2015年3月1日日曜日

「牧師に従っただけ」だとしても、間違いが間違いであることは変わらない、という話

 カルトか非カルトかにかかわらず、キリスト教信仰として「それっておかしいでしょ」という事柄がある。
 たとえば「異言」。
 聖書が示す「異言」の特徴は、「語る本人が全く知らない」「練習不要な」「完全に正しい外国語」である。けれどおかしな「異言使用者」のそれは、「先輩の真似から始まり」「徐々に種類が増え」「それでも単音の繰り返しでしかない奇声」となっている。明らかに聖書と矛盾している。

 その手の「おかしさ」は他にも沢山ある。ざっと挙げると「気分次第の預言」とか「超ポジティブシンキングによる癒し」とか「圧倒的臨在という名の集団ヒステリー」とか「架空の敵と架空の格闘をする霊的戦い」とか諸々だけれど、ここでは細かく書かない(書いてるだけでもバカらしくなってくる)。

 とにかく「それっておかしいでしょ」という事柄が蔓延している教会は少なからずある。そしてそういうことを大真面目に信じて行っている信徒も存在する。彼らはそれが純粋なキリスト教信仰だと思っていて、疑う余地がない。
 今回は、そういう彼らについて書いてみたい(それは過去の私自身のことでもある)。

 少し前に頂いたコメントから、複数の方が似たような経験をしていることがわかった。まとめると、次のようなことを言われたことがある、というもの。

たとえ間違っていたとしても、あなたは牧師に従っただけなのだから、何も問われることはない

 信仰的虐待に遭った人たちへの慰めの言葉だと思われる。実は私も同じことを言われたことがある。
 被害から回復する過程において、こういう言葉、すなわち「あなたは悪くない」と言われるのは大切だと思う。被害者はどうしても「自分が悪い」と思いやすいからだ。自分が悪いと思っていると、正しく回復していけない。

 また、確かにこれはその通りに思える。信徒の立場からすれば、牧師から教えられたことを従順に行っただけで、まさか「神の牧師様」が間違っているなんて思わないからだ。
「自分は純粋に従っただけ。まさか騙されていたなんて・・・」という心境かもしれない。
 そこが初めて行った教会なら尚更、疑うなどあり得ないだろう。

 しかし、被害者感情を重々承知した上で書くと、信徒の方に問題がなかったとも言えない。なぜなら聖書を読んで理解に努める責任は個々の信徒にあるのだし、良心の問題としても、また一般常識の問題としても、牧師の言葉を実行するかどうかは事前に吟味しなければならないからだ。

 たとえば(極端な例かもしれないけれど)、地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教という組織について考えてみる。その計画を立案したのは教祖の麻原彰晃だけれど、実行したのは腹心の信者たちだった。では実行犯である信者たちに罪はないかと言うと、そんなことは全然ない。彼らがいくら「正しいと思った」「言われた通りにしただけ」「まさか間違っているなんて」と言っても通用しない。特にサリンで命を落とした方々の遺族からしたら、誰が立案したかとか実行したかとかいう役割分担はほとんど関係ない。

 もちろん、おかしな「異言」を教会内で1万時間語ったところで、外部の誰に迷惑がかかる訳でもない。単に人としてイタイだけだ。そういう意味で害はなく、オウム真理教のような刑事罰を受けることはないだろう。
 けれどそれが神様の前に正しいかどうかは聖書を見れば明らかな訳で、「間違っているとは思わなかった」「牧師に従っただけ」といくら言ったところで、それで正当とされることはない。

 だから「牧師に従っただけだから何も問われない」というのは違うと私は思う。「でもやったのはあんたでしょ」という話になるはずだ。もちろん「騙されていた」のも事実だから、そこには何らかの憐みが施されるはずだと私は信じているけれど。

17 件のコメント:

  1. 「従う」ということが絶対的になってしまうのは、聖職者というものが神から特別に聖霊の油注がれた存在と考えてしまうからなのです。
    こんなふうに考えてしまった結果、とんでもないことになってしまったという事例が、新興宗教系のプロテスタントには非常に多いのです。実際に新興宗教系のプロテスタントでさまざまな虐待被害を受けた被害者たちの証言をみてみると、初めていった宗教が新興宗教系で、キリスト教会に行く前にいっていた宗教団体があったとしても、創価学会だったとか、「お寺にいって南無妙法蓮華経と唱えていた」という人でも、日蓮宗かと思いきや日蓮は日蓮でも正宗のほうだったりします。つまり被害者たちは仏教でもキリスト教でもいずれにせよ、この手の新興宗教団体にしかいったことがなかったという人ばかりだという、興味深い事実に気づかされます。仏教にしろキリスト教にしろ、新興宗教系は初めて足を踏み入れる宗教施設にしてはいけないと思うのです。新興宗教系のプロテスタントの聖職者を聖霊の油注がれた特別な存在だというのは、池田大作を日蓮上人の生まれ変わりだというのと同じことなのです。
    沖縄でカフェをやっている婆原彰晃も今やすっかり十字架をかかげたカルト新興宗教の教祖様になってしまっており、近々大地震が来るとわめいています。また携挙騒ぎの再来でしょうか。驚くべきことに終末詐欺にだまされてもまだ懲りない人たちがいくらでもいます。これでまた多大な金銭的な被害を出して「婆原教祖様に従った。その従う信仰心ゆえ」という話になるのではないかと・・・

    返信削除
  2. 生くそ坊主と言う言葉がありますが、人間は人に説教する立場に立つと勘違いする輩が出ることの戒めです。
    しかし、どこまでも謙虚で道を説く宗教家もいるのは事実。その様な方は尊敬されています。
    それにしてもプロテスタントはどうしてこうも自分を神にしてしい、人から時間と金を奪う牧師が生まれるのか? それを当然と思う阿呆クリスチャンが取り巻くのか?
    牧師の問題の一つに説教が自己陶酔になって、自分を売り込みすぎにあると考えます。
    信徒は自分で考えないことと、聖書に科学も生活習慣も何でも求めようとする原理主義思考があります。
    今こそ、キリストの教えに耳を傾け、聖書の基本に立ち返る時と思いますよ。

    返信削除
  3. ある教団のある牧師夫人があるとき
    「牧師は神から選ばれてるでしょう?」といわれました。吉○○の森などの、ブログで、偽教師や、問題牧師、教会の実態を知っているものにとっては、すぐにそうだな、とおもえない言葉でした。
    すべての牧師が神に選ばれているかどうかは、吟味が必要で、ときには自己推薦で
    勝手に自称牧師という輩が多いこの世の中、牧師は神に選ばれているという
    文章はとても危険なフレーズにおもえました。

    返信削除
  4. 聖書から(と言う言葉が正しいかどうかは別として)、どのような教理・教説・解釈も出来る、と言う事です。そうして分離・分裂・分派を繰り返して今に至る宗教団体が、好き勝手に「自分こそ正しいイエス・キリストの弟子」だと公言して憚らない。その中で教祖(自分がそう思っているかどうかは別として)として鎮座ましましてしまった人は、その組織の中では「絶対的」な存在です。
    そう言う人は、例えこの解釈や教説が間違っていても、最終的には「私が」責任をとりますなどとは絶対に言わないです。その直命を受けた部下(幹部?)がその様に指導しますが、その結果、ほだされて騙されて、もはや取り返しのつかない状態に追い込まれてしまったとしても、誰~も責任などとりません。その様に信じてついて来たのはあなたでしょう?と言われておしまいです。宗教など、確実な実態を伴わない物です。ただ聖書に書いてある「だけ」。ただ教理が制定されている「だけ」。ただこの様な解釈が正しいと言っている「だけ」。
    わけのわからない物を「信じ込まされているだけ」なのです。
    ちょっと頭を冷やせば、あほらしくなりますよ。その様な事に時間・お金を費やしてどうするのですか?そうするとすぐに「この世の物を愛してはいけないと書いてあるじゃないか。自分を捨ててと言っているじゃないか」と言う説教が聞こえてきそうです。
    麻薬に等しい、毒まんじゅうに等しいのが、ここで言う福音主義的・カリスマ・ペンテコステのキリスト教です。

    返信削除
  5. プロテスタントに自分を神にしてしまう聖職者が出てくる理由は、本山という存在がないからではないかと思われます。プロテスタントは完全に自己申告の世界ですので、宗教をとんでもなく悪用する聖職者が出てくるのはいたしかたありません。これはプロテスタントの性です。
    教義そのものに問題がある場合も確かにあるとは思いますが、そういった問題のある教義というものは当然問題のある解釈をしてしまう聖職者がいるということです。そして問題のある解釈をしてしまう聖職者がいるのはどうしてなのか?といいますと、やはり自己申告の世界で本山というタガが全然ありませんので、他者の意見を聞く耳持たないとなれば、もうどうすることもできなくなってしまうということがあります。これを誰にでもわかるように今から解説してみましょう。
    マシンガンを配るとします。しかも誰にでもです。正常な人がマシンガンを配られたら?正直困ります。「こんな物騒なもの」となって正常な人は持て余してしまいますので、たぶん物置の奥に何重にも鍵をかけてしまいこんで、それが存在することすら忘れてしまうのではないかと思います。正常な人ならそんなものを使おうとはまず思わないからです。
    一方このマシンガンが酒鬼薔薇聖斗のように「人を殺してみたい」という基地外に配られたらどうなるでしょうか?人を殺したがっている基地外ですので、それを物置の奥に何重にも鍵をかけてしまいこむことはしません。「やったー!」とばかり、そのマシンガンをもって銀座四丁目の交差点に行き、和光の下でそれをぶっ放し、通行人を虫けらのように殺傷することになるでしょう。(そしてそんな彼を見て「キャー!酒鬼薔薇さんステキー!!」とファンになってしまうバカもいます。彼らは基地外殺人鬼同好会を作って、酒鬼薔薇のお取り巻きになってしまうのです。)
    もちろん酒鬼薔薇を取り締まる機関は存在しません。本山がないので行政指導一つすることもできません。マシンガンは正常な人にも基地外にも平等に配られるべき、というのがプロテスタントですので、「基地外に刃物」どころか「基地外にマシンガン」となって、その結果おそろしいカタストロフが引き起こされてしまうのです。
    プロテスタントの現状は、マシンガンを渡された酒鬼薔薇が銀座四丁目の交差点で無差別殺人をやっていて、通行人が虫けらのように殺されていくのを、ただぽかーんと口をあけてみていることしかできない状態です。

    返信削除
  6. 自分を神にしてしまう聖職者が出てくる理由は、本山という存在がないから

    プロテスタントでもルーテルや聖公会は、確か本日の聖書箇所が統一され式文も全国同じです。組織としてガッチリ固まっている印象ですが、こちらの方が逸脱しないということなのでしょうか?

    返信削除
  7. プロテスタントで一番逸脱しやすいのはカルヴァン系でしょうね。その次がルーテル系で最後に聖公会ですか。式文が決まっているということで、形式にのっとっているせいか、カルヴァン系とちがって聖職者の自由裁量でやれる部分が小さいということがあるのかもしれません。
    ただ聖公会ですら、最近は新興宗教系プロテスタントとつるんでいる教会があったり、韓国とやたらと交流したり、政治的な活動にいやに熱心だったりという教会もあるようですよ。主教になんとかしてほしいと思っても、主教自体が左翼的なものを支持するような発言をする人だったりして、信者が頭を抱えているという話を聞いたことがあります。
    聖公会ですらこの体たらくですので、ルーテル系はもっと怪しいのではないかと思いますね。
    今のところ日本福音ルーテルに関してはそれほどひどい話はないそうですが、それ以外のルーテルは新興宗教系プロテスタントといやにしっかり交流していたり、中には聖職者が教祖になっていて好き放題にしているという・・・

    返信削除
  8. コメントありがとうございました。
    カルヴァン系というのは今の日本でいうとメソジスト系やホーリネス系、バプテスト系、ペンテコステ系ですか? 何も知らなくてすみません。

    返信削除
  9. カルヴァン系というのは聖公会とルーテル系以外のプロテスタントです。祭壇や香炉等の神具のないのが特徴といえるでしょうか。

    返信削除
  10. 祭壇のない教会は牧師の説教が礼拝の中心なんですよね。それは牧師が信徒を教育すると言う形になりやすく、先生と生徒の関係です。牧師は神学をおさめていると威張り、事細かに規則も生まれやすい。牧師の気に入らないことは否定されがちになるのでしょう。
    それに比べると祭壇に信徒と共に向って祈祷するルーテルの牧師は、一緒に神様を見上げる信仰者の態度を表しているということでしょうね。

    返信削除
  11. 匿名さんは、こう書きました。  2015年3月3日 19:12
    |カルヴァン系というのは聖公会とルーテル系以外のプロテスタントです。祭壇や香炉等の神具のないのが特徴といえるでしょうか。


    少なくとも、メソジスト系やホーリネス系は違いますよ。
    祭壇がないのは同じだから、どうしても牧師が教祖くさくはなるけど。

    それと、2015年3月2日 22:02に書き込んだ匿名さん、

    そういうコトはひとに聞く前に検索検索!

    返信削除
  12. 祭壇や神具が存在しないと、「お前ら信者どもはバカだ。だから世界一の大天才、いや今はもう生き神様の○○教祖様のありがたいお説法を、ははーっと拝聴しておれ!」のような雰囲気にひょっとしたらなりやすいのかもしれませんね。
    祭壇(祭壇画はしばしばその美しさから美術館に展示されることがありますが)や香炉をはじめとする神具は、やはり宗教には必要なものなのかもしれないなあと最近ではつくづく思うようになりました。やはり人間にとってビジュアル的なところから宗教的感性に訴えることは、決して軽んずるべきことではないと思うのですよ。仏教だってきれいな絵の描かれた須弥壇や厨子や美しく輝く仏壇や仏具(とくに密教系の仏具は神秘的です)があると、非常にありがたい気持ちになりますので。
    お寺のようにお堂に内陣と外陣があって、聖なる場所で聖職者と聖職者の許可を得た人だけしか足を踏み入れられないエリアがあるというのも、宗教的な雰囲気作りには大切なものではないでしょうか。
    聖と俗をわける結界があるおかげで、なんとなく神がここに臨在しているような感じがして、それゆえに聖職者が威張れなくなってしまうのかなあとも思ってしまいますね。
    美しい祭壇も神具もないと、宗教的にありがたい雰囲気がどうしても少なくなってしまいますので、その結果聖職者が教祖化して威張るようになってしまうことがあるのかもしれませんよ。

    ルーテル系の信者さんに質問させていただいてよろしいでしょうか?
    祭壇といえば香炉という感じでなんとなくセットになっているイメージがありますが、ルーテルには祭壇はあるようですが、香炉もやはり毎週使うのでしょうか?

    返信削除
  13. 「お前ら信者どもはバカだ。だから世界一の大天才、いや今はもう生き神様の○○教祖様のありがたいお説法を、ははーっと拝聴しておれ!」

    これまさに私の教会の牧師です。「いいですか、いいですか」「私からいつも学んでいますね」「私はその辺の牧師とは違います!」と声を張り上げて叫びます。
    尊敬していいのやら、軽蔑すべきなのか?

    返信削除
  14. 彼は幸福の科学の大川隆法教祖のようなタイプではないでしょうか。あの人も「私は人間ではなーい!神であり、仏であり、エル・カンターレであーる!」とやっていました。何を隠そうその実態は、神でもなく、仏でもなく、しいていえば「エロ・アカンターレ」だったのですか(笑)。
    大川隆法教祖は法学部落ちこぼれコースで、就職も留学も挫折しまくりで、鬱屈したコンプレックスの塊になり・・・あとは皆様もご存じのとおりです。
    霞が関に昔の大川教祖を知る人はたくさんいますが、全員口をそろえて「そもそも彼を教祖にした宗教なんてものが成立しうるんですかねえ・・・?」と首をかしげています。
    たぶんこの教会の場合も挫折しまくり人生を歩んだ結果、ルサンチマンを晴らすために、新興宗教系のプロテスタントで教祖になったのではないでしょうか。この教祖の学生時代を知る人を探してみるといいと思います。昔を知る人はきっと「彼を教祖にした宗教なんてものが成立しうるんですかねえ・・・?」というと思います。こんなところにいる信者ははたして幸福の科学の信者を笑えるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 返答ありがとうございました。
      やはり異常ですよね、この牧師さん。何でもこの方、二十歳の頃、神学校に行きたいとそこの牧師に言ったら推薦してもらえなかったと、当時を知る人から聞きました。それが今では大物パフオーマンス全開です。
      この牧師に代わってから教会員はだんだん減ってきています。私も他所へ行こうかと思案中です。いつも大声で怒鳴り挙げる説教聞いてると頭がおかしくなりそうです。

      削除
  15. リバイバル、等と言う言葉がばらまかれて久しいですが、未だに本当に聖霊が注がれて後の雨が降って来て………日本にリバイバルが来ます、来た時に、その受け入れる準備をしないと、信徒を養育してリ-ダ-を育てないと………等と言う事を宣って、教会の目標を掲げて、信徒一人一人にビジョンや仕事を課している教会があるのです。
    早く夢から覚めて欲しいものですが、大量の睡眠薬や向精神薬と言うべき「教理」に毒されて、最早病人である事に気付かない牧師とその信徒たちは、ただこれが神から来たものであり、御心だから正しいからと、何でもハイハイと従って、人生貴重な時間とお金を無駄にしてしまっているのです。
    本当に宗教とは怖いものです。
    文字信仰のドグマに縛られた福音主義・カリスマ・ペンテコのキリスト教は、これからも次々とその媚薬にやられる人を取り込んで、横這いか衰退の一途を辿りつつ、メインラインのキリスト教の高齢化と形骸化を尻目に、独特のコミュニティを形成して行くのでしょう。
    リバイバル?詐欺ですね。

    返信削除
    返信
    1. 地域コミュニティが崩壊した現代の受け皿だと思います。
      創価学会もそれで伸ばしていますが、孤独よりはいいと思う人たちの淋しい寄り合いではないでしょうか?
      社会の中に存在感を示せない人たちにとっては、社会を見下す唯一のとりででもあるでしょう。それにしても高齢化とカルト化する教会はこの先どうなることやら。

      削除