2016年10月14日金曜日

ハロウィンまとめ(2016年版)

■今年もハロウィンの季節がやってきた

 さて今年もハロウィンの季節がやってきた。1年ぶりである(当たり前)。
 当ブログでは、「ハロウィンがプロテスタント系クリスチャンにとってどうなのか」という点で何度か記事を書いている。その中で、今でもよく読んでいただいているのがこちら。

→ハロウィンを悪魔崇拝と決めつけるクリスチャンの浅はかさ。

 要約すると、ハロウィンに悪魔崇拝の要素が隠れていると仮定(あくまで仮定)しても、当人に崇拝の意思がなければ、それは崇拝にはならない、ということ。たとえば保育園でハロウィンパーティが開催され、子供たちがお菓子やケーキや仮装やゲームを楽しんだとして、それはサタニストの集会じゃないし、それで子供たちがダミアンみたいになる訳でもないし、表でも裏でも悪魔を崇拝する具体的行為がなされている訳でもない。そういう無邪気なパーティの裏で「しめしめ、子供たちに無意識に悪魔崇拝させてやる。ケケケ」とか言ってる低レベルな悪魔がいるのなら、是非お目にかかりたい。
 というようなお話。

 で、今年もハロウィンの是非について、一部のクリスチャンの間で議論がなされている。
 議論されているけれど、基本的に「土台」の違う人たちどうしが議論していて、いつまでたっても並行線でしかないように思う。ハロウィン肯定派も否定派も、ハナから自分の意見(信仰?)を曲げる気がない。だから議論と言いつつ、あまり論理的な話し合いにはなっていない気がする。だから(私に言わせれば)、時間の無駄じゃないかなと思う。聖書解釈という「土台」が違うのだから。極端な例だけど、片方が宇宙の話をしていて、もう片方が海の話をしているようなもの、と言ったらわかりやすいだろうか。

 私個人は、ハロウィンは良いものでも悪いものでもなく、楽しむも楽しまないも、個人(あるいは教会)の自由でいいと思っている。ちなみに私はハロウィンだからと言って何かする習慣はない。心情的にも信仰的にも、賛成も反対もしない。
 歴史的にはもともと「収穫祭」だったものが、現代の商業ベースに乗っかって一般化し、大勢がパーティや仮装をすることで商業側が利潤を得る、というのが昨今のハロウィンの意味だと私は考えている。

■そこに無理やり悪魔が引き込まれている気がする

 ただ私が問題だと思っているのは、ハロウィンに「霊的」に悪魔が働いていて、ハロウィンを祝うと「呪われる」とか、「救いから漏れる」とか、そういうオカルトっぽい「脅迫」についてだ。

 まず「霊的」という時点で、私たちはだいぶ警戒しなければならない。「霊的」そのものを否定する気はないけれど、教会のカルト化が拡大しつつある昨今、「霊的」を主張する傾向には注意しなければならないと思っている。なぜならカルト化教会は、「霊的」という「判定しづらい指標」を好んで使うから。

 もしハロウィンに「霊的」に悪魔が働いていて、それを祝うことで「呪われる」と主張するなら、その実例なり統計データなりを一緒に提供するべきだと思う。これだけの被害が出ているから避けなければならない、という根拠付きの警告なら、有効だろう。
 でもそれ以前に、それが事実なら全国的に、いや世界的に既に問題になっているはずだ。たとえばディズニーランドのハロウィンの夜なんかは、毎年大変なことになっていなければならない。そういう話は全く聞かないけれど。

 次に「呪われる」というのが具体的にどういう状態なのか、そのへんもちゃんと説明しなければならない。呪われたらまずこうなって、次にこうなって、最後にこうなる、みたいな説明がないのは無責任ではないだろうか。そういう説明なく「呪われるぞ」だけなら、脅迫ととられても仕方がない。

 最後に、これは以前も書いたけれど、ハロウィンを祝うと「救いから漏れる」みたいなトンデモ論は本当に勘弁してほしいと思う。びっくりするくらいのトンデモ振りなので、もう一度それらを紹介してみよう。

・ハロウィンのトンデモ論①
カボチャが悪魔の出入り口になる!

 なんかカボチャという食べ物が、悪魔くんたちの出入り口になるらしい。てことはカボチャがなければアダムもエバも罪を犯すことなかったのにね!
 みんな、スーパーマーケットのカボチャ売り場には十分注意してね!(ウソ)

・ハロウィンのトンデモ論②
仮装するとクリスチャンじゃなくなる!

 なんか仮装すると、クリスチャンとしてのアイデンティティをなくしてしまうそうです。姿が変わって、神様から見えなくなるのかな? 神様ってそんな限定的な能力だったっけ?
 みんな、下手にイメチェンしたら、天国行けないかもよ?(ウソ)

・ハロウィンのトンデモ論③
上記をバラすと30日以内に悪魔に殺される!

 なんかジョン・ラミレスという「元サタニスト」によると、上記の話は悪魔界のトップシークレットで、それをバラしちゃったジョンさん、悪魔に「30日以内に殺す」って言われたみたいです。もう何年も前に。
 みんな、悪魔のトップシークレットを気軽にバラすなよ!(ウソ)

 と、いうようなトンデモ論を信じちゃう人は少ないと思うけれど、信じる人は信じるようだ。
 てことはカボチャ禁止の食生活になると思うけど、「すべての食べ物はきよい」と宣言された事実に、さっそく反しているような気がする。そのへんどう反論するつもりなんだろう。

■「イメージ」として教会に合わないのは間違いない

 べつにハロウィンを擁護するつもりはないけれど、ただの季節イベントなのにそこまで悪魔的背景を刷り込まれるのはかわいそうかなと思う。
 もっとも最近、墓場とか骸骨とか魔女とか、従来のハロウィンに比べて禍々しい表現が使われるようになったのも事実であろう。そういう方向で売り出されているから、今更変更できないんだと思う。だからハロウィンは今後ますます禍々しい表現をされるようになり、ますます(一部の)クリスチャンから「汚らわしい」みたいなことを言われるようになると思う。と、一応「先見」しておこう。

 先にハロウィンを祝うも祝わないも自由だと書いたけれど、上記のような「イメージ」の問題として、教会ではあんまりハロウィンはしない方がいいとも思っている。無害な仮装だけならまだしも、墓場や骸骨や魔女は(あくまでイメージとして)教会には合わないと思うからだ。
 もちろん自由だし、ただの「イメージ」や「気分」の話なんだけど。

 ただ間違ってもハロウィンを根拠なしに悪魔崇拝だとか、「霊的」にどうだとか、背後に悪魔が絡んでるとか、そういうことは言わない方がいいと思う。勘違いしないでほしい。あえて言えば、悪魔は私たちの日常に既に絡んでいる。だから今更ハロウィンだけ取り上げて悪魔がどうとか言うのも、おかしな話だと私は思う。

8 件のコメント:

  1. キリスト教が異教を敵とせず、自らの内に上手に取り込んできたからこそ、今ここまで存続して、しかも世界最大の宗教となったという事実を、新興宗教系プロテスタントは完全に無視している、というより、彼らの不勉強(反知性主義ということでそもそもキリスト教の歴史に疎い)ゆえに、バカげた議論ばかりに時間とエネルギーを費やしているように見えます。

    だいたい食べるものまで異教ゆかりだから云々・・・とケチをつけるとなれば、新興宗教系プロテスタントの人たちは、いったい何を食べているのでしょうか?こんな主張をするのであれば、それこそ仙人のように雲や霞を食って生きているようにならないといけません(笑)。

    ここでこう怒鳴りたくなりませんか?
    「うるせえ!てめーらだって米食ってんだろうがあっ!?」
    各地の献穀田で作られた米が宮中三殿に献上され、新嘗祭が毎年執り行われています。もっといえばどこの地方でも米の豊作を祈って祭や神事がなされています。米は一粒一粒が異教まみれですので、新興宗教系プロテスタントの理屈からいけば、食べてはいけない食品ではありませんか。

    返信削除
  2. 昔はビートルズやELOのレコードを逆回しにしたら悪魔のささやきが聞こえてきたとか、

    ハリーポッター、ヘビーメタル、そしてダンジョンズ&ドラゴンズのようなTRPGはサタン的な趣味だ、とかというのと同じノリですな。


    ハロウィンなんて、カトリック風味の盂蘭盆会ではないか、バカバカしい、というのも、
    ほっといたら同類と思われて、なぜ教会ではやらないの?幼稚園でも英会話教室でもやったよ、と聞かれるし、
    お菓子をねだりに家にまで来るようになったら嫌すぎる、だろうしねぇ。
    まあ保育園幼稚園なら、なんか楽しそうなイベントのひとつで思い出づくりになるんだろうけど。


    福音派を名乗る新興宗教系プロテスタントの一派であるとある教団の宣教師に、なぜやめさせないの?と聞いても、

    や、気にすることではないよ、アメリカじゃ普通だしさ、とゆってたからねぇ。



    いっそ時期を変え和風にして、京都や神楽坂の「春分お化け」にすれば、イースターと兼用で日本の教会でもできるのかなと思ってみたりもするが。


    彼ら福音派が、ゾンビを扱っているのにオカルト色のない「がっこうぐらし!」をどう思うのかと考えたりもして。

    返信削除
  3. ��は教会に合わないと文中にありますが、メキシコでは11月1日と2日が死者の日といって、各地で骸骨祭りが開催されます。家はもちろん教会にも、��を祀るための祭壇オフレンダが作られます。
    この時期のお菓子は��をかたどった砂糖菓子で、花は死者の花といわれるマリーゴールドです。もちろんどちらも祭壇にお供えされます。
    メキシコではもともと祖先の��を家の中に置いておく習慣があったとかで、これがキリスト教の伝来で神々習合して、キリスト教の行事になりました。
    キリスト教は一神教のイメージが非常に強くあり、それが日本人をして敬遠される原因になっているのかもしれませんが、実は決してがちがちなものではなく、各地の土俗宗教を上手に取り込んでしなやかにやれる宗教なのです。
    メキシコの��祭りの話をすると、日本人は「へえ、キリスト教ってケースバイケースでずいぶんと柔軟に対応できるものなんだね。一神教だから柔軟性とは対極の位置にある融通の利かない宗教だと思っていたよー」と新鮮な驚きという反応をされます。

    返信削除
  4. 6時の者です。文字化けしてしまったみたいで申し訳ない。

    ����に来る単語は「骸骨」です。

    返信削除
  5. ハロウィンが近付いて来ると周りのクリスチャン勢に「ハロウィンは悪魔崇拝!」と言われる身として、全くの無知で申し訳ないのですが最近思った事を書きます。
    つい最近も知り合いのクリスチャンの方が「ハロウィンは悪魔崇拝です!その日は収穫祭を祝いましょう!」と言ってる方がいたのですが
    そういえば10月31日に収穫祭と言うのも聞いた事が無い様な?

    ただSNSでクリスチャンの方達が毎年躍起になって件の動画やハロウィン悪魔崇拝説を流して
    コメント欄で言い合いになったり、SNSを開く度に不快な気持ちになる位なら
    いっそ開き直って「自分達の教会では、ハロウィンではなく収穫祭の催し物をやります!」と明るい方向に持っていけば、見ている方も心苦しくなくていいのになぁと思います。
    「霊的に」とか「悪魔崇拝」を全面に出した教会には怖くて近付けないですね...。

    返信削除
    返信
    1. 教会で収穫祭をやったという話は聞いたことがありませんが、アメリカ人宣教師の設立したミッションスクールでは、10月31日かはわかりませんが、秋になると収穫感謝祭という行事をやる学校があるそうです。

      そういえば新興宗教系プロテスタントの教会の中には、ものみの塔聖書冊子協会なみに、クリスマスを祝うことをしないところがあります。クリスマスは異教の祭りなので、クリスマスツリーを飾るなどもってのほかといいます。

      ハロウィンにしろクリスマスにしろ、宗教色抜きで単純なお祭り騒ぎとして楽しむ方向も十分にありだと思います。あまりにも固いことをいうとついていけなくなってしまいます。新興宗教系プロテスタントの人たちは、リバイバルを日本に起こすために頑張っているといいますが、それならまずがちがちになることからやめるべきなのです。がちがちこそ日本をリバイバルから遠ざける一因になっているのですから。

      削除
    2. 匿名さん。
      クリスマスが駄目な所もあるんですね。それってクリスチャンではない人からしたら「?」って感じになりそうです。

      収穫祭を教会でやると言うのは私も聞いた事がないのですが、収穫祭と言う名前ではなくても
      皆が楽しめる様なお祭りや催し物を10月31日にやるのも良いのではないかなと思っていました。
      教会で開くバザーでも、季節の物を使った料理を振る舞うでも、子供達を集めて何かするでもとにかくクリスチャンでもそうでない方も楽しめる様な。
      難しいとは思うんですけれどね。ただ、知り合いのクリスチャンの方が、ハロウィンを楽しもうとしているノンクリスチャンの友人達に
      「ハロウィンは悪魔崇拝なんだよ!」と説明をしたら距離を置かれる様になった話等を聞いて
      もう少し上手い方向に持っていける可能性もあったのではないのかな?と思ったりします。

      削除
    3. 「ハロウィンは悪魔崇拝なんだよ!」なんて真顔で言われれば、誰だってドン引きするでしょう。
      だいいちハロウィンの仮装パーティーを悪魔や悪霊の集まりみたいにいうのは、どうみてもオカルト雑誌の読みすぎではありませんか!
      オカルト雑誌ばかり見ていて、ろくに勉強もしないバカ学生がいうなら、まだ笑ってすませてしまうと思いますが、いい年齢のおっさんおばはんまで、そんなことを本気にしているのは、誰が見ても頭のおかしな人としか思えません。
      実際に、新興宗教系プロテスタントにのめりこんでいるいい年齢のおばはんが、知人がブログで「子供たちがやっているので面白そう。自分も年甲斐もなく悪ノリしてしまいました」と、親子でハロウィンの仮装を楽しんでいる話を書いているのを読んで、「ハロウィンの仮装をすると悪魔になりますよ!」とメールを送ったという・・・(苦笑)
      しかしこんなメールを受け取ったほうは、「この人頭おかしいんじゃないの?」となるだけです。メールを送った本人は、「悪魔を喜ばせるのをやめさせなくては」と思ったのかもしれませんが、こんな電波なメールを受け取ったほうは「こんな頭のおかしな人とは付き合いをやめよう」となったでしょう(笑)。

      クリスマスを否定する新興宗教系プロテスタントの教会ですが、その教会はクリスマスツリーも偶像崇拝につながると主張しています。
      しかし12月になると、いちおう教会にクリスマスツリーを出します。なぜ?矛盾しているではないか?と問うと、「未信者を集めるための小道具が必要」という返答だそうで。なんだかずいぶんご都合主義ですこと(笑)。
      クリスマスもツリーも異教だ偶像だと否定するくせに、こんなときだけは未信者をつかまえないと・・・となるのは、神様がみたらどう思うでしょうか?

      削除