2015年8月20日木曜日

「祝福」に関する勘違い・その2

「祝福」に関する勘違いについて。2回目。
 前回は「クリスチャンの人生は祝福だけ」「繁栄だけ」という考え方の問題点について書いた。今回はそういう生き方の問題点について書きたい。

■「祝福」についての決めつけ

 クリスチャンの人生は全て祝福である、という考え方はユートピア的・魅力的に見えるかもしれない。けれど実際の人生は山あり谷ありで、それはクリスチャンも例外ではない。良い日もあればそうでない日もあるし、元気な日もあれば元気でない日もある。それはごく普通のこと、自然なことだ。そういう浮き沈みが少ない人はいるだろうけれど、完全にない、ということはあり得ない。誰もが何かしらの葛藤なり課題なりを抱えて一喜一憂しながら生きている。

「クリスチャンになれば救われる」というのは、全ての問題から解放されてハッピーになる、ということではない。けれど信じたばかりの人は往々にしてそういう幻想を抱きやすい。
 もちろんまともな教会ならそれが幻想であることに早々に気づくだろうけれど、一部の「霊的な」教会だと、なかなかそれに気づけない状況があって注意を要する。すなわち「信仰に進めば進むほど祝福され、災いは遠ざかる」「だから信仰に生きる限り祝福され続ける」みたいな話をされるからだ。前回も書いた通り、そこには「信仰=祝福=富とか名声とか」「不信仰=呪い=貧乏とか不名誉とか」みたいな図式がある。

 有名な「主の祈り」の一節、「我らを試みにあわせず、悪より救い出だしたまえ」は、彼らにとってその保障みたいなものだ。つまり信仰者は試練を回避することができ、悪から救われるのだから、不利な状況に追い込まれるはずがない、みたいな考え方。逆に言うと、不信仰だったり罪があったりするからイロイロうまくいかないんだ、という決めつけになる。

■「祝福」の捏造

 けれどその決めつけが、かえって彼ら自身の首を絞めることになる。
 なぜなら信仰に進んでいると思われたいなら、あるいは不信仰に思われたくないなら、 何が何でも「祝福されている自分」を見せなければならないからだ。彼らにとっても「祝福」だけが信仰の答えなのだから。

 だからいつも「とても祝福されてます」「祝福でもうお腹いっぱいです」「毎日祝福の洪水です」みたいなことを言う。けれどイロイロ浮いたり沈んだりするのが人生で、いつもいつも笑顔でいられる訳ではない。それは皆同じ。けれど不幸そうな顔を見せる訳にはいかないので、いつも人前では笑顔で「祝福されている自分」を見せることになる。

 しかしそれはポジティブ・シンキングの延長みたいなもので、本当に祝福されているかどうかはまた別の話だ。彼らの作り笑いでその祝福の度合いを測ることはできない。

 近所にマルチ商法まがいの店があって、よくその前を通るのだけれど、雰囲気が「霊的」を強調する教会にそっくりだ。明るくきれいな店内で、いつも着飾った男女が楽しそうに話している。大げさな笑い声がよく聞こえてくる。悩みなんてありません、苦しいことなんて全然ありません、みたいな空気を意図的に作っている。完全に同じではないけれど、いわゆる聖霊派教会にもそんな雰囲気がある。

 けれどそれは「祝福」の捏造であって、べつにいつも特別な何かが起こっている訳ではない。祝福いっぱいムードと作っているだけで、見た目を取り繕っているに過ぎない。
 あるいはいつも特別なことが起こっていると言うかもしれないけれど、蓋を開けるとたとえば「再臨雲が見えた」とか、「御言葉が強く示された」とか、ふと見た時計の長針と短針が自分の好きな聖書箇所と同じだったとか、気のせいだろって話ばかり。どこまでポジティブなの。

■あるいは自己暗示

 とは言っても、意図的に「祝福」を捏造しているとは限らない。マルチ商法ならうまいこと言って騙してやろうという意図が明確にあるのだろうけれど、キリスト教会の場合、そういう意図は少ない気がする。それより彼らが「祝福されるはず」と信じる信仰そのものが、自己暗示的に働いて、都合の良い解釈の数々を生み出しているように思える。また皆でやれば「気のせい」も「真実」になる、という集団暗示も関係しているだろう。

 もちろんそれらを量的にデータ化して証明することはできないだろう。けれどデータ云々の話をするなら、(そして彼らの主張が正しいなら)クリスチャンが毎日祝福の連続でウハウハ状態なのに日本のクリスチャン人口がいまだ1%未満、という現状をどうにも説明できない気がする。

7 件のコメント:

  1. サイト主様が以前書いておられたように、
    人の真価、人格の本質が露になるのは、
    例えば経済的に困難であったり、思わぬトラブルに巻き込まれたとき、誰かに迷惑をかけられた時などだと思います。
    普段取り繕っているものがあるなら、それはメリメリ剥がれるでしょう。

    繁栄の神学は、見た目で判断しますよね。

    一方で、創造主は人の値うちを心ではかられる方であるということを、私はある意味で慰めに思います。同時に、心のあり方については
    襟を正さないと、とも思いますが。

    なんにせよ、取り繕ったって神様には見透かされてるのになあ、と思うのです。

    返信削除
  2. 私の見聞した中でこんな話がありますよ。
    自営で商売をしている女性です。もちろんかつては羽振りの良い時代もありましたが、最近はどうも商売の雲行きも怪しくなっています。
    彼女は新興宗教系のプロテスタントの教会に毎週通っている熱心なクリスチャンですが、あそこは究極のポジティブシンキングの世界ですので、懐が素寒貧でも「恵まれています。神様のおかげです。祝福されています!」と必死な作り笑顔でいました、いえ今も作り笑顔でいます。
    懐が素寒貧なのに彼女が教会に毎週通って献金をし、こうして餓死もせずにいられるのは、ご亭主が経済的に支えているからなのですよ。どうみても神のおかげではないじゃありませんか。それなのに彼女は・・・
    新興宗教系のプロテスタントを信じている人は、口ではやたらと「祝福されている。」といいますが、そのわりにはあまり幸せそうには見えませんよね?(笑)

    返信削除
  3. ポジティブスィンキングなので、なんでもかンでも、良い方に良い方に解釈します��(笑)( ・∇・)
    それだけです(´・ω・`)(笑)

    返信削除
    返信
    1. ポジティブシンキングもいいかげんにしておかないと恐ろしいことになると思います。これは鬱病やノイローゼの人だと自殺騒ぎを起こすこともあるそうです。精神病の人は基本的にまじめな人が多いということで、「借金があろうが病気になろうが、ありがとうございまーす、祝福されていまーすとやっていればよい」という教えは心によくありません。実際にヤマギシでも「ハレハレ(晴れのち晴れ)」の教えですが、「ハレハレでやれない」といって自殺を図った人がいるくらいです。
      新興宗教系プロテスタントもヤマギシのように「ハレハレ」の教えですが、借金を抱えていたり商売がおもわしくなかったりで、さまざまな支払いに窮している人もいると思います。日本人はまじめなので、そんな状況下でも「ハレハレ」を強制されたら、「自分はついていけない→だめな人間だから祝福されない」となって確実に鬱状態になって自殺を図る危険性があります。新興宗教系プロテスタントは狂信的な点も日本人には合わないのですが、このポジティブシンキングの根拠のない楽天性がある点も日本人には合わないのです。新興宗教系プロテスタントの教えは殺人行為ではないかと思うのです。

      削除
  4. 第一テサロニケ5章16~18節だね。
    「主が望んでおられるから、イヤなことあっても喜ぶぞー。」とか。
    もうヘンすぎる!

    返信削除
  5. もはや そこは教会の顔をした自己啓発センターではありませんか?
    気お付けましょう....

    返信削除
  6. 自己啓発センター的教会の特徴?特技?特権?
    「あいしまーす。」
    「祝福しまーす」
    「許しまーす」 
    まできたら 要注意。

    返信削除