2018年4月13日金曜日

神学的な議論をする前に、これだけは知っておくべき

神学論争は有用? 無用?

「神学論争」なる言葉があります。
「神の存在」を巡ってあーだこーだ延々と議論することから、「答えが出ない堂々巡りの議論」を指すようになった言葉です。「鶏が先か卵が先か」みたいな話もこれですね。やったやらない、言った言わない、などと果てしなく言い合う「水掛け論」にも近いと思います。

 この「神学論争」は、キリスト教界隈でもわりと盛んです。
 具体例を挙げるとこんな感じ。

A「聖書は明らかに◯◯と言っているでしょ」
B「いや、そこは本来こういう意味なんですよ」
A「でもヘブル語原典はこうだよ」
B「それは曲解でしょう」
A「曲解してるのはあなたでしょ」
B「どうしてですか」
A「どうしてもこうしても、祈ったらそう示されたんです」

 みたいな感じですね。
 SNSで時々、こんな感じの議論が勃発することがあります。でもだいたいどこにも到達しないで、両者のストレスが溜まるだけで終わります。ものすごく不毛なので、やらない方がいいと思うんですが。

 でも「話し合うことも必要だ」「議論を避けるべきでない」という意見もあります。
 もっともですね。話し合わなければ、理解も歩み寄りもありませんし、何の生産性もありません。しかし上記のような応酬を見てしまうと、やはりやる気が失せますね。「結局話し合っても意味ないじゃん」となりますから。

議論とは

 では、どうすべきでしょうか。
 まずは「議論」について理解した方がいいと思います。

 ザックリ書くと、議論とは「互いの意見を出し合い、両者の違いを知る」ことです。片方がもう片方を論破するとか、結論を出すとか、相手の考えを変えるとか、そういうのは本来目的ではありません(もちろん議論の種類によっては、一定の結論を出すべきものもあるでしょう。たとえば会社の経営に関する時間的猶予のない議論とか)。

 そのあたりを最初に明確にしておかないと、上記のAさんとBさんのようなことになってしまいます。

 時々、ベテランのクリスチャンが「エ◯バの人が来たから論破してやった」みたいなことを言いますが、「一方的な勝利宣言」に聞こえてなりません。たぶん相手の目的は「勧誘」で、ベテランの目的は「論破」だった、というズレがあったんじゃないかと思うからです。

ゴール(目的)はどこなのか

 議論をする上で一番大切なのは、両者が目的を共有することです。

「この話し合いによって、お互いに相手の考えていることを理解しよう」
「相手の話から、何か一つでも学ぶべきことを見つけよう」
「自分の知識の不足している部分を把握しよう」

 みたいな感じで。
 お互いに「ここがゴール」と決めておけば、脱線しても軌道修正できます。お互いゴールを意識しますから、そこに向けて話を進めて行けます。ストレスもあまり掛かりません(むしろ楽しいかもしれませんね)。

 逆にゴールがないと、話がどこに行ってしまうかわかりません。脱線しまくった挙句の果てに、上記のように「論破してやったぜ」と思い込む恐れもあります。

学ぶ姿勢

 議論でとりわけ大切なのが、「相手から学ぼう」という姿勢です。

 自分と違う考え方をする人たちは、べつに「敵」ではありません。「考え方が違う」だけです。だから「自分とは違う」という認識がまず必要です。
 そして「違うことは問題ではない」のも知るべきです。

 相手が間違っているとか、自分が絶対的に正しいとか、そういう決めつけは良くないです。むしろ「この人は自分とは違う景色を見ている。それを教えてもらおう」みたいな姿勢で臨むのが、いいんじゃないかと思います。

議論すべきでない相手

 ここまで書くと、「議論すべきでない相手」が見えてきます。
 すなわち「議論のゴールを共有できない相手」「話すばかりで聞かない相手」です。もう一つ付け加えるなら、「礼儀を守れない相手」です。

 はじめから「こいつを論破してやろう」「自分の正しさを知らしめてやろう」と掛かってくる相手とは、議論しても何にもなりません。時間の無駄なので避けるべきです(まったく付き合わない、という意味ではありませんよ)。
 だから議論に発展しそうな場合は、相手が何を考えているのか、何を望んでいるのか、そのあたりを見極めるのが先かと思います。

 さて皆さん、上記をご理解いただいて、有意義な神学論争(?)をしましょうね(笑)

2 件のコメント:

  1. 今まで私が経験したり見聞きした堂々巡りの不毛な議論のトピックとしては、進化論、終末論、奇跡の賜物、同性愛についてなどがありました。

    それらが水掛け論になってしまうひとつの原因として、それぞれが考えの基本にしている前提条件が違うから議論がかみ合う筈がないのに自説を延々と主張することがあるように思います。

    書かれているように最初から正しいとか間違いとか決め付けないで、自分が前提としている固定観念が正しいと言えるのか?違う見方もあるのではないか?という姿勢で議論しないと意味がないですね。

    同じ教会の同じ人たちと普段接しているとどうしても一元的になりやすいので、幅広く情報や意見を集めて聖書と参照しながら自分なりに吟味する姿勢は大切だと思います。私はfuminaruさんのブログから同性愛について自分の考えを変えるヒントを貰いました。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      当ブログが同性愛について考えるきっかけになったとのこと、大変光栄です。

      おっしゃる通り、自分の見方が間違っているのかも? と考えるだけの余裕が必要だと思います。それをなくしてしまうと、ひたすら独善的になっていくだけですね。

      削除