2015年3月23日月曜日

陰謀論・終末論にご用心

『フリーメーソン陰謀論の心理』という記事を読んだ。

 人はなぜ陰謀論が好きなのか、陰謀論はどう危険なのか、ということが書かれている。陰謀論や終末論を利用するカルト宗教にも言及されていて興味深い。

 オウム真理教の麻原彰晃が国政選挙で大敗した後、「票が操作された」みたいな陰謀論を主張して武力闘争に向かった、というのはいかにもカルト宗教っぽいけれど、同様の傾向は聖霊派教会にもある。

 たとえば終末論や携挙を主張するおかしなクリスチャンは後を絶たない。もうすぐ地震が起こるとか噴火が起こるとか言って、どこそこに避難すべきとか主張する。そしてそれが外れると、「回避された」などと架空の「神の恵み」をでっちあげる。

 あるいは教会の計画がうまく進まないと、「悪霊の妨害がある」みたいな陰謀論を唱える。実際に見たケースを挙げると、大口の出資を得られなかったのを「フリーメーソンの暗躍のせいだ」とか言う牧師がいた(もはや牧師失格のレベル)。

 カルト教祖や宗教指導者にとって、陰謀論はたぶん利用しやすいんだと思う。不都合を処理する口実になるからだ。自分の野望がうまくいけば「神の恵み」、いかなければ「敵の陰謀」のせいにすればいい。すごく勝手で、当然ながら許されない。

 一方で、それを信じてしまう信徒の方の問題もあると思う。
 もちろん信徒は普段から牧師にそう教えられているから、それを疑ってかかるというのは実際には難しい。けれど聖書をちゃんと読めば矛盾していることに気づくだろうし、常識の問題あるいは良心の問題としても、違和感を感じることがあるはずだと思う。

 そういう自分の中のアラートをどう処理するかは、やはり個々の信徒に委ねられている。

 終末を強調するある教会があって、そこの信徒がこんなことを言っていた。
「どうせ終末なんだから、最長ローンで良いマンションを買うべきでしょう。どうせ返さなくていいんだから
 なんかさも信仰深い発言みたいな感じだったけど・・・、あの、それって要するに、借金踏み倒そうって話ですよね?

 陰謀論や終末論を主張する教会は、そんなふうに全体的にモラルが下がっているように思える。もちろん全員が全員という訳ではないだろうけれど、「赤信号みんなで渡っちゃえ」的な雰囲気があるのは否めない。

 引用記事にもある通り、聖書は終末だからこそ落ち着いた生活をするよう勧めている。何か特別なことが必要だとは言ってない。以前も書いたけれど、終末だからと何かを始めるのは、試験前夜に焦って猛勉強を始めるのに似ている。

 彼らは聖書より、牧師の話を聞くことに慣れてる。だから牧師が陰謀論や終末論をでっちあげれば全部鵜呑みにしてしまう。
 彼らは牧師にとって良い「羊」であろう。けれど彼らの羊飼いはキリストでなく、その行く先は、主の牧場のほとりでもない。
 そのことに早く気づかないと手遅れになるけれど、手遅れにならないと気付かないのもまた事実。ではどうしたらいいか? 私もその答えを知りたい。

3 件のコメント:

  1. このような聖書を自分に都合よく解釈し、教会員に教え、自分に賜物があると自称している人たちに、わたしは鼻持ちならない選民意識と傲慢さを感じます。
    この人たちが行っている預言や癒しなどは、聖書に書かれている神からの完全なものとはかけ離れた、平凡なレベルの主観的な人間の仕業にしか見えません。聖書が記述している終末の時にサタンや悪霊によって超自然的な力を見せる偽預言者たちにさえ値いしません。
    聖書はただ福音を宣べ伝えなさいと教えているのに、なぜこのような行いを熱心にするのでしょうか?そこにある自己中心的な見栄と欲望を感じます。

    「愛する者たち。霊だからといって、みな信じてはいけません。それらの霊が神からのものかどうかを、ためしなさい。」ヨハネの手紙第一1:4

    返信削除
  2. フリーメーソンの陰謀説を何かと口にする人たちの話を聞いてみると、不思議なことですが、実は彼らはフリーメーソンの基本的な知識すら持っていないことがほとんどですよね(笑)。
    沖縄の婆原彰晃教祖ですが、彼女の電波な話にのせられて、首都圏で大地震が来ると本気で信じ込んでしまって、移住するために家を売ってしまったという人すら出ていますよ。また去年の携挙騒動のときのように、おバカな人たちが出て世間の笑いものが増えるだけでしょうね。
    終末論だの携挙だのというのは、終末詐欺といって、新興宗教系のプロテスタントでは昔から高い収益率をあげられる金儲けの方法として知られているものです。これは二十世紀の後半からはかなり採用されている金儲けの方法で、終末詐欺で信者の尻の毛を全部むしりとって、終末御殿を建てたなんて素敵な教祖様もいらっしゃるくらいです。
    東日本大震災でユレユレ詐欺をやってユレユレ成金が出たのは記憶に新しいところですが、大震災から何年も経過するとユレユレ詐欺ではあまり収益があげられなくなってしまったためか、また二十世紀にやっていた古典的な終末詐欺に戻ったというケースもあるようですね。「ほら、2011年の大震災、聖書には世の終わりには大地震が来るとあるでしょう?あの大震災は世界の終末の予兆を示しているのですよ・・・」といえば、かなりの収益があげられると期待しているようですね。そのうち終末成金がブヒーと雄たけびをあげて出てくるのでしょうか?
    信者に「どうせ世界はもうすぐ滅びるのだからサラ金でしこたま金借りてこい。借金を返済する前に世界の終末が来てチャラになる。天国まで借金取りは追いかけてこないさ。」と信者にふきこんで・・・な事件が全国で多発しそう恐ろしいですよ。

    返信削除
  3. 新規信者獲得と信者の囲いこみのためのキャンペーンが花盛り?( ・∇・)
    宗教はやはり商売でしかない。
    アヘンだと言う意味がよくわかります!
    くだらない夢に付き合わされて、お金も時間も溝に捨てるより、本当に困っている人に施したり、自分を建て上げるための大切なことの為に、もっともっと使うべきです。
    現世否定・自己否定が大好きなキリスト教の詐欺に引っ掛かり、人生を棒に振ることの無いように、皆さん目をさまして居ましょう!

    返信削除