2014年9月22日月曜日

沈没するまで「待機していなさい」と言われる理不尽について

 今年4月16日、韓国でセウォル号沈没事故が起きた。犠牲者約300人という近年稀に見る大事故となった。その犠牲者の多くは修学旅行中の高校生で、船長や航海士らの緊急対応のずさんさも含め、大々的に報道された。
 
 的確な避難誘導があれば助かる命も多かったと聞く。多くの犠牲者は、船長らの指示に従って船内に留まった結果、命を落とすことになってしまった。まさに人為的な悲劇である。
 
 生存者の証言によると、最初はそんな大事だとは思わなかったとのこと。
 船に何かの衝撃があったけれど、多くの乗客は指示通り、客室で待機していた。次第に船が傾きはじめたけれど、指示はやはり待機。しかし船はさらに傾き、ある時点で浸水しだした。水は見る見るうちに溢れ、その時になって、やっと沈没しかかっているのに気づいた。けれど避難する時間は、ほとんど残されていなかった。
 
 船長らの責任が大きいのは言うまでもない。遺族の無念やいかに。責任の所在がしっかり調査され、裁かれるべきが裁かれることを願うばかりである。
 
 この事故についていろいろ思いを巡らせていると、カルト化教会にも、この事故と似たような構造があるのに気づいた。
 
 ところで「カルト化教会」と言っても、定義を言い出したらいろいろあるだろうから、ここでは「信徒が信仰の名の下に不当に苦しめられている状態」にある教会を指すことにする。
 
 カルト化教会の信徒は、自分がカルト化教会にいるとは認識していない。苦しんでいるとしても、信仰の訓練を受けているのだから仕方がないと思っている。それはある意味で、沈没しかかっている船に乗っているようなものだ。
 次々と提示され暗に要求される献金とか、終わりのない奉仕とか、学歴もキャリアも捨てさせられる献身とか、ずさんで牧師勝手な会計管理とか、そういう「非常識」がすべて「信仰」に見えて、「神の御心」に見える。いつの間にか自分が苦境に立たされていることに気づかない。苦しくても、「置かれた場所で耐えるのが信仰だ」とか言われる。
 それは、沈没しかかっているのに「その場で待機していなさい」と言われて律儀に従っているようなものだ。

 そしてふと気づくと、財布が空になっており、家族を養えなくなっている。二進も三進もいかなくなっている。客室が水でいっぱいになり、どこにも逃げ場がないのと同じだ。
 その時になってようやく、正気に返る人がいる。「これは間違いだったんじゃないか」と考える人がいる。しかし、気づいて取り戻せる人はまだいいけれど、多くを取り戻せない人もいる。

 セウォル号沈没はどう見ても悲劇であり、本来あってはならないことだ。死んだ人は帰ってこない。遺族の方々には、かける言葉もない。
 けれどあえて言わせてもらうとすると、そこには教訓が残されている。その教訓をどうするかは、残された者にかかっている。
 

 カルト化教会の被害者にも同じことが言えると思う。大変な目に遭ったし、まだその痛みがあると思うけれど、そこには教訓もある。もちろん痛んでいるうちは何もできない。けれどいつか回復した時、その教訓を何らかの形で生かすことができるなら、その被害も無駄ではなかった、とはじめて言えるのではないだろうか。

3 件のコメント:

  1. 所詮「宗教」です。
    この船も、日本のお下がりを「改造」して、過積載し放題の状態でこの大惨事です。
    所詮「朝鮮」ですから。
    しかも、キリスト教カルト団体の運営でしたね。
    問題だらけの朝鮮キリスト教ですが、日本の福音主義的新興キリスト教団体は、同じような状態ではないでしょうか。
    神に喜ばれる信仰とは、ただメクラ滅法に、語られている牧師の方針に従う事らしいですから。
    逐語霊感説をとっている教派・教団・教会は、一様にこの方向です。
    聖書は一字一句、誤りなき神の言葉だと。
    文化的・歴史的・時代的背景を一切考慮せず、翻訳・底本選択等の事まで「誤りがない」などとのたまうのは、幾ら学識が高かろうが、人格が優れていようが、メクラ滅法信じているだけであり、神話の世界であって、何ら確証が無い物です。
    そしてその上に、「物・金・カモ・女」等などが、祝福として(あくまでも祭司的指導者のみに与えられる物として)もたらされるのでしょう。
    逐語霊感説を採る、福音主義的教会の基本条項みたいな物でしょう。

    返信削除
  2. 真光系の新興宗教団体で被害にあった人がいますが、その人は自分の体験談を恥を忍んで人に話しています。「新興宗教団体で被害にあった人間のすることは、やはり自分の体験をずっと語り続けていくことしかないのかもしれない。」といつもいっています。
    フランスには無知脆弱状態不法利用罪がありますが、日本には残念なことにありません。
    そしてマインドコントロールについてもあまり知られていません。そんな国では「私はマインドコントロールによって財産を奪われたし人生を失った。」と裁判を起こしても、被害者サイドにとって有利な判決はなかなか出にくいといえるでしょう。
    世間の反応も被害者に対してはけっこう冷たいものがあり、やはりまだまだ「だまされるほうが悪い。」といわれるのです。
    そんな中で世間の笑いものになるのを百も承知で自分の新興宗教被害体験を話す人はやはり立派な人だといえるでしょう。その人にとって一番いやなことは、自分の体験を笑われることではなく、無駄にされることだといいます。自分の体験を聞いた人だけでも、新興宗教にはいかない決意をしてほしいというのがその人の願いです。
    その人の話を聞いて、「神道だろうが仏教だろうがキリスト教だろうが、新興宗教にはいかないぞ!」と決意し、新興宗教の手口を調べて被害者にならないように日ごろから注意を払う人が一人でも増えれば、その人の被害も無駄にはならないと思います。

    返信削除
  3. 本当にそうだ。
    沖縄にはカルト化被害者が多いときく。
    回復したら、黙ってないで同胞を助けてあげよう。
    例え彼らが分裂を起こしてると汚名をきせてののしられても。
    だって、彼らはその同胞のその苦しみは知らん顔しておきながら、SoSを出している人が安住の地を探し始めると、そこは違うとさわぎだす。教会では存在をほっておかれたんだから、せめて 去る時までそうであって欲しいものだ。

    返信削除