2016年1月31日日曜日

カルトっぽい教会を離れた後の話・11

 私の教会で重視された「信仰的姿勢」の一つは、「神の導きに従順する」というものだった。

 神の導き。
 それは何にも優先される事柄であった。たとえば選択肢がAとBと2つあって、神がAを導いている。であるなら、私たちはAを選ばなければならない。 何に替えても。何を犠牲にしても。なぜなら全知全能の、全宇宙の創造者である神が、私たちをAへと導いているのだから。それに逆らうことは御心に反することであり、御心を邪魔することであり、神の敵になることであり、罪であり、よって私たちは救われなくなってしまう。だから私たちは、一度導かれたなら、Aを選ぶ他ない、ということになる。

 もっとも、神様に○○と導かれたからそれに従う、ということ自体はさほど問題ではない。自分が信仰する相手が自分をそう導いている、だからそれに従う、というシンプルな話だからだ。それは聖書に書かれているオーダーに従うことと、基本的に変わらない。

 というわけで私の教会は「神に導かれて」いろいろな宣教地に出向いたり、福祉事業や飲食店経営を始めたり、新会堂を頑張って建てたり、いろいろな神社仏閣に「霊の戦い」をしかけに行ったりした。どれも「神の導き」によるものだった。

 でもその過程で、教会の事業を手伝うために会社を辞めたとか、新会堂を建てるために個人で借金したとか、深夜の「霊の戦い」や長時間礼拝が続いて体調を崩したとか、そういう大きな「犠牲」を信徒が払うことになった。
 クリスチャン的にはそこは「喜んで捧げます」と言うべきかもしれないけれど、おそらく正直な話、一片の悔いも未練もなく捧げたという人はいないだろう。むしろどこかで疑問に感じたり、強制的なものを感じたりした人もいただろうと思う。
 少なくとも私自身はそうだった。喜んで捧げますと言ったし、自分自身にもそう言い聞かせていたけれど、どこかで理不尽なものを感じていた。

 だから実際には、「神の導きに従う」のはさほどシンプルな話ではない。単純に「神に導かれたからした」では済まされない事態にもなる。
 たとえば上記の選択肢AとBの話で言えば、以下のいくつかの疑問に明確に答えてからでなければ、単純にAを選ぶべきではない。

①その選択肢は妥当か
 選択肢は本当にAとBだけか。CやDやEはないのか。本当にAとBのどちらかからしか選べないのか。そもそも、今このタイミングで絶対にしなければならない選択なのか。

②その「導き」は妥当か
  その「導き」は誰がどのようにして「語られた」のか。複数の人間が何の誘導もなしに、何の前情報もなしに、何の心理的作用なしにまったく同じことが「語られた」のか。またその内容は聖書の原則に反してしないか。

③それに従う結果、誰かが不利益を強制されることにならないか
 たとえば「新会堂を建てるように導かれている」という話になると、必ずと言っていいほど「献金しましょう」という話になる。けれど相手は新会堂だから、1000円とか2000円とかで済まなくて、けっこう多額な献金を払うのが当然みたいな雰囲気になる。 挙句の果てに、何時何時までにこれこれの額が必要だから、皆さん捧げましょう、みたいな話になって、真面目な人は家計が火の車になっても「主のために」捧げてしまう。それは結果的に(状況的に)献金を強制されているのであって、導かれているのではない。少なくとも心から喜んで、進んで捧げているのではない。それなのに表向きは、信仰によって喜んで捧げた、みたいな話になってしまう。

 以上の3つは、最低でも確認しなければならない点だと思う。そしてそういう視点で当時の私の教会を振り返ってみると、なんと怪しい「導き」ばかりだったことか。新会堂にしたって初めから「どうやって建てるか」という話ばかりで、「建てないで様子をみる」という選択肢はなかった。それに「導き」かどうかを決定する段階でも、牧師の巧みな説得と誘導があった。当時は聖書のソロモンの神殿の箇所ばかりが引用されて、「ほら、神様も新会堂を願ってらっしゃる」と刷り込まれていた。

・「神の導き」についての勘違い

 たぶん一部の教派のクリスチャンは、「神の導き」について勘違いしている。

 ツイッターなんかを見ると、「今日も神様の導きがありますように」「今日も一日私を導いて下さい」みたいなことを朝から書いている人がいるけれど、大丈夫だろうかと他人事ながら思ってしまう。ちゃんと顔を洗っただろうかとか、トイレに行けただろうかとか、そういう心配をしてしまう。
 なぜなら「導きに従う」ということは、「導かれないことはしない」ということだからだ。神様から毎日「顔を洗いなさい」と導かれなければ、彼らは顔を洗わないはずだ。

 屁理屈を言うなと思うかもしれないけれど、私はいたって真剣である。話をわかりやすくするため、極端に表現してみよう。「導きに従って生きる」を一方の端とし、反対の端を「自分で判断して生きる」とする。前者の代表をAさん、後者の代表をBさんとしてみよう。

 さて朝、Bさんは起きてすぐ、自分で決めた日課に従ってまず顔を洗い、次にトイレに行った。その間Aさんは布団の中で、神に祈っている。「神様、私を導いて下さい。まず顔を洗うべきですか、それともトイレに行くべきですか」しかしなかなか明確な答えがなくて、そうこうしているうちにBさんは身支度を終えて家を出て行った。Aさんはついにトイレを我慢できなくなって、こう言う。「ああ神様、もう尿意を我慢できません。これはトイレに行けという導きですね? ではそれに従ってトイレに行きます。主よ感謝します」
 でもちょっと待って下さいAさん、そもそもなんで布団の中で祈ったのですか? 布団の中で祈るように導かれたんですか? そしてそれ以前に、なんでその時間に起きたんですか? その時間に起きるように導かれたんですか? それに、もしかしたら尿意を我慢することが御心なんじゃないのですか? なぜ尿意があるからトイレに導かれていると判断したのですか? それは目に見えるところに従って判断しただけで、霊的とは言えないのではありませんか?
 と、いうような話になる。誰がそんな面倒臭いことをするだろうか。たぶん誰もしないであろう。でも「導かれたい」系のクリスチャンの生活は、つきつめて考えると、そうあるべきなのだ。

 でもたぶんこういう話をすると、次のような反論があるだろう。「そのような基本的なことまでは祈らない。伝道とか、奉仕とか、そういう神の務めにおいて我々は導きを祈るのだ」

 でもそこもちょっと待てだ。その考え方によると、導きを求めるべき事柄と、求めなくていい事柄とがある、ということになる。ではさっきの「今日も一日導いて下さい」はどうなった。一日の中でも導いてほしいことと導いてほしくないことがある、ということか。だとしたらその線引きは誰が、どのようにして決めたのだろうか。祈るべき事柄と、祈らなくてもいい事柄とを、どうやって切り分けたのだろうか。
 それに仮に伝道のことで導きを求めるとして、どこまで導かれればいいのだろうか。伝道の場所、日時、対象、何人で行くか、何をどう語るか、いつ終わりにするか、どうやってそこまで行くか、どうやって帰るかとか、そんなことまで導かれなければならないのだろうか。そうだとして、誰がどうやって「語られ」て、誰がどうやってそれを確認するのだろうか。

 だから「神の導き」を言うなら、そういう疑問や矛盾に、ちゃんと答えなければならない。

 たぶん「導かれたい」系のクリスチャンは、「神がすべてを益にして下さる」という聖書の言葉を知らないか、あるいは無視している。なぜなら「益にして下さる」ということは、人間からみて上手にできなかったことや、失敗したこと、不本意な結果に終わったこと、間違えてしまったことが沢山あるということに他ならないからだ。

 だから「神に導かれたい」という願いには、失敗したくない、うまくやりたい、成功したい、という人間の側の願望が多少なりとも含まれている。そのために神を利用しようとしている。もちろん純粋に神様に従いたいという動機もあるだろうけれど。
 しかし上記のように、明らかに「導き」を求めることと求めないことの線引きがある訳で、そこには取捨選択という自己判断が働いている。だから彼らが言う「神様どうか導いて下さい」は、実は「自分が導いてほしい分野でだけ導いて下さい」という意味なのだ。それを否定するなら、さっそく今日の朝から、何時に起きるべきか、起きたらまず何をするべきか、事細かに導いてもらうべきだ。

 これはたぶん、子供のいる親であればわかりやすい。自分の子供が何をするにも自分で決められず、「どうしたらいい?」「次はどうしたらいい?」「ねえ次は?」「次は?」といちいち聞いてくるとしたら、かなり心配になるだろう。あるいは苛々して「自分で考えろ」と突き放したくなるだろう。神に一日導かれたいと願うのは、そういう子供と同じようなことになる。

 私が思うに本当の「神の導き」は、人間が自分で考えて判断することに他ならない。自分なりに聖書を読み、そこから学び、他のクリスチャンの意見も参考にしつつ、神様が提示している原則を読み取り、それに従って生きていくことだ。その結果失敗したと思っても、うまくできなかったと思っても、それで神が我々を怒るなんてことはない。むしろ神はそこに働いて、すべてを「益に変えて」下さるのだと私は信じている。

 それもまた、「導き」重視のカルトっぽい教会を離れてから気づいたことだった。

・補足

「神の導き」そのものを否定しようとは思わない。 ただ「神の導き」を利用した信徒虐待が実際にあるから、「導き」と言われることを何でもかんでも簡単に信じてはいけない、という注意喚起の意味を込めて書いている。

5 件のコメント:

  1. 今思えば、そーいう教会で育ったクリスチャンって指示待ち症候群が多いような気がする。私もカルトっぽい教会を離れてから気づいたことだったけど。 知らず知らずのうちに導き待ちを訓練されて挙句の果てには指示か導きがなければ 何事も自信がないか、不安になっちゃうのね。とんだ二次被害を思い知らされたわ。

    返信削除
  2. もう一つ、
    ひとの意見や証が気に入らなければ、

    「それはどのような導きがあったのですか?
    御言葉のどこから示されたのですか?
    自らの肉の思いではないのですか!」

    って言われるコトがわりとあるのですよ。

    福音派学生団体にはね。

    返信削除
  3. カルト化した新興宗教系のプロテスタント教会ではいかにもよくあるような話です。これではトイレに行くにも「神がお許しくださるか?」となってしまうのでしょう。
    キリスト教の基本は「人間は神から自由意思を与えられている」というものですが、新興宗教系のプロテスタントはどうしてなのか、あまりこの基本をしっかりと教えていないような気がするのですが・・・
    やはりキリスト教の基本を信者に知られると、聖職者が生き神様になれなくなってしまうからではないのでしょうか?
    そういえば新興宗教系のプロテスタントにどっぷりになっている信者さんの中に、何かにつけて「神が決める」という発言をする人が目立つような気がするのです。
    「神の導き」と「神が決める」は、同根であるといえると思います。

    返信削除
  4. 初コメです。牧師・教会…。先日の記事にもなった。元や○ざ…。自己啓発の先生、NPO団体と言えば、筋が通るような。少し、キリストを名乗ってビジネスをしているような感じに思う所があります。

    返信削除
  5. 読んでいると、まさにカルトです。
    早く気づき脱会できて良かったですね。
    牧師崇拝、指示待ち信徒、弟子訓練、繁栄の神学、教会成長、献金強要、礼拝出席死守、など具体的な形で現れます。

    返信削除