2015年1月8日木曜日

クリスチャンとインフルエンザの関係(あるいは無関係)

 インフルエンザが流行していて、身近にも多くなってきた。今回はインフルエンザとクリスチャンの関係について書いてみる。

 諸事情あって、日曜の礼拝をしばらく休んだとする。そこへ折からの流行もあってインフルエンザにかかったとする。疲れていて免疫力が下がっていたのも影響したかもしれない。それで高熱と関節痛に苦しみながら病院にかかり、薬をもらって家で休むことになる。

 その時、これは礼拝を休んでいたせいだ、神からの戒めだ、と考えるのは昨今の信仰的虐待の結果である。「神への奉仕を怠ったからバチが当たった」という発想であって、そんなこと聖書のどこにも書いていないからだ。キリストの弟子として礼拝は最優先、病気でも休むと祝福を逃す、とリーダーから繰り返し教えられた結果である。

 信仰的虐待は、家庭内暴力とかいじめとかと違って見た目のわかりやすさがない。信徒らは神様のために真面目にそれに従っていて、傍からだと純粋な自己選択に見える。「好きでそうしているんでしょ」と言われてしまう。

 けれど実際は、聖書を使った聖書モドキの教育を受けているのである。教会あるいは牧師にとって都合のいい信徒に仕立て上げられているだけだ。

 という訳でインフルエンザにかかると「自分が不信仰だからだ」「何か悔い改めるべき罪があるに違いない」「奉仕が足りないからだ」みたいな発想に自然になる。
 似たような話は沢山ある。たとえば以前も書いたけれど、ある宣教師が子どもを病気で亡くしてしまった時、「自分がある信仰の行いをしなかったから我が子が犠牲になった」と悔い改めたという。

 その発想の根底にあるのは「神は即座に厳しく罰する方」という間違った概念だ。彼らにとって神様は、怒るに遅く、恵みと憐れみに満ちた赦しの方ではない。わずかなミスさえ見逃さない厳しい裁判官であり処罰執行人である。けれどそれは新約時代に生きる旧約時代の発想だ。そんなトンデモな考え方をする宣教師がどんな学校を出たのか知らないけれど、できれば宣教を辞めていただきたい。

 言うまでもないけれど、インフルエンザは感染性のウィルス疾患である。空気が乾燥する冬場に一番流行する。満員電車を利用する人など、人混みに入ることが多い人はいつ感染してもおかしくない。クリスチャンかどうか、心がきよいかどうか、「霊性」が高いかどうかに関係なく感染する。いわば起こりやすい事故みたいなものだ。もちろん神の罰ではない。もし神が人を罰するのであればきっと即座に殺している。

 中世ヨーロッパではペストの流行を「神の罰」と考える向きがあった。他にもさまざまな自然災害が「神の罰」とされた。精神障害は悪魔憑きと呼ばれ、障害児は先祖からの呪いの結果とされた。もちろんどれも根拠のない言いがかりでしかない。その考え方は間違っていたと現代人は言う。けれど現代のクリスチャンの一部は未だ同じ発想で物事をとらえている。

 インフルエンザに感染したくなかったら、礼拝を毎週守るとか奉仕を頑張るとかでなく、人混みではマスクをつけて、手洗いうがいをマメにすべきだ。それこそ神からの知恵である。
 そして神様は寛大な方なので、その知恵をクリスチャンだけでなく広く人類に提供してくれている。

4 件のコメント:

  1. 以前通っていた教会で、おたふくかぜで礼拝に参加しようとした方がいたので、牧師は帰るよう促すかと思ったら、本人を別室で礼拝参加の形をとらせました。学校だったら出席停止の病気なのに他人に影響がなかったのが幸い。

    返信削除
  2. 木林様
    コメントありがとうございます。

    私の知っている教会では、高熱や体調不良をおして礼拝に参加する人が称賛される雰囲気がありましたね。「この人は癒しの信仰を持っている。すばらしい」とかなんとか。結局礼拝が終わったら苦しそうなまま帰りましたけどね。

    返信削除
  3. 聖日礼拝厳守という戒律はかなりいきすぎた面があるように感ずるのは私だけでしょうか。
    インフルエンザのように感染すると大変な事態になることが容易に予想されうる病気にかかった人ですら、聖日だからといってなにがなんでも教会に足を運んで礼拝を守らねばならないというのは、あまりにも非常識すぎると思うのです。
    私が聞いたケースで一番むごたらしいと思ったのは、入院している信者に対して「瀕死の病人でもないし意識があるのなら聖日礼拝を守るべきだ」と指導し、その信者は入院先の病院から医師の同行つきで、車いすで点滴をしたまま教会に来させられたという話でした。
    新興宗教系のキリスト教会の信者になると、うっかり病気にもなることはできませんし、入院してもおちおち寝ていられやしないということではありませんか。入院しなくてはならないほどの病人に向かって「なにがなんでも教会の礼拝に出てこい」という指導をする聖職者は気がくるっているとしか思えません。

    返信削除
  4. 私が以前所属していた教会は、「用事があって休む、ではいけない。なんの用事でどこに行くのかまで具体的に言わないと、あらぬ疑いがかかる」と言っていました。そして、休んだ人の理由を一人一人全員の前で伝えていました。
    ここは社会派の牧師さんだったのですが、どこもそうなのでしょうか?

    返信削除