2017年10月8日日曜日

元キリスト教原理主義者の雑感

「預言」について、小難しいことを3回続けて書きました。なんだか頭が疲れましたね。読んで下さった方も疲れたんじゃないかと思います(ただの想像)。
 というわけで今回は息抜き的に雑感を書きたいと思います。どうでもいい話になると思うので大変恐縮なのですが。

1年という期間の重み

 早いものでもう10月ですね。今年もあと3ヶ月を切りました。ちょっと気が早いですが、今年は皆さんにとってどんな1年だったでしょうか。
 私個人はちょっとペースダウンして、今年はゆっくり過ごしました。何度か書いている通り、今年の3月でようやく学校が終わり、ちょっと休みたい気分だったからです。休むと言っても仕事はしなければならないので、まあ適当に働いていたわけですけれども。

 私が常々思うのは、「時間」は人間にとって最も貴重で、掛け替えのないものだということです。物や金銭はなんとか取り返すことができても、時間だけは取り返すことができませんから。有意義であろうがなかろうが、過ぎた時間はもう返ってこないわけです。当たり前ですけれど。だからできるだけ有意義でありたいと私自身は願っています。

 具体的には、何かを「積み上げる」ことが大切だと考えています。何かコレと思うものを、年月をかけて、コツコツと積み上げていくのです。
 私はこの3月に学校を卒業し、資格試験に合格しました(お祝いの言葉を頂きありがとうございました)。約3年間学習を積み上げて、資格をゲットしたわけです。これは素直に嬉しいことでした。
 ただ私が言っている「積み上げる」とは、資格とか学習とかだけの話ではありません。日々コツコツ努力することの全部に当てはまると思います。筋トレで筋肉や体力を蓄えることも、英会話教室で英語力を身に付けることも、毎日真面目に働いて職場で信頼を得ることも、すべて一朝一夕にはできません。ある程度の期間、コツコツ続けた結果として得るものです。
 その1回1回は大したことないかもしれません。英単語を10個覚えたところで、ほとんど何にもなりません。でも毎日10個ずつ覚えていったら、1年後には今読めない英文が読めるようになっているでしょう。その10個を大したことないと思うか、重要な一歩と思うかで、違ってくるわけです。

 1年間という時間は誰にとっても同じ長さですが、どう過ごすかは皆違います。無為に過ごすことできます(無為が悪いわけではありません)。逆に何かを積み上げることもできます。そして私は後者の努力が好きなわけです。べつに押し付けるつもりはありませんが。

 さて、2017年は、皆さんにとってどんな1年だったでしょうか?(やっぱり気が早い)

・私はすごい原理主義者でした

 2013年の3月からこのブログを始めて、はや4年半が経ちました。もうすぐ5年の節目になります。何年書いても文章が上達しないのが問題ですが(それこそ積み上げられてないってことですね笑)。

 カルト化教会というニッチすぎる分野ですけれど、皆さんから頂く反応はハッキリ2つに分かれます。賛成か反対です。カルト化の被害に遭われた方は概ね賛成してくれていると思います。応援のコメントも沢山頂いています。しかし反対するのがどういう人たちなのか、(あまり議論をしないので)イマイチわかりません。原理主義的な教会の皆さんなのでしょうか。
 私は「預言」や「異言」や「癒し」などの奇跡系体験には懐疑的です。また「終末」や「携挙」を強調するのに反対です。「霊の戦い」や「ダビデの幕屋の祈り」などはもはやキリスト教ではないと考えています。もしかしたら、そのへんが原理主義の皆さんの反感を買っているのかもしれません。よくわかりませんが。
 でも私自身、生粋の原理主義者でした。たぶんそのへんの原理主義者がビックリするくらい過激でした。だから原理主義の皆さんがどう考えているのか、何を大切にしているのか、よく知っています。当ブログではあえてそれらを批判的に書いていますので、まあ怒られても仕方ないのかもしれませんけれど。

 でも当ブログを読んで怒られる原理主義の皆さんは、私がもともと「仲間」だったことは心に留めておいて下さい。そして「何が」私をここまで変えたのか、そのへんに興味を持って頂けると嬉しいです。

・クリスチャンのブログとは何ぞや

 以前、当ブログにこんなようなコメントを頂きました。
「聖書の引用のない(クリスチャン)ブログはダメだ」
 その人いわく、聖書の引用が沢山あるブログは「良いブログ」だそうです。逆に引用のない(当ブログのような)ブログはダメなようです。
 ずいぶん乱暴な言い方だと思いますが、皆さんどう思われますか。

 単純に考えて、クリスチャンが書くブログに聖書の引用があるかないかは、そのブログの「目指すもの」によって変わってくるんじゃないでしょうか。聖書解釈を披露したいなら、当然ながら沢山引用することになるでしょう。でもそういう必要がなければ引用しないでしょう。それだけのことだと思いますが。

 それに聖書引用が多いからって、そのブログが「良い」かどうかはわかりません。聖書引用でビッシリになった記事を皆さん読みたいですか。私はあまり読みたくありませんが。

 私のブログはキリスト教カルト化教会をテーマにしています。だから読者はカルト被害者か、そいう教会にいる人か、あるいはそういうことに興味のある人になると思います。聖書を読んで知っている人たちです。だからあえて言及しなくても「わかる」だろうと私は想定しています。
 それに全く引用しないわけでもありません。どこそこの書簡を読んで下さいとか、こんなようなことが書いてありますとか、そういう形の引用なら結構しています。もちろん必要に応じてですけれど。

 あまり聖書引用をしない理由は他にもあります。カルト被害に遭われた方の中に、「聖書の言葉さえ見たくない」という人が少なくないからです。私もそういう時期があったのでよくわかります。だから聖書がどうこうという講釈はあまりしません。

 そういう諸事情を無視して、「引用が多い=良いブログ」「引用がない=ダメなブログ」と決めつけてしまうのは、なんとも浅はかじゃないかなと私は思います。
 繰り返しますが皆さんはどう思われますか。

 何だかんだ言いつつ、また小難しいことを書いてしまった気がしますね。大変失礼しました笑。それではまた。

11 件のコメント:

  1. このブログに対して批判的な考えを持つ人は、お金も資産もすべて布施しつくして、もう布施するものがないので人生そのものを布施する「極限の布施」をして、後戻りできなくなった人だと思います。

    極限の布施をしてしまった人は、会社をやめ、中には家族と水杯の人もいます。教団の外に生活基盤がなく、家族と水杯(大半は喧嘩別れなわけですが)した以上、意地でも「この新興宗教の中で出世して幸せにならないと」となっています。
    ほら、よくいるでしょ?「あんなあばずれはだめだ」とみんなの反対を押し切ってあばずれと結婚した男が、奥さんに不倫されまくっても、みんなの反対を押し切った手前、意地でも別れないという・・・。新興宗教系プロテスタントに行って、人生を布施してしまった人たち(中にはヤマギシのような出家コミューン型の教団もあります)は、まさに「あばずれと結婚したのは失敗だったとわかっていても、今更どうしようもないのでしがみつくしかない人」といえます。

    >聖書の引用が沢山あるブログは「良いブログ」だそうです。逆に引用のない(当ブログのような)ブログはダメなようです。
    このブログは、新興宗教系プロテスタントの問題点を取り上げているわけですので、聖書の引用を特に多くすべき点があるとは思えません。聖書の引用を多くやっているのがよいという考えは、新興宗教系プロテスタントの反知性主義のコンプレックスの裏返しかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      「極限の布施」ありますね。たしかにそこまで進んでしまったら、その道を突き進むしかないのでしょうね(遠い目)

      削除
  2. お疲れ様です!
    私はこのブログのスタンスに大賛成ですね。面白いし(笑)いや、カルト教会経験を面白く書けるってのは凄いです。普通はここまで出来ませんから。乗り越えられた人にしかできません。これからも応援しています^ ^
    いつか、I don't know who I am オフ会なんて出来たら良いですね。新宿シャローム教会隣のの居酒屋とかで(笑)

    返信削除
    返信
    1. いつもコメントありがとうございます。
      新宿シャローム教会の隣とかいいですね!笑

      削除
    2. 新宿シャローム隣の居酒屋のオフ会も悪くはありませんが、もっとこの手の活動を広げていった方がいいと思います。新興宗教系の仏教や神道をやめた人たちと手を携えていくことはできないものですかね?

      よく新興宗教系プロテスタントで躓いた人が、同じクリスチャンだからわかってくれると、悩みを打ち明けたり愚痴をこぼしたりしても、あまりわかってもらえなかったとか、ひどい場合は「あなたが悪い。教会は正しい」と裁かれ、かえって落ち込んでしまったケースが多いと思うのですよ。

      こんなときにわかってくれるのは、同じクリスチャンではなく、新興宗教系の宗教団体を経験した人たちではないのでしょうか?
      「あーそれね。わかる。うちも池田先生を批判したら・・・」とか、「私も天理教にいたとき、真柱や棟梁たちのやり方は世間の常識からみておかしいといったら・・・」といった話を聞かせてもらった方が、はるかになぐさめになると思いませんか?少なくとも「新興宗教でこんなつらい思いをしていたのは自分だけじゃなかった」とわかるだけでも、「あなたが悪い」とクリスチャンから裁かれるより、はるかに精神衛生上よいのは確かなのですからね。

      それこそオフ会も、信濃町の居酒屋や天理市の天理ラーメンの有名店といった、日本全国の店でやれるでしょうし。

      削除
  3. インマヌエル2017年10月8日 21:52

    「聖書」の引用は、生活レベルでのキリスト教に縁の薄い「教養として何となくキリスト教に親しんでいる日本人」の心をくすぐる所ですね。私も原理主義系の教会に通ってました。(そこはカルトではないです!)原理主義的に聖書を受け止めるならレビ記の規定を守らないといけませんね。この疑問が、最後までそこの教会員にならなかった理由です。

    返信削除
    返信
    1. インマヌエル様
      いつもコメントありがとうございます。
      賢い選択だと思います。結局「聖書の言葉を守る」と言っても選択的なことが多いですからね。この言葉は守るけどあの言葉は守らない、みたいなことが平気で行われているのを見るにつけ閉口してしまいます。失礼ながら。

      削除
  4. 聖書の引用というのは、言ってみれば虎の威を借る狐作戦ですね。聖書という虎の中から自己の考えに合う部分を適当に引っ張り出してきて、箔をつける、正当化する作戦ですね。私の考えはいかに聖書的かをアピールするわけです。原理主義というのは何かと言うことですが、ユダヤ教の原理主義者はエルサレムでもコミュニティをつくって、観光をかねてぶらぶらしましたが、独特の雰囲気がありましたね。服は大人も子どもの例の黒い服、仕事はしないで、もちろん宗教上の理由で兵役も拒否する、そして生活保護を受け、もっぱらユダ教の学習に励み、祈りを主体とする生活を送る。まあ、俗世で出家生活をおくるような感じでしたね。日本のキリスト教の原理主義者の日常生活はどのような者なのでしょうか、興味がありますね。

    返信削除
    返信
    1. kametani様
      いつもコメントありがとうございます。
      よくSNSなんかでも、聖書の言葉だけ掲載して何かをアピールしている人がいますね。何の意味があるのかわかりませんけれど笑
      日本のキリスト教原理主義者の日常生活につきましては、連載中の「キマジメくんのクリスチャン生活」を参考にして頂ければと思います。

      削除
  5. キリスト教原理主義者もユダヤ教のそれと同じで、やはりどこか浮世離れしているところがあるのかもしれません。特に聖職者は。以下に出します文章は、天理教をやめた人が書いたものですが、これはキリスト教にも確実にいえますよね。


    天理教だけでなく、僧侶も神主も、宗教家と呼ばれている人達は、皆が皆ではないけど、宗教関係者との人付き合いばかりで、世間知らずになっていると思う。
    世間知らずでも別にいいけど、庶民は寄り付きもしません。庶民が何に悩み、何を求めているのかも分かっていないような宗教には一時的に人が入ってきても、すぐに嫌気がさして出ていってしまいます。
    布教とかを抜きにして、先ずは、色々な人の話を聞いて見聞を広める事が大切なのでは?
    新入社員がいきなり、管理職を任されても、部下は、ついてきません。経験不足だからです。
    下積み期間が必要です。
    僕は、天理教の教会長を見て、そう感じました。


    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      良い文章ですね。まったくその通りです。教会にも一般人の感覚がわからなくなっている人が多くいると思います。わかったふうな口はききますけれど。

      削除