2015年8月15日土曜日

その「霊的意味」って単に自分の都合でしょ、って話

 数日前の夜、中国の天津で大爆発が起きて、翌朝からさっそくニュースになっている。多くの死傷者が出ているようだけれど、原因も被害状況もまだまだ明らかになっていない。

 ところでこの手の事故、特に注目を浴びる事件事故があるたび、そのために祈るクリスチャンがいると思う。犠牲者や遺族の慰められるようにとか、正しいことが行われるようにとか。

 それはそれで良いことだと思う。けれど、中には「この事故には霊的には○○という意味がある」とか、いちいち「霊的」アピールをする輩がいて引く。それでどんなことを言い出すかというと、(たとえば)中国人の罪が蓄積した結果の爆発だとか、天津は歴史的にホニャララで呪われているんだとか、そういう根拠不明かつ証明不能なヨタ話である。

「祈っていたら主にそう示された」とか言うだろうけれど、言いがかりにも程がある。突然の大爆発で大勢が死ななければならないくらい中国人の罪が蓄積しているとしたら、近隣の北朝鮮とか韓国とか、日本とかロシアとか、東南アジアとか東ヨーロッパとかの「罪の蓄積」はどうなのだろうか。問題にならないのだろうか。

 たぶん彼らは旧約聖書のソドムとゴモラを例に挙げて、「罪深い街はさばかれる」みたいなことを言うであろう。けれど現代社会において中国の罪だけが殊更大きいとは言えない。それに「罪」に対する「罰」という考え方は旧約聖書のものであって、新約聖書の考え方は「罪」に対する「許し」である。だから罪が大きいから罰せられるとか、罪が小さいから免れるとか、そういう視点の話ではそもそもない。

 また「罰を与える」という視点にもう少し付き合うなら、ソドムとゴモラは「硫黄の火」が天から降ってきて滅ぼされたのであって、「天から罰せられた」ことがある意味明確である。そういう自然災害はないし、人為的にも不可能だからだ。つまり「罪が大きいから罰せられた」ことが誰の目にも明らかなやり方であって、だからこそ天の神様が畏れられる。
 けれど今回の天津の大爆発は単に事故であって、神からのメッセージとか罰とか、そういう明確なものはない。罰が罰としてちゃんと機能するためには、それが罰であることが受け手にとって明確でなければならない。だから今回のそれを罰と呼ぶのは無理がある。

 だからそういう「霊的意味」は手前勝手な解釈に過ぎない。自分にとって都合のいい理由、解釈を展開しているだけだ。中国を必要以上に嫌う人たちにとって、「中国の罪の蓄積の結果」という「霊的意味」は歓迎すべきものだろう。けれど中国国内の人間はきっとそうは言わない。たぶん「悪魔の攻撃だ」くらいに言う。そんなふうに人は立場によっていろいろ意見を変える。神の言葉は立場や場所や人種によって変わらないはずだから、それらが神からの「霊的な」語りかけであるはずがない。

 いろいろな立場や意見があるのはべつに悪いことではない。けれどあるひとつの見方、特に自分の見方を「神の意志」とするのは強引だ。神が言ってもいないことを言ったとするのは偽証である。それはやめた方がいいと私は思うけれど、たぶん彼らは聞く耳を持たない。

10 件のコメント:

  1. 自分の見解を「これは神のご意思です」といってしまえるのは、プロテスタントの特権といいましょうか宿命といいましょうか・・・
    結局のところプロテスタントというものは「如是我聞」ならぬ「如是我思(感/考)」ということなのだと思うのです。本山なんて必要がないんだそれぞれが勝手に解釈していいじゃないかとなれば、とんでもない解釈をしても「如是我思」ですので、どうにでもなってしまうということなのです。

    返信削除
  2. ヨタ話はヨタ話以上でもそれ以下でもありませんね。
    そして、そゆこと言う人は、聞く耳持たないケースが殆どなんじゃないかと、盲信的な信者を見ていて思います。
    イエス様を神が遣わした救い主と信じ、受け入れた頃には、私は先輩クリスチャンや牧師さんたちの言うことをいちいち真に受けていました。

    時は流れ、社会にはいろんな意見があり、
    キリスト教業界にも多数のトンデモ話、ヨタ話の類いがあると知りました。

    何でもありって、あぶなっかしいので、
    自分の頭でよく考えて用心深くいなくゃならないと思います。

    返信削除
  3. 北海道の『札幌西福音キリスト教会』の信徒さんは聖霊様を読んでチュルチュル呪文を唱えるのが主流だそうです。聖霊様って呼べるんですね。サタンを追い払う事もできるそうです。なのに、おかしいですね。牧師夫妻は離婚したと聞きました。牧師先生韓国人。名前は『沈(シム)』奥さんは『山下』韓国ドラマが流行った頃の熱愛恋愛の割には、名前を旧姓のままだったんですね。牧師はウジ虫みたいな一方、奥さんは見せかけだけの心優しさ溢れる女性。
    聖霊様呼んでもらって、悪魔を追い払ってもらえばよかったのに・・・
    『札幌西福音キリスト教会』は、牧師だけではなくて、信徒の評判悪いですね。伝道所?の平和の教会は姉妹教会で、そこの牧師が、もともと『札幌西福音キリスト教会』の牧師だったと聞いてますが、両者(各教会)は、信徒ともに、犬猿の仲というくらい、仲が悪いと聞くではないですか。神様へ服従すればいいのに、頑固で我の強い集団だけで、こんなのキリスト教でも、なんでもないですね。いわゆるカルトでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ここはJECAに所属しているということで、典型的な新興宗教系プロテスタントの教会ですね。JECAに所属している教会は、どうしてなのかは理由はよくわかりませんが、問題を引き起こすカルト教会が多いように思うのですが。
      札幌西福音キリスト教会のホームページを見てみましたが、牧師・スタッフの紹介のところには何も出ていませんでした。これを見るだけで、おかしな教会だなあという印象を受けました。(奥さんの苗字が変わっていない、旧姓のままというのは、韓国では結婚しても女性は姓を変更することはなく、夫婦別姓なのだからではないでしょうか。)
      聖霊様を呼ぶことができるとか、サタンを追い払うことができるとか、どうみてもその辺に転がっている怪しい拝み屋がすることです。やはり韓国臭いと申しましょうか、新興宗教系プロテスタントによくある韓国シャーマニズムですね(笑)。
      日本人クリスチャンの中に、残念なことですが、韓(から)渡りをありがたいものと思っているおバカな人たちがいるのは事実です。韓渡りはありがたいものでもなんでもなく恥ずかしいものなのですが、まともな認識がないので韓国の新興宗教系プロテスタントにだまされる人がいる・・・

      削除
    2. 韓国人牧師夫妻は、教会のお金を使い込みいなくなったそうな。
      だから、牧師は消されてるのでは???
      スタッフもまともな人がいないから掲載できないとか???
      お金のトラブル多い教会みたい。
      信徒のお金がなくなって警察沙汰になった事もあると聞いた事もある。
      まともな集まりではないと思う。

      削除
    3. ここの若者の集まりは最悪でした。権力までとはいわなくとも力関係があって、古かぶの女性方に好かれなければ仲間に入れて貰えませんし、村八分です。そういうのをおばさん方、大人が見ていても知らん顔です。最初は大歓迎的なムードですが、事実、自分さえよければいいという人たちだけでした。教会員の中も悪口とか陰口ばかりで、私が理想としていたクリスチャンの世界ではありませんでした。
      牧師は礼拝と献金の事ばかり言われてましたし、教会の人数が少なくなっているとは聞いていましたが、まさか牧師がお金を使い込むなんて、ひどい話ですね。
      私は被害に遭わなくて幸いでしたが、お粗末な管理体制でずさんな結果ですね。
      ここの教会を応援したいと思う人はきっと少ないと思いますよ。馬鹿みたい。

      削除
    4. 現在韓国の牧師はいなくなりましたが、1年後新しい牧師になっても上記の方の書いてあるように、権力までとはいわなくとも力関係があって、面識のないものは無視、布教など面倒なものやらない、聖餐もさせない。そのくせ献金だけは意図的額面がわかるように受け取りなど、あまり変わっていないようです。

      削除
    5. 平和の福音と西教会が犬猿の仲とか言う情報どこで手に入れたのかは知りませんがデマは流さない方がいいと思いますよ。西教会に相当な恨みをお持ちなんですね。

      削除
    6. >>デマは流さない方がいいと思いますよ。西教会に相当な恨みをお持ちなんですね。

      出た!嫌味・脅迫・威圧的な感じですが、キリスト教いわゆる聖書が言っている”愛”からかけ離れたコメントかなと思いました。

      教会の一員の方が書かれたのかもしれませんが、その教会がそういう教えをしているのでしょうか。

      匿名2015年8月15日 22:05さんが、もしそこの教会に当時いて脱会したなら良い判断だったと思います。このコメントで本性の一部が見れてますね。
      ですからコメントのように、”西教会に相当な恨みをお持ち”であれば恨む必要などなく労力の無駄かと思います。

      ”愛”とは名ばかりで都合の悪い会員にはねじ伏せて何があってもYESマンでいないと、こういう圧力をかけるのが好きなのです。
      こういう感情的カルト的な集団とわかっただけでもいいじゃないですか。
      愛・忍耐・寛容・こちらのコメントからは何一つ無い気がしますが。

      削除
  4. ひと組の母子が韓国の牧師に不適切(不愉快)な対応をされました。それを見た別の子連れの母親が ”自分の子供さえ不快な事をされないならそれでいい。嫌な事をされた子供は気の毒だけど自分の子供さえよければそれでいい。” という事を言う人がいたんだって。”子供のためなら、なんでも貰うしなんでもやる” だってさ。気持はわかるけど、人格に問題があるのかそれもそこの教会の教え?

    返信削除