレ詐欺で儲けたら、でっかい建物をたてるぞ」
    「バカを騙して奪った金で、車をグレードアップして、家族でアメリカに大名旅行して・・・」

    グラッときたら注意しなくてはならないのが、ユレユレ詐欺の横行です。東北の震災の時に味をしめた連中がいくらでもいるのですから。
    キリスト教会がやっている募金なら安心とは思えなくなりました。
    ユレユレ詐欺に騙されるのは嫌なので、スーパーにおいてある日本赤十字の募金箱に貧者の一灯を入れました。あとは支援バザーに行ったり、熊本県のアンテナショップで買い物をするという形で、慈善をしていくと決めています。

    返信削除
  2. >もちろんその「祈りましょう」は基本的に善意なんだろうし、良かれと思ってのことだとは思う。そこは否定しない。でも私たちは自分の信仰い従って行動すべきだし、信仰は行いに現れる。心に信じることが信仰であって必ずしも行動に繋がらないのも事実だけれど、この場合は行動するに値すると私は思う。

    >だからと言って現地に行けとか、多額の献金をしろとか、飲料水500リットル以上送れとか、そういう極端な話をしているのではない。自分にできること、どんな些細なことでもいいからできることを考えてみるのが、クリスチャンの良心だと私は信じている。という話。

    あえて問おう。
    その「自分にできること、どんな些細なことでもいいからできること」って、
    例えば何?
    あなたは何がしたいの?
    あなたは読者に何をさせたいの?読者が何をすれば満足するの?

    >電話一本だけでも、もらった方の気持ちは全然変わる。これは実体験だからはっきり言えるけれど、電話一本でも何かできるのである

    電話っていまの段階では有線でも携帯でも貴重なインフラだから、感心しませんね。
    家族や親せき、恋人、親友、取引先とかで大事な相手でなければ、ダメダメです。


    だからいまは、事態が収束するよう祈って待ち、しかる後に本当に被災者が被災地が必要なものを判断してから、適切な人に委託して届ける、これが最善手でしょう。

    ツイッターにもアップされてました。

    素人の出番は、ないと。

    返信削除
  3. お言葉ですが、コンビニやスーパーの店頭に置いてある募金箱にお金を入れるのに、素人も玄人もありません。

    また銀座にある熊本県のアンテナショップで買い物をするだけでもそのお金は熊本県に還元されますし、遠方でも同店のオンラインショップを利用することが出来ます。

    出来ることは1円からでも出来ますし、それをするのに一刻も早くしろなどという時間の問題でもありません。記事の意図をよく鑑みてからご発言なさってはどうでしょうか。もし仮に貴方がクリスチャンだとすれば、これからクリスチャンになろうとする人が見たらきっとがっかりすると思いますよ。

    批判の為の批判には何の意味も無いように思えます。


    ※いつもこちらのブログを拝読させて頂いておりますが、初めてのコメントがこのような形になってしまい大変申し訳ありません。不適切でしたら削除のほど、宜しくお願い申し上げます。

    返信削除
    返信
    1. >出来ることは1円からでも出来ますし、それをするのに一刻も早くしろなどという時間の問題でもありません。記事の意図をよく鑑みてからご発言なさってはどうでしょうか。

      言うねえ。

      祈るだけで満足してはいけません。
      何か出来ることがあるはずです。

      その自分でも何していいかわかんないけど、とにかく何か考えようよお、お金送る以外に!のような、考慮時間中の将棋指しに早く指せよお、のような煽りを入れてくるレスを承認するあたりに、ここの管理人の性格まで邪推してしまうオイラは、堕落者上等なのさ!

      がっかりしてくれ。
      洗礼受けたけど、新興宗教系プロテスタントもどきの教会に行かなくなって1年半は経つから、このツッコミを憎むようなら、

      >もし仮に貴方がクリスチャンだとすれば、これからクリスチャンになろうとする人が見たらきっとがっかりすると思いますよ。


      がっかりしてくれ!
      もっとヤなコトが時間と共に積み重なるンだ。
      今のうちに、まわれ右した方がいい。


      オイラもがっかりだ。

      削除
    2. せめて、カネ少し送ってやれよ、という呼びかけに読み取れなかった、このトピ立ては。
      何か送金以外であるだろう!?やることがよ!と取れたから、具体的に何さ!と返してみたのさ。


      管理人に告ぐ。

      やたらなコトを書くものではない。

      せっかくのブログ、
      新興宗教系プロテスタントの至らないところを笑う場所にしてほしい。


      熱意は内心に秘めるのがヨシだと思う。

      削除
    3. 熱意は内心に秘めるのがヨシ、ってところがカッコいいですね。

      削除
    4. Sparkling 様

      初のコメント、本当にありがとうございます。
      励みになります。

      削除
  4. どもども!熊本市在住のクリスチャンです。
    たいへんな揺れでしたよ。2011年には東京在住でしたが、余震の頻度や規模はあの時よりもひどい。
    土曜未明の大きいので停電した時には、「あーもうダメだ」と
    思いましたが、水・電気・ガスはまだ使える状態で、何か私は特別扱いされてるみたいで”神様ありがとう”でした。
    ところが、昨日お昼くらいから水が出なくなりました。

    蛇口から水が出なくなること、これだけで、おののいて不安に襲われる。
    人とはもろく、神なしではなんにもできないのだなと思います。

    仕事、お金、当たり前のようにそろってるインフラ、娯楽等に慣れきって、
    神を王座にすえることからいつもそれているんだろうなと改めて考えて家の中にこもっています。

    ペットボトルや食料、携帯トイレの備蓄はあったので、まだしのげるかと。
    熊本市が昨日から水道に関して試験的に何か始めたようですから、そのせいで今水が届かなくなったのかなと思います。
    私がうかれて感謝が足りなくて、バツで出なくなった、なんてサタンの欺きにはひっかかりませんよ。

    主をほめたたえます。必要を満たしてくださる神様、水が出ますように!

    返信削除
    返信
    1. 大変な状況が続いていると思います。心よりお見舞い申し上げます。

      削除
  5. 以下、感想:

    今回の一連のレスは、指摘しているのは何が間違っているかであって、何が正しいかを議論するつもりはない、というこのブログの主旨が色濃く反映してると思う。

    間違いを指摘されただけでは何をすればよいかわからないから、正しいことは何かを言ってみろ(見せてみろ)というのは安直だと思うが、正しい道として自ら手本を何も示すことなく何が間違っているかを指摘するだけなのも安直だという批判は免れないという事も思った。

    個人としては、とりあえず、募金をしてきた。月給の5%くらい。これからも随時何ができるかを考えていきます。

    返信削除