2017年6月27日火曜日

クリスチャン流、パワハラとの向き合い方

・ストレスのせい?

少し前、某女性議員の秘書に対する暴言暴行が発覚しました。
 おそらく継続的に被害に遭っていただろう男性秘書が、ボイスレコーダーで証拠を保存し、公開したのです。それまでに辞めた秘書が百人近くいたそうなので、その議員の暴言暴行は恒常的だったと推測されます。

 その証拠音声はイロイロなところで流されましたから、聴いた人も多いと思います。なかなか衝撃的でしたね。

 謝罪行脚の最中の出来事だったようで、「ストレスが高じていた」というのが今回の暴言暴行の理由とされているようです。それは間違いないんじゃないかと私は思います。大変なストレスだからって部下に暴言暴行していいわけはない、と言われて当然な理由ですけれど。
 要は、こういうことです。

 人は強いストレスに晒されると、本性を現す。

 前にも書いたことがありますが、ある宣教師が、他の牧師たちと議論になった時、激昂して怒鳴り散らしました。ちょっとここでは書けないような内容の罵り方でした。宣教師は後から「あれは義憤だった。神による怒りだった」みたいな言い訳をしましたが、結局謝罪の一言もなかったので、驚きましたが。
 けれどその宣教師は普段から話し合いの場で声を荒げることが多かったので、たぶん義憤とか神とか関係なく、短気な性格なのだと思います。それも単に短気なだけでなく、怒りをコントロールできないタイプの。
 要はそれが本性で、ストレスが高じて表面化した、ということだと思います。

 だから件の女性議員にしてもその宣教師にしても、一時的なストレスで暴言や暴行が「たまたま」出てしまった、ということでなく、もともと「ストレスが高じると暴言暴行に走る人」なのだと考えられます。もちろん「ストレスが高じた→即、暴言暴力」というわけではありません。ストレスが高じ、かつ「暴言暴行しても大丈夫な相手」が目の前にいると、そういう行動に出ると考えられます。

・べつに珍しくないパワハラ

 この件を受けて、別の議員が「こんなの珍しくない」みたいな発言をしています。それはそれで問題だろうと思うのですが、まあ事実そうなのだろうとも思います。この手のパワハラは、なんの統計データもないですが、おそらく多いと推測されます。

 キリスト教界をみてみても、司牧によるパワハラは、歴史的に度々認められてきました。
 最近の話だと、カトリック教会の司祭による数々のセクハラが、ボストンの新聞社によってスクープされました(映画『スポットライト』で描かれています)。日本だと聖神中央教会の牧師による連続女児強姦事件が発覚しています。
 またそこまで大きくない、日の目を見ないケースも、数多くあると思います。

 身近なところでも、聖霊派・福音派の(一部の)教会のパワハラ話はけっこう聞きます。私の知っている牧師にも、若い信徒に対する暴言なんて日常茶飯事なのがいます。なんなら「説教してやってるんだ」くらいの勢いです。悪いなんてちっとも思っていないようです。

 笑えない笑い話ですが、ある礼拝のリハーサル中のことです。信徒が思い通りに動かなくて、牧師が激昂してしばらく怒鳴り散らしていました。信徒はみな静まり返って下を向いています。ところでその礼拝はネット配信されることになっていましたが、スタッフの手違いで、リハーサル中から既に配信されていました。当然牧師の怒声もネットに晒されていたはずです(リアルタイムでなければ見られなかったでしょうが)。
 そのことに気づいた牧師が、急に口調を緩めたのが、何とも情けなかったですね。
「なんだよ〜、これじゃあ僕が超厳しい人みたいに思われちゃうじゃんか〜」とかなんとか言い訳をしていましたが、もう絶句するしかありませんでした。

 要は、パワハラをする人間は、パワハラをしても大丈夫だと思われるTPOをわきまえているということです。件の女性議員だって、その車内の様子が全国ネットで流されるとわかっていたら、暴言どころか箴言の一つでも語ったことでしょう。抵抗できない弱い哀れな秘書一人だった(と思った)から、やりたい放題できたのです。

 だから優しそうな人とか、素晴らしい人格者とかに見える人が、その外見のままの人物かどうかは、残念ながらわからないのです。キリスト教の司牧だからって、簡単に信用してはいけません。

・もしパワハラに遭ったら

 会社の上司とか教会の司牧とかがそのようなパワハラ人間だったら、それに従う人々は大変です。TPOさえ揃えばパワハラされかねませんから。
 可能ならば、そういう環境からは早々に離れることをお勧めします。耐えて頑張ったって、ほとんど何も解決しません。こういう場合に「祈って待てば大丈夫です」みたいな無責任な助言をする人がいますが、パワハラを助長するだけです。

 逆にパワハラに立ち向かおう、戦おう、と考えるのは立派なことですが、あまりお勧めしません。教会内で牧師に逆らっても、牧師の味方が沢山いるので、余計に辛くなるだけですから。
 またどれだけ戦ったところで、牧師のパワハラ体質が変わることはありません。やるなら法的措置くらいになるでしょう。でも教会内のパワハラは証明が難しいでしょうから、これもまた困難な道になります。それよりは早々に離れた方が、ずっとラクかもしれません。

 一つの教会に一生所属しなければならない、なんて義務はありません。一部の教会は「人にはそれぞれ植えられるべき教会がある」などと主張して信徒を囲い込もうとしますが、そんな根拠は聖書にはありません。そのように(勝手に)解釈しているだけです。だから牧師の態度があまりに理不尽だと感じるなら、さっさと離れた方が良いです。なにも遠慮することはありません。自分自身を守ることが先決です。教会を離れたら神の怒りを買うとか、そんなことはありません。

・クリスチャンの強み

 パワハラ牧師の話ばかりになりましたが、これは残念ながら牧師だけの話ではありません。先輩信徒が後輩信徒をイジメることもあれば、教会学校の先生が子供たちをイジメることもあります。
 要は、自分より弱い存在がいて、自分がその存在を自由に扱える立場にあると、人はパワハラに走りやすくなる、ということだと思います。皆が皆そうだとは思いませんけれど。

 しかしクリスチャンにとって朗報は、「主がいつも見ておられる」という感覚を持てることです。神様がいつも自分と共にいて、自分のすることを見ている、と考えるならば、弱い者イジメに歯止めがかかるかもしれません。また「小さい者の一人にしたのは私にしたことだ」という言葉を思い出すなら、相手を神様のように扱うことができるかもしれません。もちろんそういう感覚だけで、怒りや暴力の衝動を完全にコントロールできるとは思いませんが、一つの助けにはなると思います。

 また私たちは、学ぶことができます。先人たちの偉業に学ぶこともできますし、その失敗を反面教師とすることもできます。
 件の女性議員の顛末は、私たちに大切な教訓を示していると思います。その教訓をキャッチできるかどうかは、若干大袈裟な言い方かもしれませんが、私たちの将来を左右することになるかもしれません。

9 件のコメント:

  1. 団塊の世代から60歳くらいまでは、労働組合が強かった時代を経験していることもあり、職場の上司は何様だ、団交でとっちめてやるぞという雰囲気が合ったね。私自身も大学時代は大学闘争の最後のころだったが、唯我独尊、造反有理でパワハラするようなヤツはやっつけてしまえというが普通の認識だったように思える。教会に関しても、神父や牧師は一応は敬うが、あの牧師や神父は勉強していないなあ、人間的にも問題あるなあ、と思われたときにはもっと勉強しなはれ、人間的にも成長しなはれと、言うのが普通だったですね。あかんと思ったら、そんな教会はやめてやる、他にも教会はいっぱいあるやないか、という感じでしたね。時代が悪くなっているように感じますね。

    返信削除
  2. よく言うならば従順、あえて語弊があるかもしれない表現をするなら自らの頭で考えることを放棄している人が、多いかな、と感じます。
    大学で勤務していて学生さんを見ていると。

    私の経験を書かせていただきます。
    洗礼を受けた教会では、牧師やリーダーに従うことを強調されていました。
    身体障がいを持つ方が礼拝に来られて、
    礼拝後に牧師と交わりをしていました。

    その方が帰られた後、牧師は、教会メンバーに、
    ああいう人とコミュニケーションとるのは疲れるねん!
    とあっけらかんと発言。
    私はメールで牧師さんに、ああいう風に言うのはどうかと思う、
    と伝えました。
    すると、返事がなく、しばらくしてこちらから礼拝所話しかけると、
    オフェンド(攻撃)されたのでショックだった、といっうました。

    ブログ主さんの今回のエントリーとは、ずれているケースかもしれませんが、
    会話が出来ないような牧師の主催する教会は、
    通わんとこう、と思い、別の教会へ移りました。

    その牧師さんが度々問題発言をしても、
    誰も完璧ではないし、とか
    彼の弱さにも仕えるのが信徒として忠実さを試されるのだ、
    とかいう考えで残る人達もいました。

    各自の自由なのですよね( ;´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. >よく言うならば従順、あえて語弊があるかもしれない表現をするなら自らの頭で考えることを放棄している人が、多いかな、と感じます。
      大学で勤務していて学生さんを見ていると。

      学生はやはりまだ子供なので無理でしょう。そして大人であっても、日本人はキリスト教の知識がないために、自分の頭で考えろといわれても、それが難しくなっているのではないかなあと思うのです。
      「自分の頭で考える」という行為をなすときに、実はそのためには膨大なる情報や知識のストックが必要になってくるわけです。情報や知識がしっかりあってこそ、それを基準にしてようやっと自分の頭で考えるという行為をなせるようになるのです。
      日本人は、キリスト教どころか仏教も葬式仏教ですし、はっきりいえば宗教音痴といってもいいのではないでしょうか。そしてその宗教音痴ゆえになかなか理解できない・・・。せめて仏教だけでもそれなりにわかっていれば、たとえば「自分の地域ではどこが新興宗教系の宗教団体なのか」がわかるのです。

      山下清は誰かに出会ったときにいつも「この人は兵隊の位でいうと、どれくらいかな?」と口癖のようにいっていたそうですが、キリスト教においても、ぜひこの山下清を見習うべきなのです。
      「この教会は、仏教系の宗教団体でいうと、どういった団体に相当するのかな?」
      もちろんこんなことができるには、それなりに情報や知識のストックが必要になってくるのはいうまでもありませんが。
      つまり「宗教において一番大切なのは教養主義」、これに尽きるということなのです。断じて新興宗教系プロテスタントのモットーである反知性主義ではありません。

      削除
  3. 「教会の中で起こった問題は、宗教関係者に相談するのではなく、宗教を信じていない人に相談しましょう!」
    これをキリスト者の間に広めていくことが大切ですね。だって事実ですもの。
    宗教を信じていない人はこんなことをいいませんよ。
    「祈って待てば大丈夫です」
    「人にはそれぞれ植えられるべき教会がある」

    ここを読んで思い出したのですが、そういえば、新興宗教系プロテスタントの教会では、ときに「あなたがこの教会に来たのは決して偶然ではありません。神があなたをこの教会に導かれたのです。つまりあなたはこの教会に何があってもしがみついているべきで、ここを離れたら滅びてしまうのです」と教えるところがありますよ。
    ネットが普及する前は、教会を探している人は、周囲にキリスト教によほど詳しい人がいない限り、おかしな新興宗教系プロテスタントの教会に行ってしまって、「あなたがこの教会に来たのは決して偶然ではありません・・・」といわれて、そんなものだと思い込んでしまったために、破産したり離婚したり会社を解雇されたりといった悲劇があとを絶ちませんでしたね。今はネットのおかげで、「この地域ならA教会は危ないが、B教会は安全だ」とアドバイスをもらえるようになりましたので、被害者は幸いなことに年々減っていっていますが。

    >聖霊派・福音派の(一部の)教会のパワハラ話はけっこう聞きます。私の知っている牧師にも、若い信徒に対する暴言なんて日常茶飯事なのがいます。なんなら「説教してやってるんだ」くらいの勢いです。悪いなんてちっとも思っていないようです。
    新興宗教系プロテスタントで、什一献金を厳しく信者に義務付けている教会の話ですが、その教会では「お前らは金に執着している。だからこのままでは地獄に落ちる。お前らが地獄に落ちないように金の執着をとる修行を教祖様が課してやっているんだからありがたいと思え!」とやって、信者の尻の毛を一本のこらずむしり取っていますよ。

    返信削除
  4. つい最近、クリスチャンの知り合いの方が通っている教会で揉め事があったようで「相手を許せないと思ってしまう自分が悪い。罪だ。」と言っていたので、話を聞いた上で判断し「それは相手がおかしいよ。貴方は悪くないし、許したくないなら無理矢理許さなくてもいいんだよ。」と言ったのですが、周りのクリスチャンの方の「祈れば大丈夫。」とか「人を許せないなんて信仰が足りない。」の言葉に押されてしまい、気付いた頃には朝から晩までテンション高くSNSに神様の事を呟き、完全に病んでる人になっています。せっかく教会の外の人間に話してくれたのに、結局教会の中の人に押し負けてしまいました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      いたたまれないお話ですね・・・。
      キリスト教的「許し」を、「何が何でも、どんなことでも許さなければならない」と勘違いしてしまう人は、たしかに多いようです。
      不正をはたらいてバレた牧師も、周囲に「許さなければダメだ」と許しを強要することがあります。

      「キリストが私の罪を、無償で許して下さった」のは間違いないです。しかし、たとえばAさんがBさんに損害を与えたなら、Aさんはその償いをしなければなりません。害を与えたなら、その補償をしなければなりません。そこにキリストや許しを持ってくるのはおかしいですね。

      でも一部の教会やクリスチャンには、そういう当然の常識が通じないので、「許せないのは罪だ」みたいな話になってしまいます。そういうふうに教育されているから、という事情もあるとは思いますが。

      だからこれは、教会の「教え」を根本的に見直さないといけない問題だと思いますね。なかなか根の深い、難しい問題ですね・・・。

      削除
    2. あのー・・・こういうときに相談すると、すぐに「許せ」という新興宗教系プロテスタントの人って、自分は絶対に許すってことはありませんよ?
      とくにカルト化した教会の教祖様はね。ひどいところになると訴訟起こしまくりです。金の力にあかせて。なにせ信者の尻の毛を毎日がんがんむしりまくっていますので、お金だけはたくさん持っていらっしゃいますからねえ・・・。弁護士に高額の報酬を払って「訴えてやる~」てなもんですよ。
      自分は日ごろ「私は誹謗中傷されました」とか相談されると、「許しなさい。許さないのは信心がたりないからだ」とか言っていたのにですよ?
      日ごろの論法からいけば、みんなのお手本になるべく許せばいいのにね(笑)。「許せ」と人にアドバイスなさる教祖様が実は
      「 一 番 信 心 の 足 り な い 人 」
      だったというオチでしたチャンチャン!

      削除
  5. インマヌエル2017年7月10日 9:15

     日本の教会の問題点は「性善説を前提にした身内意識」ですね。問題が発生しなければ、ある意味、この世知辛い世の中で大変心地よいのですが。
    私の通ってる教会は繁華街にあるので、以前スリが紛れ込んでいて被害が発生しました。

    返信削除
    返信
    1. インマヌエルさん
      いつもコメントありがとうございます。
      おっしゃる通りだと思います。居心地が良くなってしまうので、おかしいと思うことがあっても黙認してしまうというか、なかったことにしてしまう、という体質が一部の教会にはあると思いますね。
      それにしてもスリは大変ですね。礼拝中はけっこう無防備になることが多いですよね。私の知っている教会でも、盗難が続いてなかなか大変だったことがあります。

      削除